緑の牧場キリスト教会 -みどりまきば-



    神様はあなたを愛し、共にいてくださいます。

     その神様に心を開きましょう。

       そこに、あなたには希望があり、いのちがあります。
 

          
                                    by JesusChrist


 
   
東広島 成長の印 緑の牧場教会についてご紹介いたします
       
-初めての方はこちらをご覧下さい-
  東広島みどりのまきばキリスト教会 成長の印  イベントのご案内です。クリックしてご覧ください
  2018年9月更新
  東広島市緑の牧場キリスト教会 成長の印 最近の歩みを写真でごらんいただけます
   ここをクリックしてどうぞごらんください
  2018年9月更新
   東広島 緑の牧場キリスト教会 愛初めての方に、「どうぞ心配しないで…」
   ひとりひとりの生きがいとご成長に
        少しでも貢献できれば…と願っています。
   キリスト教について知りたい方のために
        とても良い教材とクラスを用意しています 
  ↑ お知りになりたい事柄を クリックしてください
 
 
    スマートフォン・携帯の方はこちらでごらんください・・・ http://habommm.wixsite.com/midorinomakiba 
曜日18:45~ ・曜日9時15分~・曜日10時30分~ 毎週3回礼拝をいたします。 来会をお待ちしています
緑の牧場キリスト教会
Higashihiroshima city midorinomakiba Church  広島県東広島市西条町田口2799
東広島教会チャペルは、東広島市 広島大学 (広大)のそばにあります 
 

9月15日(土)に まきばのカフェ&コンサート をいたします。 どうぞおいでください。
クリックされると、詳しい内容が書かれているチラシをダウンロードすることができます。


   

 どうぞおいでください。


 


   キリスト教ABC「マイルーツクラス」は新しくなりました。 
     ここをクリックしPDFファイルでご覧ください。2018.5.17.



 
 
  緑の牧場中長期計画(2015年~2022年 レインボー計画 100 KB)

    をご覧になりたい方は
 クリック してください。
    < 
rainbow-plan.pdf ファイル > のダウンロードが始まります。
    そして、いっしょにすばらしい夢のある人生を歩まれませんか?
    Come and Join us !

    ***********************************
   図をご覧になりたい方はこちらの図をクリックしてください。pdfファイルで見ることができます。

    
 
 
     聖書日課 をダウンロードされる方は下の図をクリックしてください。
     ダウンロードが始まります。 エクセルファイルです。


  
 現在のものは…2018年9月~ のものです


 
 
  2018 年 今後の予定 どの集会にもあなたを歓迎いたします。どうぞご参加ください。
 
 
【9月】
15 まきばのカフェ&コンサート
16 生かされて感謝礼拝
30 一斉掃除
【10月】
7 世界食料ディ礼拝
14 特別伝道礼拝(松原先生)
28 賛美集会

 2018年度、一年間の予定表はこちらをクリックしてください。
 

 

 
 


 English Cube Christmas

 場所は・・・緑の牧場キリスト教会です。

■英会話クラス 原則として、
・大人の英会話教室(広島大学で英語の教鞭をとっておられた先生が指導されます)
 第2.4月曜日(9月は先生の都合でお休みです) 午後7時10分~8時 大人1000円 学生800円

・基礎英会話コース 中学生程度からの基礎を学びます
 第1.3火曜日(   ) 午後7時10分~8時 大人1000円 子ども800円

・子ども英会話コース イギリスから来られた楽しく優しいピーターさんご夫妻が教えてくださいます。
 第1.3火曜日(   ) 午後7時10分~8時 800円

■イングリッシュ・キューブ(英会話実践)  
 第3火曜日 時間は午後8時~9時(変更の可能性有) 無料

English Cube について
18:30-19:00 
 Peter兄蒔田姉食事
19:10-20:00
・子ども英語*基礎英語クラス
・それ以外の兄姉で希望者は夕食(大人300円学生200円)
20:00-21:00
 English Cube
英語で…賛美・証・トーキング

