緑の牧場キリスト教会 -みどりまきば-



    神様はあなたを愛し、共にいてくださいます。

     その神様に心を開きましょう。

       そこに、あなたには希望があり、いのちがあります。
 

          
                                    by JesusChrist


 
   
東広島 成長の印 緑の牧場教会についてご紹介いたします
       
-初めての方はこちらをご覧下さい-
  東広島みどりのまきばキリスト教会 成長の印  イベントのご案内です。クリックしてご覧ください
  2018年6月更新
  東広島市緑の牧場キリスト教会 成長の印 最近の歩みを写真でごらんいただけます
   ここをクリックしてどうぞごらんください
  2018年6月更新
   東広島 緑の牧場キリスト教会 愛初めての方に、「どうぞ心配しないで…」
   ひとりひとりの生きがいとご成長に
        少しでも貢献できれば…と願っています。
   キリスト教について知りたい方のために
        とても良い教材とクラスを用意しています 
  ↑ お知りになりたい事柄を クリックしてください
 
 
    スマートフォン・携帯の方はこちらでごらんください・・・ http://habommm.wixsite.com/midorinomakiba 
曜日18:45~ ・曜日9時15分~・曜日10時30分~ 毎週3回礼拝をいたします。 来会をお待ちしています
緑の牧場キリスト教会
Higashihiroshima city midorinomakiba Church  広島県東広島市西条町田口2799
東広島教会チャペルは、東広島市 広島大学 (広大)のそばにあります 
 
5月13日(日)は野外礼拝をいたします 場所は教会です。
雨が降りましたので、教会でいたしました。
でも楽しい集まりでした。




次回はあなたもぜひ、ご参加ください。


 


   キリスト教ABC「マイルーツクラス」は新しくなりました。 
     ここをクリックしPDFファイルでご覧ください。2018.5.17.



 
 
  緑の牧場中長期計画(2015年~2022年 レインボー計画 100 KB)

    をご覧になりたい方は
 クリック してください。
    < 
rainbow-plan.pdf ファイル > のダウンロードが始まります。
    そして、いっしょにすばらしい夢のある人生を歩まれませんか?
    Come and Join us !

    ***********************************
   図をご覧になりたい方はこちらの図をクリックしてください。pdfファイルで見ることができます。

    
 
 
     聖書日課 をダウンロードされる方は下の図をクリックしてください。
     ダウンロードが始まります。 エクセルファイルです。


  
 現在のものは…2018年4月~ のものです


 
 
  2018 年 今後の予定 どの集会にもあなたを歓迎いたします。どうぞご参加ください。
 
 
【6月】
10 子どもの日
17 父の日
23 命どう宝の日
24 神学校週間


【7月】
8 チャレンジ礼拝


【8月】
5 召天者記念礼拝
9 全国青年大会
17 全国壮年大会
26 交換講壇

 2018年度、一年間の予定表はこちらをクリックしてください。
 

 

 
 


 English Cube Christmas

 場所は・・・緑の牧場キリスト教会です。

■英会話クラス 原則として、
・大人の英会話教室(広島大学で英語の教鞭をとっておられた先生が指導されます)
 第2.4月曜日(6月11日、25日) 午後7時10分~8時 大人1000円 学生800円

・基礎英会話コース 中学生程度からの基礎を学びます
 第1.3火曜日(6月5日、19日) 午後7時10分~8時 大人1000円 子ども800円

・子ども英会話コース イギリスから来られた楽しく優しいピーターさんご夫妻が教えてくださいます。
 第1.3火曜日(6月5日、19日) 午後7時10分~8時 800円

■イングリッシュ・キューブ(英会話実践)  
 いつもは第3火曜日ですが、今回は特別キューブをもちます。
 (6月15日金です。) 時間は午後8時~9時(変更の可能性有) 無料


←クリックされると案内がダウンロードできます。
 

English Cube について
18:30-19:00 
 Peter兄蒔田姉食事
19:10-20:00
・子ども英語*基礎英語クラス
・それ以外の兄姉で希望者は夕食(大人300円学生200円)
20:00-21:00
 English Cube
英語で…賛美・証・トーキング

