緑の牧場キリスト教会 -みどりまきば-



    神様はあなたを愛し、共にいてくださいます。

     その神様に心を開きましょう。

       そこに、希望があり、いのちがあります。
 

          
                                    from JesusChrist to You


 
   
東広島 成長の印 緑の牧場教会についてご紹介いたします
       
-初めての方はこちらをご覧下さい-
  東広島みどりのまきばキリスト教会 成長の印 イベントのご案内です。クリックしてご覧ください
  2018年12月更新
  東広島市緑の牧場キリスト教会 成長の印 最近の歩みを写真でごらんいただけます
   ここをクリックしてどうぞごらんください
  2018年12月更新
   東広島 緑の牧場キリスト教会 愛初めての方に、「どうぞ心配しないで…」
   ひとりひとりの生きがいとご成長に
        少しでも貢献できれば…と願っています。
   キリスト教について知りたい方のために
        とても良い教材とクラスを用意しています 
  ↑ お知りになりたい事柄を クリックしてください
 
 
    スマートフォン・携帯の方はこちらでごらんください・・・ http://habommm.wixsite.com/midorinomakiba 
曜日18:45~ ・曜日9時15分~・曜日10時30分~ 毎週3回礼拝をいたします。 来会をお待ちしています
緑の牧場キリスト教会
Higashihiroshima city midorinomakiba Church  広島県東広島市西条町田口2799
東広島教会チャペルは、東広島市 広島大学 (広大)のそばにあります 
 


 
キリスト教ABC「マイルーツクラス」

   キリスト教ABC「マイルーツクラス」は新しくなりました。 
     ここをクリックしPDFファイルでご覧ください。2018.5.17.



 緑の牧場キリスト教会 中長期計画 (レインボー計画)
 
  緑の牧場中長期計画(2015年~2022年 レインボー計画 100 KB)

    をご覧になりたい方は
 クリック してください。
    < 
rainbow-plan.pdf ファイル > のダウンロードが始まります。
    そして、いっしょにすばらしい夢のある人生を歩まれませんか?
    Come and Join us !

    ***********************************
   図をご覧になりたい方はこちらの図をクリックしてください。pdfファイルで見ることができます。

    
 
 聖書日課
     聖書日課 をダウンロードされる方は下の図をクリックしてください。
     ダウンロードが始まります。 エクセルファイルです。


  
 現在のものは…2018年9月~ のものです


 私たち緑の牧場キリスト教会は…

 私たち緑の牧場キリスト教会は…


正直で誠実であることを求めます。
 日進月歩のキリスト教神学を初めとして、様々な学問の成果を尊重し受け入れます。
 借り物の自分で飾ることなく、正直に自分(たち)と向き合い、誠実に歩みます。

・聖書は教会というコミュニティから生まれました。
 それゆえに、聖書を個人で読むことも大切ですが、複数で読むことを大切にいたします。
 牧師や神父が話をして他の人は聞いているということではなく、
 自由な対話による聖書の解釈の深まりを求めます。
 聖書から気づきを与えられたり、わからないことを話し合ったり、それぞれの意見を聴き合ったりすることで
 さらに聖書の言葉が生きてくると信じています。
 イエス様に支えられ導かれながら丁寧に生きてゆきます。

・情報はできる限り公開し、信用と信頼関係を築くことを大切にいたします。
 個人的な情報は公開しませんが、それ以外の教会の活動や会計などは原則公開します。
 そして、信用と相互の信頼関係を築くことを大切にいたします。

・民主主義的な教会運営を守ります。
 民主主義が形骸化する現代の流れの中で、私たちは共に話し合い、共に決めてゆくことを大切にしてゆきます。
 一人ひとりの意見や考えを尊重し合うことにより差別を無くし、多様性の中にも一致を見出し築くために努力します。
 強制することを退け、それぞれの自主的な教会形成参加を促します。

・弱い立場の人を大切にし、支え合うコミュニティを作ります。
 弱い立場の人々を大切にし、人が孤立・孤独化する中で、心と存在を支え合うコミュニティを作ります。

・暴力を無くし、安全な場所を作ります。
 バプテストは上下関係がありませんので、ハラスメントが発生しにくい集まりであると思いますが、
 それでもなお私たちは暴食を無くすように努力します。
 バプテスト連盟の中には「ハラスメント防止相談委員会」があり、利用することができます。