 英語が苦手でも、原則として英語のみ使います
 みなさん優しいのでつらい思いをされることはないと思います。
 途中参加もオッケーです。


English Cube
食事、ワーシップ、アイスブレイクゲーム、
ディスカッションを通して生の英語に触れよう英語に興味がある人、外国人の友だちを作りた
い人なら誰でも参加OKです。

・日時 第1・3火曜日19~21時
・場所 緑の牧場キリスト教会
{広島県東広島市西条町田口2799)



 フラワーアレンジメント のページ を更新いたしました


 どうぞ上の写真をクリックしてください。 Flower Arrangement教室のページに行きます。



 

  下はこのサイトの一覧です。   左の項目クリックしてくださると見ることができます。   どうぞゆっくりごらんください。



 緑の牧場キリスト教会

緑の牧場教会について 初めての方は どうぞこちらをごらん下さい

●牧師から ごあいさつ 牧師からあなたに一言ごあいさつを

●緑の牧場教会のビジョン 三つの愛 と 人生のダイヤモンド

私たちが大切にしている概念 私たちが大切にしているかんがえがあります

●バプテスト 私どもは世界中で信頼されているプロテスタントの教会です

●教会Q&A ご質問を歓迎いたします。

●地図 (map) 教会の場所(東広島にあるんですよ)

  ●カルト宗教とキリスト教 カルト宗教との違いについて 
     
●セルグループ 聖書に記されている教会をめざしています
セルグループとは? セルグループって?
セル教会ガイドプック 私どもが翻訳した本の紹介(セル教会)
トレーニングマニュアル 私どもが翻訳した本の紹介(セルリーダー)
セルグループ/私たちの場合 緑の牧場でのセルの始まり
セル感謝礼拝メッセージ セルのことが少しはご理解いただけるかもしれません
セル感謝礼拝スライド 感謝礼拝の時のスライドです
セルグループ国際大会 下の二つのサイトをごらんください
報告:酒井牧師 シンガポールセル大会の模様
報告:南原姉妹 シンガポールセル大会の模様

●私たちはこう考えます 私たちの言葉
信仰告白 私たちの信じていることは…
親と子(子育て) 親子の関係
子どもの人権について 子どもと共に
世界の飢餓について 世界に心を開きたいですね
聖書の終末観 終末(世の終わり)は恐くはありません
なぜ人を殺してはいけないのか? なぜ人を殺してはいけないのでしょうか?
敗戦60年にあたって 声明 日本バプテスト連盟 第51回定期総会

●中国四川省大地震支援報告 支援のご報告
     
  ●東日本大震災支援報告 日本バプテスト連盟の活動と支援のご報告

東広島 緑の牧場キリスト教会東広島 教会 ビジョンセルグループ緑の牧場キリスト教会 酒井牧師東広島 緑の牧場キリスト教会 私たちの考え東広島 緑の牧場キリスト教会 地図



   キリスト教について

●キリスト教ABC -インターネットで学ぶ- 聖書のメッセージがよくわかります
01 私たちの神様 7Mb pdf 神様の愛?
02 イエスキリスト 6.4Mb pdf イエスキリスト・十字架と復活?
03 聖霊なる神様 5Mb pdf もう一人の主、慰め主
04 人間 11Mb pdf 人間の価値と救い
05 福音と信仰 10Mb pdf 福音? 信仰?盲信ではなく…
06 教会 2.5Mb pdf 教会とは
07 聖書 5.6Mb pdf 聖書 隠れたベストセラー
08 祈り 3Mb pdf 祈りは天国の祝福を開くカギ
09 礼拝 1.8Mb pdf 礼拝の意味は
10 賜物と奉仕 4Mb pdf 成長のカギ (内容が教会員向けです)
11 感謝と献金 4Mb pdf 感謝 ささげもの (内容が教会員向けです)
12 伝道  4Mb pdf 伝道は愛・アイ・あい (内容が教会員向けです)
13 バプテスマ 8Mb pdf 洗礼 バプテスマ
14 バプテスト 3.6Mb pdf バプテスト?
 ご質問に答えて どうぞご質問ください(現在、リンクがありません)