 英語が苦手でも、原則として英語のみ使います
 みなさん優しいのでつらい思いをされることはないと思います。
 途中参加もオッケーです。


English Cube
食事、ワーシップ、アイスブレイクゲーム、
ディスカッションを通して生の英語に触れよう英語に興味がある人、外国人の友だちを作りた
い人なら誰でも参加OKです。

・日時 第1・3火曜日19~21時
・場所 緑の牧場キリスト教会
{広島県東広島市西条町田口2799)



 フラワーアレンジメント のページ を更新いたしました


 どうぞ上の写真をクリックしてください。 Flower Arrangement教室のページに行きます。



 

  下はこのサイトの一覧です。   左の項目クリックしてくださると見ることができます。   どうぞゆっくりごらんください。



 緑の牧場キリスト教会

緑の牧場教会について 初めての方は どうぞこちらをごらん下さい

●牧師から ごあいさつ 牧師からあなたに一言ごあいさつを

●緑の牧場教会のビジョン 三つの愛 と 人生のダイヤモンド

私たちが大切にしている概念 私たちが大切にしているかんがえがあります

●バプテスト 私どもは世界中で信頼されているプロテスタントの教会です

●教会Q&A ご質問を歓迎いたします。

●地図 (map) 教会の場所(東広島にあるんですよ)

  ●カルト宗教とキリスト教 カルト宗教との違いについて 
     
●セルグループ 聖書に記されている教会をめざしています
セルグループとは? セルグループって?
セル教会ガイドプック 私どもが翻訳した本の紹介(セル教会)
トレーニングマニュアル 私どもが翻訳した本の紹介(セルリーダー)
セルグループ/私たちの場合 緑の牧場でのセルの始まり
セル感謝礼拝メッセージ セルのことが少しはご理解いただけるかもしれません
セル感謝礼拝スライド 感謝礼拝の時のスライドです
セルグループ国際大会 下の二つのサイトをごらんください
報告:酒井牧師 シンガポールセル大会の模様
報告:南原姉妹 シンガポールセル大会の模様

●私たちはこう考えます 私たちの言葉
信仰告白 私たちの信じていることは…
親と子(子育て) 親子の関係
子どもの人権について 子どもと共に
世界の飢餓について 世界に心を開きたいですね
聖書の終末観 終末(世の終わり)は恐くはありません
なぜ人を殺してはいけないのか? なぜ人を殺してはいけないのでしょうか?
敗戦60年にあたって 声明 日本バプテスト連盟 第51回定期総会

●中国四川省大地震支援報告 支援のご報告
     
  ●東日本大震災支援報告 日本バプテスト連盟の活動と支援のご報告

東広島 緑の牧場キリスト教会東広島 教会 ビジョンセルグループ緑の牧場キリスト教会 酒井牧師東広島 緑の牧場キリスト教会 私たちの考え東広島 緑の牧場キリスト教会 地図



   キリスト教について

●キリスト教ABC -インターネットで学ぶ- 聖書のメッセージがよくわかります
01 私たちの神様 7Mb pdf 神様の愛?
02 イエスキリスト 6.4Mb pdf イエスキリスト・十字架と復活?
03 聖霊なる神様 5Mb pdf もう一人の主、慰め主
04 人間 11Mb pdf 人間の価値と救い
05 福音と信仰 10Mb pdf 福音? 信仰?盲信ではなく…
06 教会 2.5Mb pdf 教会とは
07 聖書 5.6Mb pdf 聖書 隠れたベストセラー
08 祈り 3Mb pdf 祈りは天国の祝福を開くカギ
09 礼拝 1.8Mb pdf 礼拝の意味は
10 賜物と奉仕 4Mb pdf 成長のカギ (内容が教会員向けです)
11 感謝と献金 4Mb pdf 感謝 ささげもの (内容が教会員向けです)
12 伝道  4Mb pdf 伝道は愛・アイ・あい (内容が教会員向けです)
13 バプテスマ 8Mb pdf 洗礼 バプテスマ
14 バプテスト 3.6Mb pdf バプテスト?
 ご質問に答えて どうぞご質問ください(現在、リンクがありません)