・個人の存在の価値を確認し合います。
 不安、価値喪失、自信喪失する中で、一人ひとりの存在の価値を認め、関係を築き、愛し合う社会を築くために努力いたします。
 「それでも人生はすばらしい。人生はうつくしい」と言っていたいと願います。


私どもバプテストは、世界のプロテスタントの代表的な教会です。
 私どもはバプテスト派の教会です。
 そして、他のキリスト教のさまざまな教派や団体とも親しく交わり協力し合っています。
 ただ、ものみの塔(エホバの証人)・末日聖徒イエスキリスト教会(モルモン教)・
 世界基督教統一神霊協会(統一教会・原理運動)・オーム真理教、とは本質的に(特に中心部分において)異なっています。

  2018 年 今後の予定 どの集会にもあなたを歓迎いたします。どうぞご参加ください。
 
 
【12月】
15 English Christmas
Concert 
16 市民クリスマス
23 クリスマス礼拝と祝会 
 24 クリスマスイブ賛美礼拝 

 2018年度、一年間の予定表はこちらをクリックしてください。
 

 

 English Cube & 英会話クラス
 
 場所は・・・緑の牧場キリスト教会です。

■英会話クラス

●キッズ子ども英会話コース(5歳~小学生対象) 
 長年英語を教えておられるベテランの優しいピーターさん(イギリス人)とちえこ先生。
 楽しみながら英語が身につき、英語が好きになる。
 保護者同伴可能。原則第一&第三火曜日
 予定日12月18日(火)・1月15日(火)・2月5日(火)・19日(火)・3月5日(火)・19日(火)

●基礎英会話コース (目安:英検5級~3級)
 海外経験豊かな藤田先生は、今さら聞けない文法や基礎英語の疑問にも
 丁寧に教えてくださいます。
 現在は、中学生と社会人が勉強中。
 原則第一&第三火曜日
 予定日12月18日(火)・1月15日(火)・2月5日(火)・19日(火)・3月5日(火)・19日(火)

●日常英会話コース (目安:英検3級~1級)

 広島大学・広島女学院大学などで英語を教えておられる谷本先生。
 文化背景を交えて本当に伝わる言い回し、日常英会話を詳しく学べます。
 原則として 第2.4月曜日
 予定日12月10日(月)・1月28日(月)・2月はお休み・3月25日(月)

★入会金 0円
★料金/各コース共通一回: 5歳~学生800円 大人1000円
★日程/キッズコース・英語基礎コース:毎月第一&第三火曜日
     日常英会話コース:毎月第二&第四月曜日
★時間/各コース共通:19:10~20:00
★場所/緑の牧場キリスト教会
★英語基礎コース・日常英会話コースは筆記用具・辞書をお持ちください。


■イングリッシュ・キューブ(英会話実践)  
 原則第3火曜日 今回はイングリッシュキューブ・クリスマスコンサート 12月15日(土)
                15:00-17:00


 原則時間は午後8時~9時(変更の可能性有) 
 無料

English Cube について
18:30-19:00 
 Peter兄蒔田姉食事
19:10-20:00
・子ども英語*基礎英語クラス
・それ以外の兄姉で希望者は夕食(大人300円学生200円)
20:00-21:00
 English Cube
英語で…賛美・証・トーキング

 英語が苦手でも、原則として英語のみ使います
 みなさん優しいのでつらい思いをされることはないと思います。
 途中参加もオッケーです。


English Cube
食事、ワーシップ、アイスブレイクゲーム、
ディスカッションを通して生の英語に触れよう英語に興味がある人、外国人の友だちを作りた
い人なら誰でも参加OKです。

・日時 第1・3火曜日19~21時
・場所 緑の牧場キリスト教会
{広島県東広島市西条町田口2799)



 フラワーアレンジメント のページ を更新いたしました


 上の写真をクリックしてくださいませんか?  Flower Arrangement 教室 のページに行きます。



 


2018年度 クリスマスのご案内
12月2日(日)
 16時~
東広島市民クリスマス 神山みさ さんをゲストに迎えて持ちます。
時間は16時~。
場所は東広島市黒瀬生涯学習センター 
 イベントホールです。
右の写真をクリックされると、
 大きな案内をダウンロードできます。
PDF形式で4.12mbです。
12月15日(土)
 15時~17時
  