          ●「キリスト教ABC」を、ヤッフーメッセンジャー あるいは スカイプで受講を希望される方、
             詳しいことをお知りになりたい方は
 までご連絡下さい。
●聖書のことば 聖書の中から少しだけご紹介…

●マンガ聖書のお話
ほうとう息子のたとえ話 神様ってどんなお方?
種は100倍に 神様の言葉が心の中に蒔かれると…
敵を愛せよ 武田くんと上杉くんの物語
ポーじいさんと小さなカタツムリ どうしておじさんは小さくなったのかなぁ?
海をわたった侍 十字架は私のために
バベルの塔 こ と ば … 
あなたこそ神の子キリストです 苦難の嵐の中にいても大丈夫だよ
最も大切なものは マルタとマリヤさん
幸せな人生? 彼の人生は祝福されていたのかな?
祈りの力 例えば、祈りの力って、
クリスマスプレゼント 本当のクリスマスプレゼントは
復活は事実なの? 復活はあったんだよ
宝物 あなたの宝物は?


●クリスチャンになるには どうしたらクリスチャンになれるの?

●7つの救い 信じると与えられる7つの救い

●クリスチャンの成長 クリスチャンは成長してゆけるので楽しいのです

●体験談 (あかし集)  信仰の言葉・体験談集
以前私はエホバの証人でした… (Kさん)
創造の神様を讃美いたします (Bさん)
主の祈りのような生活を (Bさん)
主は尽きることのない喜びと力の源 (Eさん)
愛と恵を受けて (Yさん)
分かってきました (Mさん)
Mテレサの施設を訪ねて (Cさん)
大変な時こそチャンス (Nさん)
神様が与えてくださったもの (Mさん)
主に出会って (Sさん)
性的な清さの領域においても (Cさん)
学校に行けない子どもたち 不登校(登校拒否)について 
ピュアな光 臨死体験 (Wさん)
少年少女大会に参加して (Sさん)
神様の無条件の愛とゆるし (Bさん)
ルワンダを訪ねて (Sさん)

東広島 緑の牧場キリスト教会 インターネットで学ぶ キリスト教の初歩東広島 緑の牧場キリスト教会 クリスチャンに東広島 緑の牧場キリスト教会 聖書東広島 緑の牧場キリスト教会 キリスト教の救い東広島 緑の牧場キリスト教会 体験談 あかし東広島 緑の牧場キリスト教会 質問 疑問東広島市 体験談 教会
東広島 緑の牧場キリスト教会 まんが東広島 緑の牧場キリスト教会 イースター東広島 緑の牧場キリスト教会 青年バンド




 いろいろな集まり (地域の方々を愛し、地域の方々に仕える教会として)

●ニュース イベント イベントの予定など

●集会案内 ・楽しい礼拝 ・セルグループ
・聖書研究祈りの会 ・子ども教会学校
・マイルーツ ・マイツリー
・韓国語クラス ・フラワーアレンジメント
・合唱 ・結婚カウンセリング
・親子関係講座 などのご案内
  ~あなたもぜひ参加してみてください~


●礼拝 (Service) あなたもどうぞ (英語バイリンガル、あるいは英語原稿あり)
Higashi Hiroshima Church, bilingual service
礼拝のプログラム 日曜日の礼拝の具体的な内容

       日曜日 9時15分~ 第一礼拝
       日曜日10時30分~ 第二礼拝
       土曜日夕6時45分~ 夕礼拝
…教会学校教師、静かな礼拝
…一般の方はこの礼拝にご参加ください。
…日曜日に礼拝できない方のために


●冠婚葬祭 結婚やお葬式について
結婚式を教会で挙げたい 教会の結婚式 Chapel Wedding
結婚式の進行 式の進行の模様
葬儀について 教会でのお葬式
葬儀に参列される方のためのQ&A 参列される方のために