          ●「キリスト教ABC」を、ヤッフーメッセンジャー あるいは スカイプで受講を希望される方、
             詳しいことをお知りになりたい方は
 までご連絡下さい。
●聖書のことば 聖書の中から少しだけご紹介…

●マンガ聖書のお話
ほうとう息子のたとえ話 神様ってどんなお方?
種は100倍に 神様の言葉が心の中に蒔かれると…
敵を愛せよ 武田くんと上杉くんの物語
ポーじいさんと小さなカタツムリ どうしておじさんは小さくなったのかなぁ?
海をわたった侍 十字架は私のために
バベルの塔 こ と ば … 
あなたこそ神の子キリストです 苦難の嵐の中にいても大丈夫だよ
最も大切なものは マルタとマリヤさん
幸せな人生? 彼の人生は祝福されていたのかな?
祈りの力 例えば、祈りの力って、
クリスマスプレゼント 本当のクリスマスプレゼントは
復活は事実なの? 復活はあったんだよ
宝物 あなたの宝物は?


●クリスチャンになるには どうしたらクリスチャンになれるの?

●7つの救い 信じると与えられる7つの救い

●クリスチャンの成長 クリスチャンは成長してゆけるので楽しいのです

●体験談 (あかし集)  信仰の言葉・体験談集
以前私はエホバの証人でした… (Kさん)
創造の神様を讃美いたします (Bさん)
主の祈りのような生活を (Bさん)
主は尽きることのない喜びと力の源 (Eさん)
愛と恵を受けて (Yさん)
分かってきました (Mさん)
Mテレサの施設を訪ねて (Cさん)
大変な時こそチャンス (Nさん)
神様が与えてくださったもの (Mさん)
主に出会って (Sさん)
性的な清さの領域においても (Cさん)
学校に行けない子どもたち 不登校(登校拒否)について 
ピュアな光 臨死体験 (Wさん)
少年少女大会に参加して (Sさん)
神様の無条件の愛とゆるし (Bさん)
ルワンダを訪ねて (Sさん)

東広島 緑の牧場キリスト教会 インターネットで学ぶ キリスト教の初歩東広島 緑の牧場キリスト教会 クリスチャンに東広島 緑の牧場キリスト教会 聖書東広島 緑の牧場キリスト教会 キリスト教の救い東広島 緑の牧場キリスト教会 体験談 あかし東広島 緑の牧場キリスト教会 質問 疑問東広島市 体験談 教会
東広島 緑の牧場キリスト教会 まんが東広島 緑の牧場キリスト教会 イースター東広島 緑の牧場キリスト教会 青年バンド




 いろいろな集まり (地域の方々を愛し、地域の方々に仕える教会として)

●ニュース イベント イベントの予定など

●集会案内 ・楽しい礼拝 ・セルグループ
・聖書研究祈りの会 ・子ども教会学校
・マイルーツ ・マイツリー
・韓国語クラス ・フラワーアレンジメント
・合唱 ・結婚カウンセリング
・親子関係講座 などのご案内
  ~あなたもぜひ参加してみてください~


●礼拝 (Service) あなたもどうぞ (英語バイリンガル、あるいは英語原稿あり)
Higashi Hiroshima Church, bilingual service
礼拝のプログラム 日曜日の礼拝の具体的な内容

       日曜日 9時15分~ 第一礼拝
       日曜日10時30分~ 第二礼拝
       土曜日夕6時45分~ 夕礼拝
…教会学校教師、静かな礼拝
…一般の方はこの礼拝にご参加ください。
…日曜日に礼拝できない方のために


●冠婚葬祭 結婚やお葬式について
結婚式を教会で挙げたい 教会の結婚式 Chapel Wedding
結婚式の進行 式の進行の模様
葬儀について 教会でのお葬式
葬儀に参列される方のためのQ&A 参列される方のために

●合唱 Together あなたも賛美歌合唱(コーラス)の輪にどうぞ
 初心者も歓迎です。


  ●韓国語講座 (ハングルクラス) 韓国語は楽しいですよ。 (現在、初心者の方
 の募集はしておりません。ごめんなさい)
 