English Cube Christmas
(イングリッシュキューブ
 クリスマス会) 
プログラムは以下の通りです

1部) English  Christmas Songs
2部) Choir Songs
3部) Sing together
4部) Short Gospel Message
   Big Song(ハレルヤコーラス)
5部) Tea Time
ゲスト:佐伯康則先生
伴 奏:日野葉子先生
東広島女性 ビア ラクテア  
  
12月23日(日)
 10時30分~ 
クリスマス礼拝&祝会  クリスマス礼拝

子どもたちもいっしょに参加します。
Toetherの特別賛美もあります。
クリスマスのショートメッセージも
あります。
楽しいひと時をあなたに!
 
 
12月24日(月)
 14時~
クリスマスイブ賛美礼拝 ごいっしょにクリスマスソング
を歌いながらイブの礼拝を
されませんか?
とても楽しいですよ。
   すべて入場無料です。 どうぞ気軽においでください。


  下はこのサイトの一覧です。   左の項目クリックしてくださると見ることができます。   どうぞゆっくりごらんください。



 緑の牧場キリスト教会

緑の牧場教会について 初めての方は どうぞこちらをごらん下さい

●牧師から ごあいさつ 牧師からあなたに一言ごあいさつを

●緑の牧場教会のビジョン 三つの愛 と 人生のダイヤモンド

私たちが大切にしている概念 私たちが大切にしているかんがえがあります

●バプテスト 私どもは世界中で信頼されているプロテスタントの教会です

●教会Q&A ご質問を歓迎いたします。

●地図 (map) 教会の場所(東広島にあるんですよ)

  ●カルト宗教とキリスト教 カルト宗教との違いについて 
     
●セルグループ 聖書に記されている教会をめざしています
セルグループとは? セルグループって?
セル教会ガイドプック 私どもが翻訳した本の紹介(セル教会)
トレーニングマニュアル 私どもが翻訳した本の紹介(セルリーダー)
セルグループ/私たちの場合 緑の牧場でのセルの始まり
セル感謝礼拝メッセージ セルのことが少しはご理解いただけるかもしれません
セル感謝礼拝スライド 感謝礼拝の時のスライドです
セルグループ国際大会 下の二つのサイトをごらんください
報告:酒井牧師 シンガポールセル大会の模様
報告:南原姉妹 シンガポールセル大会の模様

●私たちはこう考えます 私たちの言葉
信仰告白 私たちの信じていることは…
親と子(子育て) 親子の関係
子どもの人権について 子どもと共に
世界の飢餓について 世界に心を開きたいですね
聖書の終末観 終末(世の終わり)は恐くはありません
なぜ人を殺してはいけないのか? なぜ人を殺してはいけないのでしょうか?
敗戦60年にあたって 声明 日本バプテスト連盟 第51回定期総会

●中国四川省大地震支援報告 支援のご報告
     
  ●東日本大震災支援報告 日本バプテスト連盟の活動と支援のご報告

東広島 緑の牧場キリスト教会東広島 教会 ビジョンセルグループ緑の牧場キリスト教会 酒井牧師東広島 緑の牧場キリスト教会 私たちの考え東広島 緑の牧場キリスト教会 地図



   キリスト教について

●キリスト教ABC -インターネットで学ぶ- 聖書のメッセージがよくわかります
01 私たちの神様 7Mb pdf 神様の愛?
02 イエスキリスト 6.4Mb pdf イエスキリスト・十字架と復活?
03 聖霊なる神様 5Mb pdf もう一人の主、慰め主
04 人間 11Mb pdf 人間の価値と救い
05 福音と信仰 10Mb pdf 福音? 信仰?盲信ではなく…
06 教会 2.5Mb pdf 教会とは
07 聖書 5.6Mb pdf 聖書 隠れたベストセラー
08 祈り 3Mb pdf 祈りは天国の祝福を開くカギ
09 礼拝 1.8Mb pdf 礼拝の意味は
10 賜物と奉仕 4Mb pdf 成長のカギ (内容が教会員向けです)
11 感謝と献金 4Mb pdf 感謝 ささげもの (内容が教会員向けです)
12 伝道  4Mb pdf 伝道は愛・アイ・あい (内容が教会員向けです)
13 バプテスマ 8Mb pdf 洗礼 バプテスマ
14 バプテスト 3.6Mb pdf バプテスト?
 ご質問に答えて どうぞご質問ください(現在、リンクがありません)