●合唱 Together あなたも賛美歌合唱(コーラス)の輪にどうぞ
 初心者も歓迎です。


  ●韓国語講座 (ハングルクラス) 韓国語は楽しいですよ。 (現在、初心者の方
 の募集はしておりません。ごめんなさい)
 
   
  ●フラワー アレンジメント教室 フラワーアレンジメント(お花による装飾)教室です 
     
●クリスマスとイースター
クリスマス クリスマス メッセージとごあんない
 
イースター イースター メッセージとごあんない

東広島 ニュース東広島 結婚式東広島 クワイヤ東広島 緑の牧場キリスト教会 青年会東広島 イースター




 
 教会の歴史・アルバム
  ●教会のミッションステートメント みどりのまきばのミッションステートメントを
オリジナルソングと共にYou Tube で紹介しています。
     
●あしあと (アルバム ↓) 感謝のご報告
    2018年感謝の恵み  7年計画の4年目 
    2017年感謝の恵み  7年計画の3年目 
    2016年感謝の恵み  7年計画の2年目 
    2015年感謝の恵み 7年計画 (みどりのまきばレインボー計画) 開始 
    2014年感謝の恵み  いただいた夢に向かって 
    2013年感謝の恵み  教会は主のもの、それゆえみんなのもの 話し合って一歩ずつ 
    2012年感謝の恵み  地域に仕える教会として 
    2011年感謝の恵み  学びの多い一年でした 
    2010年感謝の恵み  いつも喜んでいなさい 喜びってな~に
    2009年感謝の恵み  教会の使命を意識して 
    2008年感謝の恵み  和が広がる 
    2007年感謝の恵み  ミッション旅行 野外礼拝 外国人留学生と 
    2006年感謝の恵み  対人関係を学ぶ 結婚について学ぶ 
    2005年感謝の恵み  心の病を理解する 子どもたちの合宿 
    2004年感謝の恵み  セルグループ カンファレンス バプテスト大会 
    2003年感謝の恵み  セルグループ、そしてセルグループ Happy 
    2002年感謝の恵み  セルは人を大切にする愛を育てる場 
    2001年感謝の恵みつづき  東広島市民クリスマスで合唱トゥゲザーが発表 Oh Happy Day ! 
    2001年感謝の恵み  韓国料理大好き 
    2000年感謝の恵み  納骨堂設置 若者が育っています 
    1999年感謝の恵み  シンガポール・セルグループ・チームを迎えて 
    1998年感謝の恵みクリスマス  かわいい子どもたち キャロリング 
    1998年感謝の恵み  セル教会ガイドブック 出版しました 
       
●教会の歴史 1991年~2010年 教会が大切にしてきた歴史

●教会の建築 奇蹟と祈りと奉仕の喜びによって建てられました

●東広島市のご紹介 東広島市を簡単にご紹介します

東広島 緑の牧場キリスト教会 感謝の報告東広島 緑の牧場キリスト教会 歴史東広島 2×4 建築高屋 子ども会 緑の牧場中四国 バプテスト大会東広島 緑の牧場キリスト教会 inde

 さらに…

●リンク リンク集です
   
 
  ●お勧めの教会   
   札幌バプテスト教会 緑の牧場出身の石橋大輔牧師のいる教会です。
ぜひ、お訪ねください。
   ライフ・ツリー・クライスト・チャーチ 緑の牧場出身の酒井信牧師のいる福岡市内の教会です。
ぜひ、お訪ねください。 