   
  ●フラワー アレンジメント教室 フラワーアレンジメント(お花による装飾)教室です 
     
●クリスマスとイースター
クリスマス クリスマス メッセージとごあんない
 
イースター イースター メッセージとごあんない

東広島 ニュース東広島 結婚式東広島 クワイヤ東広島 緑の牧場キリスト教会 青年会東広島 イースター




 
 教会の歴史・アルバム
  ●教会のミッションステートメント みどりのまきばのミッションステートメントを
オリジナルソングと共にYou Tube で紹介しています。
     
●あしあと (アルバム ↓) 感謝のご報告
    2017年感謝の恵み  7年計画の3年目 
    2016年感謝の恵み  7年計画の2年目 
    2015年感謝の恵み 7年計画 (みどりのまきばレインボー計画) 開始 
●教会の歴史 1991年~2010年 教会が大切にしてきた歴史

●教会の建築 奇蹟と祈りと奉仕の喜びによって建てられました

●東広島市のご紹介 東広島市を簡単にご紹介します

東広島 緑の牧場キリスト教会 感謝の報告東広島 緑の牧場キリスト教会 歴史東広島 2×4 建築高屋 子ども会 緑の牧場中四国 バプテスト大会東広島 緑の牧場キリスト教会 inde

 さらに…

●リンク リンク集です

●更新記録 更新記録です

●ゲストノート (掲示板) どうぞ自由にお書き込み下さい

●メイリングリスト 加入  メイリングリストに入りませんか?無料です

結婚・すばらしい夫婦となるためにシリーズ
(男女の考え方の違い・心のすれ違い?など№1-№55)
メンバーのみ。
公開はしていません。

  ●「みどりのまきばだより」最新号 教会発行伝道誌「みどりのまきばだより」の最新号ファイル
     
●おまけ 牧師のプログ 個人的なものです。 礼拝メッセージ・牧会理念・
ミッションステートメントなどを掲載しています。

東広島 緑の牧場キリスト教会 教会リンク東広島 緑の牧場キリスト教会 更新歴


Jesus is alive
 

東広島 教会


東広島 教会

東広島 日本バプテスト連盟 緑の牧場キリスト教会 みどりのまきばキリスト教会
Japan Baptist Convention Higashihiroshima Midorino Makiba Christ Church




私どもは、プロテスタントの教会です。

バプテストはプロテスタントの代表的な教会です。

ものみの塔(エホバの証人)・末日聖徒イエスキリスト教会(モルモン教)・
世界基督教統一神霊協会(統一教会・原理運動)とは違います。

しかしながら、これらの働きによって被害を受けておられる方で、
相談を希望される方はどうぞご連絡下さい。


 地震について、どうしたら良いか、各国の言葉で書かれています。
  外国のお友達に教えてあげてください。

  If your friend is staying in Japan. Please forward this information
  Manual: Japan earthquake how to protect yourself

   ここですJapan earthquake how to protect yourself … http://nip0.wordpress.com/

--------------------------------------------------

○下の動画は、「緑の牧場教会 の ミッション」 を歌ったものです。

 写真は少し古いものです。音声が出ます。






***** 今週の礼拝メッセージ 日本語 ******

みなさん、どうぞ礼拝においでください。
この欄は、どうしても物理的に礼拝に参加できない方のために用意されたものです。
祈りと心を教会に繋げて、いっしょに礼拝できるようになりますように。
                     

礼拝シリーズ04  喜んでいただく礼拝  マルコ14:1-11

■今までの復習
・1回目は…「主の日の礼拝」
 1)「主日礼拝式」を大切にしてゆきましょう  
 2)「礼拝」と訳されている言葉→「神さまを第一にした生き方」
・2回目は…「命を救う礼拝」
 1)「安息日と主の日の意味の違い」 
 2)「主の日は休む日ではなく、命を救う日である」
・3回目は…「全ての人の礼拝の場」
 1)「礼拝はすべての人のためにある」
 2)「礼拝は義務ではない…厳しい上司と部下のような関係」
 「礼拝は神様の愛と信頼に答えるもの…すてきな夫婦、家族のような関係」
 これは義務より厳しい命がけの生き方です(例:バプテストの初期)