          ●「キリスト教ABC」を、ヤッフーメッセンジャー あるいは スカイプで受講を希望される方、
             詳しいことをお知りになりたい方は
 までご連絡下さい。
●聖書のことば 聖書の中から少しだけご紹介…

●マンガ聖書のお話
ほうとう息子のたとえ話 神様ってどんなお方?
種は100倍に 神様の言葉が心の中に蒔かれると…
敵を愛せよ 武田くんと上杉くんの物語
ポーじいさんと小さなカタツムリ どうしておじさんは小さくなったのかなぁ?
海をわたった侍 十字架は私のために
バベルの塔 こ と ば … 
あなたこそ神の子キリストです 苦難の嵐の中にいても大丈夫だよ
最も大切なものは マルタとマリヤさん
幸せな人生? 彼の人生は祝福されていたのかな?
祈りの力 例えば、祈りの力って、
クリスマスプレゼント 本当のクリスマスプレゼントは
復活は事実なの? 復活はあったんだよ
宝物 あなたの宝物は?


●クリスチャンになるには どうしたらクリスチャンになれるの?

●7つの救い 信じると与えられる7つの救い

●クリスチャンの成長 クリスチャンは成長してゆけるので楽しいのです

●体験談 (あかし集)  信仰の言葉・体験談集
以前私はエホバの証人でした… (Kさん)
創造の神様を讃美いたします (Bさん)
主の祈りのような生活を (Bさん)
主は尽きることのない喜びと力の源 (Eさん)
愛と恵を受けて (Yさん)
分かってきました (Mさん)
Mテレサの施設を訪ねて (Cさん)
大変な時こそチャンス (Nさん)
神様が与えてくださったもの (Mさん)
主に出会って (Sさん)
性的な清さの領域においても (Cさん)
学校に行けない子どもたち 不登校(登校拒否)について 
ピュアな光 臨死体験 (Wさん)
少年少女大会に参加して (Sさん)
神様の無条件の愛とゆるし (Bさん)
ルワンダを訪ねて (Sさん)

東広島 緑の牧場キリスト教会 インターネットで学ぶ キリスト教の初歩東広島 緑の牧場キリスト教会 クリスチャンに東広島 緑の牧場キリスト教会 聖書東広島 緑の牧場キリスト教会 キリスト教の救い東広島 緑の牧場キリスト教会 体験談 あかし東広島 緑の牧場キリスト教会 質問 疑問東広島市 体験談 教会
東広島 緑の牧場キリスト教会 まんが東広島 緑の牧場キリスト教会 イースター東広島 緑の牧場キリスト教会 青年バンド




 いろいろな集まり (地域の方々を愛し、地域の方々に仕える教会として)

●ニュース イベント イベントの予定など

●集会案内 ・楽しい礼拝 ・セルグループ
・聖書研究祈りの会 ・子ども教会学校
・マイルーツ ・マイツリー
・韓国語クラス ・フラワーアレンジメント
・合唱 ・結婚カウンセリング
・親子関係講座 などのご案内
  ~あなたもぜひ参加してみてください~


●礼拝 (Service) あなたもどうぞ (英語バイリンガル、あるいは英語原稿あり)
Higashi Hiroshima Church, bilingual service
礼拝のプログラム 日曜日の礼拝の具体的な内容

       日曜日 9時15分~ 第一礼拝
       日曜日10時30分~ 第二礼拝
       土曜日夕6時45分~ 夕礼拝
…教会学校教師、静かな礼拝
…一般の方はこの礼拝にご参加ください。
…日曜日に礼拝できない方のために


●冠婚葬祭 結婚やお葬式について
結婚式を教会で挙げたい 教会の結婚式 Chapel Wedding
結婚式の進行 式の進行の模様
葬儀について 教会でのお葬式
葬儀に参列される方のためのQ&A 参列される方のために

●合唱 Together あなたも賛美歌合唱(コーラス)の輪にどうぞ
 初心者も歓迎です。


  ●韓国語講座 (ハングルクラス) 韓国語は楽しいですよ。 (現在、初心者の方
 の募集はしておりません。ごめんなさい)
 