●更新記録 更新記録です

●ゲストノート (掲示板) どうぞ自由にお書き込み下さい

●メイリングリスト 加入  メイリングリストに入りませんか?無料です

結婚・すばらしい夫婦となるためにシリーズ
(男女の考え方の違い・心のすれ違い?など№1-№55)
メンバーのみ。
公開はしていません。

  ●「みどりのまきばだより」最新号 教会発行伝道誌「みどりのまきばだより」の最新号ファイル
     
●おまけ 牧師のプログ 個人的なものです。 礼拝メッセージ・牧会理念・
ミッションステートメントなどを掲載しています。

東広島 緑の牧場キリスト教会 教会リンク東広島 緑の牧場キリスト教会 更新歴


Jesus is alive
 

東広島 教会


東広島 教会

東広島 日本バプテスト連盟 緑の牧場キリスト教会 みどりのまきばキリスト教会
Japan Baptist Convention Higashihiroshima Midorino Makiba Christ Church




私どもは、プロテスタントの教会です。

バプテストはプロテスタントの代表的な教会です。

ものみの塔(エホバの証人)・末日聖徒イエスキリスト教会(モルモン教)・
世界基督教統一神霊協会(統一教会・原理運動)とは違います。

しかしながら、これらの働きによって被害を受けておられる方で、
相談を希望される方はどうぞご連絡下さい。


 地震について、どうしたら良いか、各国の言葉で書かれています。
  外国のお友達に教えてあげてください。

  If your friend is staying in Japan. Please forward this information
  Manual: Japan earthquake how to protect yourself

   ここですJapan earthquake how to protect yourself … http://nip0.wordpress.com/

--------------------------------------------------

○下の動画は、「緑の牧場教会 の ミッション」 を歌ったものです。

 写真は少し古いものです。音声が出ます。






***** 今週の礼拝メッセージ 日本語 ******

みなさん、どうぞ礼拝においでください。
この欄は、どうしても物理的に礼拝に参加できない方のために用意されたものです。
祈りと心を教会に繋げて、いっしょに礼拝できるようになりますように。
                     


 くびきを負い合う       マタイ11:28-30  
                             
■旅の時の荷物は軽く
私は、旅をする時、荷造りをするのが苦手です。
私は昔、「備えあれば憂いなし」(準備をしておけば、いざというとき何も心配がない)という言葉を聞きました。
そしてその言葉に納得して以来、荷造りが苦手になったのだと思います。
「もし、食事中に飲み物をこぼしてしまって、服が汚れ時のために」と思って、シャツも、ズボンも、下着も入れます。
「もし、公式の場所に参加しなければならなくなったら困らないために」と思って、スーツも入れます。
「汗をかいたら、その度に着替えたいから」と思って、下着も入れます。
「もし、メッセージしてください」なんて言われたら、困るから、筆記道具も聖書も簡単なメモも入れます。
そうして結局、帰り道、JRのプラットホームに立ってこうつぶやくことになるんです。
「もうこんな馬鹿なことは止めよう。全然、着なかったスーツ、ズボン、下着をどうして、ぼくは苦労して運んでいるんだ。」
旅の時の荷物は軽く最小限に、といつも思うのですが、誤りを繰り返してしまいます。

■くびきで、4倍の力が
イエス様は言ってくださいました。
「私はあなた達の重荷を一緒に背負う」と。
イエス様は私達の重荷を一緒に背負って下さるお方です。
そして、教会は重荷を一緒に背負うところです。
一人では重荷を背負い切れません。
背負えないものを一人で背負っても、それはただの重荷です。
けれどもその荷を一緒に背負った時、そこには喜びが生まれ、背負う力も生まれるのです。
私たちの真ん中でイエス様が共に背負っていて下さる。
その時、重荷だったものが何と賛美に変わるのです。
教会はそういうところです。ですから一緒に互いに重荷を負い合いましょう。
これは聞いた話ですが、馬は一頭だと4トンほどの荷が引けるそうです。
けれども、くびきによって二頭を繋げると、今度は16トン程の荷が引けるそうです。何と四倍になるのです。とても面白いお話であると思いました。
私たちの人生も、一人では引くことができない重荷がありますが、イエス様とつながれるなら出来ないこともできるようになるのです。