■神さまに喜んでいただく礼拝
・十字架の死を前にして、イエス様は孤独でした。
 そのイエス様にあるったけの感謝をもって一人の女性がナルドの香油をイ エス様に注いだのです。
・弟子たちは、無駄なことをした、とその女性を責めました。
 けれどもイエス様は、「わたしのために、りっぱなことをしてくれたので す。」と言われました。
 「りっぱな(カロス)」は、倫理的な立派さを表す言葉であり、美しさを 表す言葉でもあります。
 ある人がつらい時、そばにいて祈る。それがカロスです。
・私たちの礼拝は、神様に喜んでいただくために、私たちが精一杯の感謝を もって献げるものです。
 神さまが喜んでくださることを願いながら、
 礼拝をごいっしょにお献げしましょう。




       喜んでいただく礼拝               マルコ14:1-11         

■今までの復習
おはようございます。
4月から6月までの第二、第四主日の礼拝では、礼拝というシリーズでメッセージをさせていただいています。
今日は、礼拝シリーズ第四回目になります。
一回目~三回目を、少し復習しておきたいと思います。

第一回目は…「主の日の礼拝」というタイトルのメッセージでした。二つのポイントがありました。
一つ目のポイントは、主日礼拝式を大切にしてゆきましょう、ということでした。
二つ目は、旧約聖書と新約聖書の中で、「礼拝」と訳されている言葉についてご一緒に考えました。
そして、「礼拝は礼拝式+神さまを第一にした生き方のことである」と知りました。

第二回目は…「命を救う礼拝」というタイトルのメッセージでした。この時も二つのポイントがありました。
一つ目のポイントは、「私たちは主の日とか主日と呼びますが、それと安息日との違い」について。
二つ目のポイントは、「主の日は休憩の日ではなく、命を救う活動的な日である」と知りました。

第三回目は…「すべての人が礼拝する場所」というタイトルのメッセージでした。
あなたは義務で礼拝するのか、それとも神様からの愛と信頼にこたえて礼拝するのか?とお尋ねしました。
私は、礼拝を義務にしてしまったら、せっかくイエス様が父なる神様と私たちとの間に愛と信頼の道を開いてくださったのに、それを再び、律法主義に戻してしまうことになる、と申しました。
そしてその二つを例えて…
礼拝を義務と思っている場合、その義務は、恐ろしい上司や社長に従っているようなものです。
他方、神様の愛と信頼に答える場合は、愛と信頼を大切にする家族や夫婦のようなものです。とお伝えしました。こちらの方が義務なんかよりも、よほど真剣にならざるを得ません。愛と信頼にこたえる道は、時々、命をかけることさえあります。その例としてバプテスト教会の始まりの時のことをごいっしょに考えました。
はじまりの頃のバプテストの信者たちは、神様の愛と信頼に答えて生きようとしました。そのために、迫害を受け、投獄され、財産を没収され、イギリスから追い出され、それでも信仰を大切にしたことを知りました。

今日はその続きです。礼拝シリーズの第四回目です。
■今日の聖書箇所のまとめ
イエス様が十字架で殺される数日前の出来事でした。
その日、イエス様はエルサレムの隣町ベタニヤにあるシモンの家におられました。
シモンは重い皮膚病にかかり、社会から疎外されていました。貧しい人であったと思います。
イエスさまはそのシモンの友となり、シモンを癒されました。
イエス様とシモンが食事をされていた時、ある女性が来ました。
彼女は、ナルドの香油の入った瓶を割ると、それをイエス様の頭に注いだのです。

それはインド産のナルドという植物から抽出される香油です。
入れ物は、高さが15センチ~27センチほどの小さな壷です。
それはすてきなアラバストロン製の入れ物でした。
その中に貴重な香油が入れられていたのです。
その香油は、当時の女性にとっては貯金と同じものでした。
少しづつ蓄え溜めていったものでした。
そして特別にお金が必要な時が来ると、その瓶の中から香油を少し取り出してはそれを売ってお金に替えていたのです。
その瓶に入っていた香油は、労働者一年分の給料に等しい価値のあるものでした。
私たちの感覚からすると、約400-500万円もの価値ある香油だったのです。
きっと、大切に大切に少しづつ溜められていったものだったのでしょう。
ナルドの香油を塗る時には二つの使い方があります。
一つは、髪の毛や体に塗ります。とても良い香りがするからです。
もう一つは、亡くなった方に塗るために用いられました。腐敗の匂いを消すためです。
人々は亡くなった人に対して感謝を込めてその高価な香油を塗ったのです。