   
  ●フラワー アレンジメント教室 フラワーアレンジメント(お花による装飾)教室です 
     
●クリスマスとイースター
クリスマス クリスマス メッセージとごあんない
 
イースター イースター メッセージとごあんない

東広島 ニュース東広島 結婚式東広島 クワイヤ東広島 緑の牧場キリスト教会 青年会東広島 イースター




 
 教会の歴史・アルバム
  ●教会のミッションステートメント みどりのまきばのミッションステートメントを
オリジナルソングと共にYou Tube で紹介しています。
     
●あしあと (アルバム ↓) 感謝のご報告
    2018年感謝の恵み  7年計画の4年目 
    2017年感謝の恵み  7年計画の3年目 
    2016年感謝の恵み  7年計画の2年目 
    2015年感謝の恵み 7年計画 (みどりのまきばレインボー計画) 開始 
    2014年感謝の恵み  いただいた夢に向かって 
    2013年感謝の恵み  教会は主のもの、それゆえみんなのもの 話し合って一歩ずつ 
    2012年感謝の恵み  地域に仕える教会として 
    2011年感謝の恵み  学びの多い一年でした 
    2010年感謝の恵み  いつも喜んでいなさい 喜びってな~に
    2009年感謝の恵み  教会の使命を意識して 
    2008年感謝の恵み  和が広がる 
    2007年感謝の恵み  ミッション旅行 野外礼拝 外国人留学生と 
    2006年感謝の恵み  対人関係を学ぶ 結婚について学ぶ 
    2005年感謝の恵み  心の病を理解する 子どもたちの合宿 
    2004年感謝の恵み  セルグループ カンファレンス バプテスト大会 
    2003年感謝の恵み  セルグループ、そしてセルグループ Happy 
    2002年感謝の恵み  セルは人を大切にする愛を育てる場 
    2001年感謝の恵みつづき  東広島市民クリスマスで合唱トゥゲザーが発表 Oh Happy Day ! 
    2001年感謝の恵み  韓国料理大好き 
    2000年感謝の恵み  納骨堂設置 若者が育っています 
    1999年感謝の恵み  シンガポール・セルグループ・チームを迎えて 
    1998年感謝の恵みクリスマス  かわいい子どもたち キャロリング 
    1998年感謝の恵み  セル教会ガイドブック 出版しました 
       
●教会の歴史 1991年~2010年 教会が大切にしてきた歴史

●教会の建築 奇蹟と祈りと奉仕の喜びによって建てられました

●東広島市のご紹介 東広島市を簡単にご紹介します

東広島 緑の牧場キリスト教会 感謝の報告東広島 緑の牧場キリスト教会 歴史東広島 2×4 建築高屋 子ども会 緑の牧場中四国 バプテスト大会東広島 緑の牧場キリスト教会 inde

 さらに…

●リンク リンク集です
   
 
  ●お勧めの教会   
   札幌バプテスト教会 緑の牧場出身の石橋大輔牧師のいる教会です。
ぜひ、お訪ねください。
   ライフ・ツリー・クライスト・チャーチ 緑の牧場出身の酒井信牧師のいる福岡市内の教会です。
ぜひ、お訪ねください。 

●更新記録 更新記録です

●ゲストノート (掲示板) どうぞ自由にお書き込み下さい

●メイリングリスト 加入  メイリングリストに入りませんか?無料です

結婚・すばらしい夫婦となるためにシリーズ
(男女の考え方の違い・心のすれ違い?など№1-№55)
メンバーのみ。
公開はしていません。

  ●「みどりのまきばだより」最新号 教会発行伝道誌「みどりのまきばだより」の最新号ファイル
     
●おまけ 牧師のプログ 個人的なものです。 礼拝メッセージ・牧会理念・
ミッションステートメントなどを掲載しています。

東広島 緑の牧場キリスト教会 教会リンク東広島 緑の牧場キリスト教会 更新歴


Jesus is alive
 

東広島 教会


東広島 教会

東広島 日本バプテスト連盟 緑の牧場キリスト教会 みどりのまきばキリスト教会
Japan Baptist Convention Higashihiroshima Midorino Makiba Christ Church







 地震について、どうしたら良いか、各国の言葉で書かれています。
  外国のお友達に教えてあげてください。

  If your friend is staying in Japan. Please forward this information
  Manual: Japan earthquake how to protect yourself