■私たちは重荷を負っています
私たちは重荷から逃れることができません。
私たちはみんな、ある意味では生まれた時から重荷を背負っています。
病気になることもありますし、人間関係があれば悩むこともあります。
けれどもその重荷をイエス様が共に背負ってくださっている。…そう気づく時にそれは賛美に変わるのです。
今まではひとりで重荷を負っていた。でもイエス様がいっしょに重荷を負ってくださるのです。
教会には、いっしょに重荷を負おう、いっしょに人生を生きようといってくださる兄弟姉妹がいます。
そうすると重荷を背負うことも苦労ではなくなります。
それはすばらしい気づきです。
イエス様がいっしょに背負っていてくださる。共に背負おうと言ってくれる兄弟姉妹がいる。
そう気づいた時に、人は感動します。
そして礼拝で人生を喜び合うのです。

ずいぶん前に、ある教会のことを聞いたことがありました。
その教会では、教会学校に来る子どもがいなくなりました。
そこで、教会学校をどうするか?話し合ったそうです。
その時に、高齢の方々が立ち上がりました。
「子どもたちは未来の宝、教会の宝、教会学校を続けましょう。
そして子どもたちが来るためにいっしょに力をあわせましょう。」
わしらの出番だというわけです。
ある方は、早く来て、玄関に立ちました。
子どもたちが来た時に、子どもたちを歓迎して声をかけるためです。
ある方たちは、教師会を開くようになりました。
そしてどのようにして聖書のことをわかりやすく、伝えることができるか訓練し合いました。
比較的若い方は、ぬいぐるみをかぶったのです。
すると神様は子どもたちを送ってくださいました。
今は、その子どもたちが教会を担う人々になっているそうです。

■休む
イエス様は「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」と言われました。
多くの宗教は、「~しなさい」と言います。
でも、いくらやっても「~しなさい」という世界から自由になれません。
できないので、ますます辛くなってゆきます。
けれども、イエス様は、「来なさい」と言われるのです。
イエス様の中心的メッセージは、「わたしのところに来なさい」ということです。
来て、休めばよいのです。

人々は重荷を負っています。だから休みが必要です。
でもどうしたら休むことができるのかを知りません。
イエス様のところに来れば良いのです。
イエス様と共に歩む時に、人は霊に安らぎを得ることができるのです。
休むという漢字は、人と木という漢字からなっています。
そして木という漢字は、人(つまりイエス様)が十字架につけられた形を表しているとも言われます。
ですから休むという漢字は…十字架につけられたイエス様のそばに近寄る時に与えられる平安をさしているのです。
では、イエス様が下さる休みとはどのようなものなのでしょうか?
イエス様は「休ませてあげよう」とは言われていますが、「重荷をおろしてあげよう」とは言われていませんでした。
もちろん、下ろしてよい荷物は下ろしたらよいです。いらない心配事、不安、恐れ、全部、下ろせばよいのです。
でもイエス様は、私たちの人生には担わなければならない荷があるということを認めておられるのです。

■くびき
イエス様は「私は心優しく、へりくだっているから、あなたがたも私のくびきを負って、私から学びなさい。そうすれば魂に安らぎがきます。私のくびきは負いやすく、私の荷は軽いからです。」と言われました。
イエス様は自慢して、「私は心優しく、へりくだっているから」と言われたわけではありません。
それはくびきというものを知る時にわかります。
くびきというのは、2頭の牛をつなぐために使う道具です。
重い荷物を引っ張るときに一頭では難しい時、2頭で荷を引っ張ることになります。その2頭を繋ぐ道具です。
しかし2頭の牛にくびきに繋ぐ時にはルールがあるそうです。
それは、2頭のうちの1頭は熟練した牛、もう1頭は未熟な牛を使うのです。
最初は、引く荷のほとんどの重量は熟練した牛の方にかかります。
未熟な牛の方はとても楽なのです。
しかし熟練した牛と共に歩む中で、未熟な牛はだんだんと荷の引き方の訓練を受けるのです。
そしてやがて、最初は引くことができなかった荷も、楽に引く事が出きるようになってゆくのです。
熟練した牛が、未熟な牛を思いやって、その歩調にあわせ、その力に合わせて、荷物を背負う。
それが心優しく、へりくだる、という意味です。