この女性は、この香油を自分のために使うことが出来ました。
また弟子たちが言ったように、お金に換えて貧しい人に施すこともできました。
また、瓶を割らずに、少しだけイエス様の頭に塗ることも出来たはずです。
しかし、この女性はその高価な壷も割ってしまって香油全部をイエス様に注いだのです。
弟子たちは、彼女を責めました。
4-5節にはこう書かれています。
「何人かの者が憤慨して互いに言った。「何のために、香油をこんなにむだにしたのか。この香油なら、三百デナリ以上に売れて、貧乏な人たちに施しができたのに。」そうして、その女をきびしく責めた。」

愛や感謝はお金や権力とは対極にあるもの、そして愛や感謝は貴重です。
その頃、イエスさまは十字架の死を前につらい思いをされていました。
他方、律法学者やパリサイ人たちはイエス様を妬み恐れていました。その妬みや恐れは彼らの中で憎しみ、殺意へと膨らんでゆきました。
また、イエス様の弟子の一人ユダはイエス様を銀貨30枚で売りました。(マタイ26:15)
それは奴隷を売る時の値段でした。

ユダは弟子たちの中で特別悪い人だったのでしょうか?
10節では、「イスカリオテ・ユダは、12弟子のひとりであるが」とわざわざ、ユダが12弟子の一人であることを告げています。つまり、他の弟子たちもユダと同じような裏切り者であると言っています。
イエス様のそばにいた12弟子たちでさえそうだったのです。私たちの多くはイエス様の愛に答えることを忘れてしまうのです。
イエスさまが十字架で死なれる時。人の恨み・妬み・殺意・利益・比較・非難がイエス様を取り巻いていたのです。

■美しい
そんな時に、イエス様に感謝を表したのがこの女性でした。
周りの罪が深いので、この女性のイエス様に対する純粋な感謝の思いが輝いて見えます。
イエス様は言われました。「わたしのために、りっぱなことをしてくれたのです。」(6)
この「りっぱな」という言葉は、原文では「カロス」という言葉です。
「カロス」とは、倫理的な立派さを表す言葉です。
また、カロスとは、美しいことを表す言葉です。正しくて美しい…それがカロスです。
ある人がつらい時、ずっとそばにいて励まし祈る。それはカロスです。

この女性は出きる限りの感謝をしました。
香油の瓶を割って、その香油をイエス様に注ぐ…これがこの女性の出来うるすべての感謝でした。
イエス様はそのことを良くご存知でした。ですから、「この女は、自分にできることをしたのです。埋葬の用意にと、わたしの体に、前もって油を塗ってくれたのです」(8)と言っておられます。
すべての人類のために十字架で殺されるイエス様の愛に対して、この女性は心からの感謝をささげたのです。

イエスさまは、私たちが「イエス様、ありがとう」と言うのを喜んでくださるでしょうか? 
もちろんです。
イエスさまは、この女性の精一杯の感謝をとても喜ばれました。
ですから言われました。「この女は、自分にできることをしたのです。埋葬の用意にと、わたしのからだに、前もって油を塗ってくれたのです。まことに、あなたがたに告げます。世界中のどこででも、福音が宣べ伝えられる所なら、この人のした事も語られて、この人の記念となるでしょう。」(8-9)
イエスさまは、私たちが感謝しなくても愛し救ってくださる。その通りでしょう。
でもイエスさまは、私たちが感謝することをとても喜んでくださるのです。

私たちはイエス様の完全な赦しと愛に答えて、美しく礼拝したいと願っています。
イエス様のことを思って私たちが精一杯することを、イエス様は本当に喜んでくださいますよ。

私たちが礼拝をお献げする時、私たちは取るに足らない存在であることを思います。
でも、心から賛美することができます。
心からお祈りすることができます。
一生懸命奉仕することができます。
愛の言葉を神の家族に語ることができます。