   ここですJapan earthquake how to protect yourself … http://nip0.wordpress.com/

--------------------------------------------------

○下の動画は、「緑の牧場教会 の ミッション」 を歌ったものです。

 写真は少し古いものです。音声が出ます。






***** 今週の礼拝メッセージ 日本語 ******

みなさん、どうぞ礼拝においでください。
この欄は、どうしても物理的に礼拝に参加できない方のために用意されたものです。
祈りと心を教会に繋げて、いっしょに礼拝できるようになりますように。
                     


 「エルサレム入城と4グループの人々」   マタイ21:12-17

■はじめに
おはようございます。
今日はイエス様がエルサレムに入城された箇所からごいっしょに考えて神様に礼拝をおささげしたいと思います。
その時、イエス様を取り巻く四つのグループがありました。
第一のグループは、祭司や律法学者たちです。
第二のグループは、群衆です。
第三のグループは、イエス様の弟子たちです。
第四のグループは、子どもたちです。
イエス様を迎えるということを考えながら、一つずつごいっしょに考えてゆきましょう。

■第一のグループ…祭司や律法学者たち
第一のグループは、祭司や律法学者たちです。
祭司たちも律法学者たちも旧約聖書をよく読んでいる人たちでした。
彼らは旧約聖書に何が書かれているのかをよく知っていましたし、どのように生きなければならないかについても考えている人たちでした。
神殿についても知識を持ち、実際にうまく運営管理していました。
神さまに近いはずの彼らでしたが、イエス様と出会うことができませんでした。
それはなぜでしょうか?
私は、彼らにとっては神様も聖書も日々の決まりきった日課になってしまっていたからではないかと思います。
すなわち、神様についての知識は既にたくさん持っていて、もうそれ以上のことは知る必要がないと思っていたのではないでしょうか?
神さまについて新しいことはもう起こらない、と退屈しながら日々を過ごしていたように思います。

ある時、牧師たちと話をしていました。
一人の牧師が、たくさんの牧師たちの説教集を集めていて、それをパソコンにデータとして入れていることを知っていました。
その牧師が、「聖書のこの箇所はこの内容のこのメッセージというのはほぼ決まっていることなんだ。」と言われた時には驚きました。
確かに、説教集を集めてまとめるというようにその牧師が勉強熱心なのは認めますが、各々の聖書箇所にはこの内容のこのメッセージと決まっている、という発言には異議を唱えざるを得ませんでした。
私は神さまも、聖書の言葉も、メッセージも生きていると信じていますので、決まっているとは思えないのです。
むしろ私は、神さまはいつでも私たちを驚かそうとしている楽しいお方であると思っています。
聖書を読む時も、「ここはこういうことだ」と思い込んでいる私を、神さまは崩そうとされます。

森有正(もりありまさ)というキリスト信徒の学者がいます。
彼は、フランスに渡って思索を深めました。
森有正は、「体験」と「経験」を区別しました。
体験というのは、「~に行ったことがある」「~を食べたことがある」というようなものです。
人は、体験したことは、すでに知っていること(既知の事)として安心します。
他方、経験というのは、未知なるものに触れて、自分が変化することです。
ですから、神様との出会いは体験ではなく、経験です。
自分がいる。そして知らないものに触れる。すると自分が変わる。そのように変わることを覚悟した上で心を開くのが経験です。

祭司と律法学者たちは、聖書も神様のことも、すでに知っていると思っていたので、心を開いて求める必要がなかったのです。
ですから彼らの思いも及ばないところに神の子キリストイエス様が来られたのに、彼らはイエス様に出会うことができませんでした。

■第二のグループ 群衆
第二のグループは群衆です。
彼らは、イエス様に大きな希望と期待を持っていました。
「イエス様は神さまからの預言者である」とか、「イエス様は神さまからの救い主である」というように思っていました。
ですから、イエス様が神殿の前庭に入った時、エルサレム中が奮い立ったのです。
でも、群衆は期待以上には前に進みませんでした。
彼らは様子をうかがっていたのです。
保身が絶対必要でした。
ですから、彼らはエルサレム市内の空気を読んでうまく立ち回りました。
自らを安全圏において、高みの見物をいたしました。
残念ながら、彼らもイエス様と出会うことはできませんでした。