■くびきを負い合う喜び
私たちはイエス様に結ばれて、イエス様に重荷を共に背負ってもらいます。
その時心からの安らぎと平安を得ます。
イエス様と共に歩む喜びを知ります。
もう一人ではありません。神様がいっしょの歩みです。
その幸せを知った者は、今度は他の人の重荷もいっしょに背負おうとするのです。
なぜなら重荷を負いあうことを通して、人生がとても豊かになることを体験的に知ったからです。
イエス様もいっしょに、私たちも共に荷を負い合いながら、賛美しつつ、歩んでゆきましょうね。

■くびきを共に負い合う
重荷を負い合うことを通して、人生がとても豊かになることを知った私たちは、隣人ともくびきを負い合います。
それが宣教ということです。
イエス様のことを知らない方と、福音を分かち合います。
拒まれることもあるでしょう。
でも福音のもつメッセージ~全き赦し、完全に愛されているということ、希望があるということ、愛の神様が共にいてくださるということ~それを知ったら、拒む理由はないと思います。
でも先に福音を知らされた私たちは隣人に優しい友でありたいと願います。
共にくびきを負う方が、福音を深く理解し、イエス様の弟子になることを選び、どのように弟子としての生活を歩んでゆくか、共に歩んで行ってほしいと思います。
あなたのご家族、ご友人が、あなたによって導かれてイエス様のところに来ることができますように、願います。
私たちは学んだことを実践してゆきましょう。
お祈りいたします。

■お祈りをいたします。
イエス様。
私たちは重荷を負っています。
でもあなたがいっしょに重荷を負ってくださって、私たちはあなたから学びながら歩めるので、その重荷はどんどん軽く感じられるものと成ってゆきます。
また、私たちは、共に重荷を負い合う仲間が与えられていて感謝いたします。
いっしょに担う時に、人生が豊かになってゆくことも感謝です。
どうぞ、私たちの宣教を導いてください。
イエス様のみ名によってお祈りいたします、アーメン。





 Come to Me, all you who labor and are heavy laden. Mt11:28-30

■The load for a trip
I am poor at packing when traveling.
I’ve already heard a verse; “Keep something for a rainy day.”
I think that my packing has become weak since I had been convinced into the verse.
“ If I would spill a drink during a meal and if I would make my dress dirty,” And I put shirt, trousers, and under wears in the bag.
”If I would have to participate in a formal place,” I put a suit in my bag.
”I would like to change my clothes at every time when I sweat” I also put my underwear in my bag.
”If someone would ask me to tell a sermon.” I put writing tools, the Bible, and short documents in my bag.
After all, I will murmur like this standing at the platform on my way back,
”Stop such a foolish thing like this. Why am I suffering and carrying unused suit, trousers, and underwear.”
I always think that the load for a trip have to be light. However I repeat the mistake.


The center of the brightness is the gospel that He shoulders our burdens.
Jesus is God, who, together with you, carries your burdens.
Church also helps to shoulder burdens together.
One cannot shoulder burdens by one self.
Even if a man does try to shoulder his burdens alone, it remains a heavy load.
However, when he carries his burdens together with others, he will have joy, power and strength.
Jesus is shouldering the burden together in the midst of us.
In this way, the burden changes into praise of Jesus.
Church is a place where we can support each other. Therefore, let us shoulder burdens together.
This is a story that I have heard before: A horse can carry a burden of about four tons.
However, when two horses are tied with a yoke, they can carry a burden of about 16 tons. It is four times the amount that a single horse can carry. I felt this was very interesting.
Each of us has burdens in life that we cannot shoulder alone, but when we are yoked with Jesus, we become able to do it.