神さまはそれをどんなに喜んでくださっているか?
礼拝は、私たちが神様に精一杯感謝して、神様に喜んでいただく場所でもあるのです。
そしてそれがまた私たちの喜びとなるのではないでしょうか?
感謝してお祈りいたします。


□分級礼拝を深めるために 

神さまに喜んでいただく礼拝を捧げるために、私たちに必要なものは一体何でしょうか?
あまり考えが浮かばない場合は、オー・ヘンリーの「賢者の贈り物」のお話を参考にして、神様に喜んでいただく礼拝について思いめぐらせ、ご発言ください。

***賢者の贈り物***
(一見無駄に見える愛のクリスマス物語)
 明日はクリスマスだというのに、夫ジムに贈るプレゼントに使えるお金は何度数えなおしても1ドル87セントしかありません。
 しかしデラには亜麻色の、水の流れのように輝きながら自分のひざの下まで届く美しい髪がありました。デラは決心をし、なんとその美しい髪を切って20ドルで、売ってしまいました。そのお金でデラはジムのためにジムの素敵な金時計によく合うプラチナ製のチェーンを買いました。やがて夜になり、仕事を終えて帰ってきたジムは奇妙な表情のまま、髪が少年のように短くなったデラをただただ見つめていました。なんとジムは、デラのために大切にしていた金時計を売って、デラの美しい髪によく合う宝石が散りばめられたベっ甲製の飾り櫛のセットを買ってきていたのです。
 作者オー・ヘンリーの言葉
「私がここで紹介したのは、自分の家にある最も価値のある宝物をお互いに犠牲にした、とても愚かな2人の若者のささやかな物語だ。しかし、このような贈り物を交わした2人こそが、だれにもまして賢いのだ。




       Beautiful Worship Services               Mark14:1-11         

■Review
Good morning.
I have been giving messages about worship services on second and fourth Sundays since April.
Today’s message is the fourth one in this series.
Before we start, let’s review the first three messages.

The title of the first message in the series was “Worship Services on Sundays.” There were mainly two points.
The first point was to treasure worship services on Sundays.
In the second point, I explained about the word “worship services” in both the Old Testament and the New Testament.
And we learned that attending worship services is a way of life that gives first priority to God.

The title of the second message in the series was “Worship Services that Save Our Lives.” There were also two points.
The first point was the difference between Sundays and the Sabbath.
The second point was that Sundays should not be days for us to rest but it should be active days for us to save our own lives.

The title of the third message in the series was ”Worship Service-A Place for Everyone.”
I asked you, “Do you come and worship God because you have to, or to respond to God’s love and trust?”
I said that if coming to worship services was mandatory, everything would go back to the times when following the Law was the most important thing, despite the fact that Jesus opened the door to a bridge of love and trust.
Here are some easy examples I gave in the messages.
If you think coming to worship services is mandatory, it is like you’re obeying your scary boss.
On the other hand, if you come to respond to God’s love and trust, the relationship between you and God is like a relationship between your family members or your spouse whom you trust and love.
Don’t you think you would be more into a relationship like this one rather than a mandatory one?
In order to respond to love and trust, you might sometimes risk your own life.
As an example of this, I told you about when the Baptist church was first established.
The Baptist church believers in those days lived their lives trying to respond to God’s love and trust. This led them to be prosecuted, imprisoned, exploited, and deported from England.
However, they still treasured God and had faith.
■Today’s Bible Verse
It was a few days before Jesus was crucified when Jesus visited Simon’s house in Bethany, a town nest to Jerusalem.
Simon had a serious skin disease and was alienated from society. He must have been poor.
Jesus became his friend and healed him.
When Jesus and he was having a meal, a woman came to their place.
She broke a jar of perfume made from essence of nard, and poured it over Jesus’ head.

Nard is a plant you can find in India.
The height of the jar is said to have been about 15cm to 27cm(6in. to 11in.).
It was a beautiful alabaster jar.
The expensive perfume made from essence of nard was in this jar.
The amount of perfume was like a savings account for women in those days.
It was something women would accumulate little by little.
And when there a time they need some money, they would take a small amount out and sell it.
The value of the perfume in the jar was equivalent to a working man’s one-year salary.
It would be like 4,000,000 to 5,000,000 yen in today’s world.
It must have been something she had saved up over many years.
There are two ways to use this perfume.
One way was applying it on your hair. It smells very nice.
Another way was to apply it on dead people’s body to remove the smell of rot.
They used the perfume to express gratitude toward the dead ones.