■第三のグループ イエス様の弟子たち
第三のグループはイエス様の弟子たちです。
イエス様の弟子たちはイエス様のすぐそばにいて、イエス様のことを良く知っているつもりでした。
そして神さまについて聞き、イエス様を通して神さまのみ業も度々見たのでした。
神さまが生きておられることも体験的によく知っていました。
でも、イエス様がエルサレムで宮清めをされるのを見て、彼らの心の中にイエスさまに対する疑いと不満が生まれたのでした。
イエスさまがされた宮清めのために、イエス様の状況はあきらかに悪くなり、弟子たち自身の身も危うくなってゆきました。

神さまが生きておられることを知っている。でも神さまは私の願う道を開いてくださらない。むしろ、別の道を示される、ということがあります。
例えば、この時、神殿の礼拝は賑わっていました。
たくさんの人々が礼拝のために集まっていたのです。
たくさんの動物もささげられ、その燔祭の煙は天高く上っていました。
神殿での商売も上々でした。
人々は喜んでいたし、まさににぎやかな礼拝でした。

しかし、イエス様はその礼拝の場所で暴れて、その礼拝を台無しにされたのでした。
それは弟子たちを驚かせました。
大勢の人たちが集う礼拝。
当時の誰もが良いことと思っていたその礼拝をイエス様は壊されました。

神さまが自分の願いとは全く違う道を示される時。
神さまが遠くに思えて、
沈黙されているように思えて、
私たちがそのような神様を理解できないのと同じように、弟子たちもイエス様を理解できなかったことでしょう。

■第四のグループ 子ども達
さて、最後に第四のグループです。それは子ども達です。
ここに書き記されている子ども達は特別な子ども達ではありません。
普通の子ども達です。
大声で歓声を上げ、喜んでいました。
子どもたちは、祭司や律法学者たちのように、たくさんの聖書の知識を持っていたのではありませんでした。
また子どもたちは、群衆のように保身のために高みの見物をしていたのでもありませんでした。
また子どもたちは、弟子たちのようにイエス様に不信と不満を持つこともありませんでした。
ただ子ども達がしていたことは、ただイエス様を見て、イエス様に歓声を挙げていたことです。
イエス様はその直前に、神殿の庭にいた数人の足の不自由な人を癒され、目の見えない人たちの視力を回復させられました。
この地上には何百万人という足の不自由な人たちがいます。
数えきれないほどの盲目の人たちがいます。
その人たちのことを思えば、たった数人の人たちが癒されただけです。
でも、この子どもたちは、その時、イエス様がその苦しんでいる人たちを癒されるのを見たのです。
イエスさまに、苦しんでいる人たちに触れてくださる神様の温かい愛を見たのでした。
それゆえに喜んで踊ったのでした。
この子ども達こそイエス様と出会うことのできたグループです。

私たちは、また今年もいつものようにクリスマスが来る、と思っているかもしれませんね。
でも、きっとイエス様はまったく新しく私たちに近づいてきてくださっていると思います。

私たちはその子どもたちのようにして、今年のクリスマスを迎え、イエス様にであいたいと願います。
お祈りいたします。







"Jesus enters Jerusalem and four kinds of people" Matthew 21:12-17

■ Introduction
Good morning.
Today I would like for us to worship God by thinking about the text where Jesus entered Jerusalem.
At that time, there were four groups surrounding Jesus.
The first group was a group of priests and teachers of the law.
The second group was the crowd.
The third group was a group of Jesus' disciples.
The fourth group was a group of children.
Let 's think about each group.

■ The first group ... priests and law-teachers
The first group was the priests and the teachers of the law.
Both the priests and the teachers were those who often read the Old Testament.
They knew exactly what was written in the Old Testament, and they were also thinking about how to live.
They also knew a lot about the temple, and actually managed the temple.
They were supposed to be close to God, but they could not meet Jesus truely.
Why couldn’t they meet Jesus truely?

I think for them it was because God and the Bible had become routine.
In other words, they already had a lot of knowledge about God, and they thought that they did not need more than that.
They thought that new things about God would no longer occur, and I am sure that they were bored.