You cannot escape from your burden.
In a sense, each of us has had burdens from birth.
For instance, we get sick, and we may have difficulties in human relationships.
However, Jesus shoulders the burdens with you. When you notice this, the weight of the burden transforms into praise of Jesus.
You might have felt you were shouldering the burden alone. But now, you notice that Jesus shoulders the burden with you.
Moreover, there are brothers and sisters in this church who want to share the burden with you and walk with our lives together.
Then, shouldering the burden comes to be not such a hardship.
That is a wonderful awareness.
Jesus is shouldering the burden with you, and there are brothers and sisters who want to shoulder the burden with you.
Noticing this, people come to be baptized.
And this brings joy to life at the service.


Jesus said, “Come to me, all of you who are tired from carrying heavy loads, and I will give you rest.”
People are carrying heavy loads, so they need to take a rest.
However, they don't know how to do this.
“Come to Jesus, all of you who are tired from carrying heavy loads, and Jesus will give you rest.”
When walking with Jesus, people can obtain relief for their souls.
The Chinese character “rest” consists of the Chinese characters ”person” and ”tree”.
And the Chinese character “tree” shows a shape that a man (=Jesus) is crucified on the cross.
Therefore, the Chinese character “rest” indicates the peace given to those who come to Jesus on the cross.
What kind of rest does Jesus give us?
I’m sorry, but I taught on this six months ago from these passages.
Jesus says that he gives you rest, but He doesn’t say that He will take away your burdens.
I think that Jesus admits that you have to carry some kind of burden throughout your life.
In addition, Jesus says to you, “come to Me, all you who are weary and burdened.” He even says, “I will give you rest.”
Jesus said, “Take My yoke upon you, for I am gentle and humble in heart, and you will find rest for your souls. For My yoke is easy and My burden is light.”
A yoke is a tool to keep two oxen attached together.
They use this when it seems too hard for one ox to pull the load.
But I heard there is a rule when using the yoke.
The rule is this: one ox has to be experienced, and the other has to be inexperienced.

At first, all the weight of the load will be on the experienced ox.

This is so that the inexperienced one won’t have to work so hard.
Throughout the journey, the inexperienced ox will learn from the experienced one how to pull the load.
And over time, it becomes possible to pull the load easily.
We are connected to Jesus, and Jesus shoulders our burdens together with us.
At that time, we get a sincere relief and peace.
We experience the joy of walking with Jesus.
We are not alone any longer. God is with us.
People who’ve experienced this happiness try to help shoulder other people's burdens.
Because they know that life becomes very rich through sharing burdens with one another.
So I would like us to help carry each other’s burdens.
And I would like to see our lives enriched more and more.

■ Our mission
As knowing that life becomes very wounderful through sharing burdens with one another, we want to do it.
This is our mission.
We continuue to share the gospel with those who do not know about Jesus.
It may be refused.
But the message of the gospel is shared enough ~ I am forgiven completely, I am totally loved, that there is hope, that God of love is with you ~ I think that there is no reason to refuse it.
As we were informed of the gospel, I want us to be a friend to my neighbors.
I would like those who are yokeed each other to understand the Gospel deeply, choose to become a disciple of Jesus, and walk along with how to walk as a disciple.
I hope your family and friends can come to Jesus.
Why don’t we practice what we learnd?
Le’t us pray.




日本バプテスト連盟 東広島 緑の牧場キリスト教会 (みどりのまきばきりすときょうかい)

日曜礼拝メッセージ
Japan Baptist Convention  Higashi-Hiroshima city Green Pasture International Christian Church
http://midori.church.jp



ご覧くださりありがとうございます。

あなたが教会に求めておられることは何ですか?

何か相談したいことがおありですか?

よろしかったら電話かメイルを下さいませんか?


東広島 緑の牧場キリスト教会 コンタクト⇒右のカットをクリックしてください 
 このアドレスは1回/週位しかチェックしませんので、お急ぎの方は電話をお願いいたします。

  082-425-5454 



together の方々へ 右の Let it be を右クリックし、ダウンロードしてください。  Let It be

Together の方々へ 練習するために右の Let it be 2 をダウンロードしてください Let it be 2