This woman in today’s Bible verse could have used this perfume all for herself.
She could have sold it to get money to use it for the poor like the disciples said to her.
Or she could have just taken out a small amount to apply it on Jesus’ head instead of breaking the jar open.
However, she broke the expensive, beautiful jar and poured everything inside on Jesus.
The disciples scolded her harshly.
It says in Mark 14:4-5,
“Some of those at the table were indignant. ‘Why waste such expensive perfume?’ they asked. ‘It could have been sold for a year’s wages and the money given to the poor!’ So they scolded her harshly.”

Love and gratitude are the antithesis of money and power. Love and gratitude are precious.

Meanwhile, Jesus was in pain inside thinking about His crucifixion.
On the other hand, the rabbis and the Pharisees were being envious of Him, and this soon turned into hatred and murderous intent.
Also, Judas, one of Jesus’ disciples, betrayed Him for thirty pieces of silver, which was the same amount of silver when they traded slaves.

Was Judas particularly a bad person of Jesus’ disciples?
In Mark 14:10, it says, “Then Judas Iscariot, one of the twelve disciples, went to the leading priests to arrange to betray Jesus to them.” As you can tell, the phrase, “one of” is used here. This implies that the other eleven disciples were betrayers, too.
Even the disciples who were always right next to Jesus forgot to respond to His love.

Jesus was surrounded by people’s hatred, envy, murderous thoughts, profit, comparison, and criticism.

■Beautiful
When Jesus was going through such time, this woman showed up.
Her pure gratitude seems so brilliant because everyone around her was so sinful.
Jesus said, “Leave her alone. Why criticize her for doing such a good thing to me?” (Mark14:6)
The word “good” is “καλοs (the pronunciation is “Caros”)” in the original text.
“καλοs” expresses ethical excellence.
Also it is used to describe something beautiful. “καλοs” is something righteous and beautiful.
When you stay by someone’s side to encourage and pray, that is “καλοs.”

This woman showed as much gratitude as possible.
Breaking the expensive jar of perfume and pouring it onto Jesus’ head was what she could do.
Jesus knew how she felt. So He said, “She has done what she could and has anointed my body for burial ahead of time.” (Mark 14:8)

She showed her deepest gratitude toward Jesus who was about to be crucified for all human.

Will Jesus be happy if you say, “Thank you, Jesus”?
Yes, of course.
Jesus was happy to see this woman’s deepest gratitude.
So He said, “She has done what she could and has anointed my body for burial ahead of time. I tell you the truth, wherever the Good News is preached throughout the world, this woman’s deed will be remembered and discussed.” (Mark 14:8-9)
Jesus loves us and will save us even if we don’t show Him gratitude.
But He is happy when we say thank you to Him.

I wish to hold beautiful worship services to respond to His love and forgiveness.
If we try to show Him our deepest gratitude, He will be happy.

We are small.
But we can sing and rejoice.
We can pray from the bottom of our heart.
We can serve God.
We can spread the Gospel to our God’s family.

Do you know how happy God will be?
We come to worship God to show Him our gratitude for Him to be happy.
Don’t you think this will make us happy, too?

 
      




日本バプテスト連盟 東広島 緑の牧場キリスト教会 (みどりのまきばきりすときょうかい)

日曜礼拝メッセージ
Japan Baptist Convention  Higashi-Hiroshima city Green Pasture International Christian Church
http://midori.church.jp



ご覧くださりありがとうございます。

あなたが教会に求めておられることは何ですか?

何か相談したいことがおありですか?

よろしかったら電話かメイルを下さいませんか?


東広島 緑の牧場キリスト教会 コンタクト⇒右のカットをクリックしてください 
 このアドレスは1回/週位しかチェックしませんので、お急ぎの方は電話をお願いいたします。

  082-425-5454 



together の方々へ 右の Let it be を右クリックし、ダウンロードしてください。  Let It be