One day, I was talking with other some pastors.
I knew that one of the pastors was compiling a list preachers (pastors) and putting them in database on his personal computer.
I was surprised when I heard the pastor say, "Contents of a message for each Bible text are already set."
I acknowledge that he was very hardworking, such as collecting many sermons, but I objected to the idea.
I believe that God, the words of the Bible, and messages are alive, so I do not think that the content for each sermon is already decided,

Rather I think that God try to surprise us.
Even when I am reading the Bible, God will try to change my thoughts. Even though I think I know the text well, He will give me a new insight.

There is a Christian scholar named Mori Arimasa.
He deepened his thing while in France.
Mori Arimasa distinguished between "Taiken-experience" and "Keiken-experience".
Taiken-experience is like "I have been to ~" "I have eaten ~".
People feel relieved at what is known as what they have taiken-experienced.
Keiken-experience, on the other hand, is to change yourself, touching something unknown.
Therefore, encounter with God is Keiken-experience, not Taiken-experience.
You exist. And you meet something you have not known.
Then you change. It is Keiken-experience to open your mind after preparing to change.

The priests and the teachers of the law thought, “We already know the Bible and God”, so they did not feel a need to open their minds.
So when Jesus Christ, the Son of God, came to a place where His thinking was beyond them, they could not truly meet Jesus.

■ The second group : crowd
The second group was the crowd.
They had great hope and a hope for Jesus.
They thought that "Jesus was a prophet from God" or that "Jesus was the Savior from God."
So when Jesus entered the front court of the temple, all of Jerusalem was excited.
But the crowd stayed in expectation and did not go forward.
They were watching the situation.
Self-protection was necessary for them.
So they went with the flow and conducted themselves well.
They kept safe, and stood there with folded arms.
Unfortunately, they too could not truly meet Jesus.

■ The third group - the disciples of Jesus
The third group was the disciples of Jesus.
The disciples of Jesus were right next to Jesus. So they thought that they knew Jesus well.
They often heard about God, and saw God’s miracles through Jesus.
They experienced that God was alive.
But when they saw that Jesus drive out the money changers from the temple, doubt and dissatisfaction against Jesus were born in their minds.
The circumstance of Jesus worsened and the disciples themselves came into danger because of Jesus.

You may experience something like this: You know that God is alive. But God does not open the way you want. Rather, God shows you another way.

For example, the temple worship was crowded.
A lot of people gathered for the service.
Many animals were also offered, and the burnt offering smoke was rising high in the sky.
Business at the temple was good.
People were pleased and it was a lively service.

But, Jesus purged the temple of its money changers and ruined the worship.
It surprised his disciples.
There were a lot of people gathered.
Jesus destroyed the worship that people thought was good.

When God shows a way completely different from your desire, you may think that God is far away,
You may think that God is silent.
And just as you cannot understand God, the disciples could not understand Jesus.

■ The fourth group: Children
Well, finally it is the fourth group, the children.
The children who are written about here are not special children.
They were ordinary children.
They were delighted with loud cheers.
The children did not have a lot of knowledge of the Bible like the priests and teachers of the law.
Also, the children were not looking at the situation with folded arms for their self-protection as the crowd did.

The children also did not distrust Jesus and become dissatisfied with Jesus like the disciples.
The only thing that the children were doing was seeing Jesus and cheering Jesus.
Before that, Jesus healed the lame in the court of the temple and restored the sight of some blind men.
There are millions of lame people on the earth.
There are countless blind people.
Jesus healed only some of the people at that time.

But the children saw that Jesus healed those who were suffering.
They saw God's great love through Jesus as He touched those who were suffering.
They pleased and danced.
This group of children were truly able to meet Jesus.

I would like us to welcome Christmas as the children welcomed Jesus, to truly meet Jesus.
Let us pray.



日本バプテスト連盟 東広島 緑の牧場キリスト教会 (みどりのまきばきりすときょうかい)

日曜礼拝メッセージ
Japan Baptist Convention  Higashi-Hiroshima city Green Pasture International Christian Church
http://midori.church.jp



ご覧くださりありがとうございます。

あなたが教会に求めておられることは何ですか?

何か相談したいことがおありですか?

よろしかったら電話かメイルを下さいませんか?


東広島 緑の牧場キリスト教会 コンタクト⇒右のカットをクリックしてください 
 このアドレスは1回/週位しかチェックしませんので、お急ぎの方は電話をお願いいたします。

  082-425-5454