緑の牧場キリスト教会 -みどりまきば-


 あなたに命をあたえておられるかみさまは、あなたにどうしても知ってほしいと願っておられることがあります。

 それは…
   神さまはあなたを全く赦し、ありのままのあなたを大切に思って愛している、ということ。
   だからだいじょうぶ、ということです。


 その神さまを礼拝するためにあなたのみどりのまきばにこられませんか?
 お待ちしています。



 
   
東広島 成長の印 緑の牧場教会についてご紹介いたします
       
-初めての方はこちらをご覧下さい-
  東広島みどりのまきばキリスト教会 成長の印 イベントのご案内です。クリックしてご覧ください
  2019年9月更新
  東広島市緑の牧場キリスト教会 成長の印 最近の歩みを写真でごらんいただけます
   ここをクリックしてどうぞごらんください
  2019年9月更新
   東広島 緑の牧場キリスト教会 愛初めての方に、「どうぞ心配しないで…」
   ひとりひとりの生きがいとご成長に
        少しでも貢献できれば…と願っています。
   キリスト教について知りたい方のために
        とても良い教材とクラスを用意しています 
  ↑ お知りになりたい事柄を クリックしてください
 
 
    スマートフォン・携帯の方はこちらでごらんください・・・ http://habommm.wixsite.com/midorinomakiba 
曜日18:45~ ・曜日9時15分~・曜日10時30分~ 毎週3回礼拝をいたします。 来会をお待ちしています
緑の牧場キリスト教会
Higashihiroshima city midorinomakiba Church  広島県東広島市西条町田口2799
東広島教会チャペルは、東広島市 広島大学 (広大)のそばにあります 
 

     9月21日(土) の夕拝はありません。
        22日(日)
 の第一礼拝(9 : 15-)、第二礼拝(10 : 30-) にご参加ください。

       西南学院大学神学部の安里道直神学生がメッセージをしてくださいます。
       ご期待ください。


  私たち緑の牧場キリスト教会は…
 
 私たち緑の牧場キリスト教会は…


正直で誠実であることを求めます。
 日進月歩のキリスト教神学を初めとして、様々な学問の成果を尊重し受け入れます。
 借り物の自分で飾ることなく、正直に自分(たち)と向き合い、誠実に歩みます。

・聖書は教会というコミュニティから生まれました。
 それゆえに、聖書を個人で読むことも大切ですが、複数で読むことを大切にいたします。
 牧師や神父が話をして他の人は聞いているということではなく、
 自由な対話による聖書の解釈の深まりを求めます。
 自分の頭と心で考え、聖書から気づきを与えられたり、わからないことを話し合ったり、
 それぞれの意見を聴き合ったりすることで、さらに聖書の言葉が生きてくると信じています。
 イエス様に支えられ導かれながら丁寧に生きてゆきます。

・情報はできる限り公開し、信用と信頼関係を築くことを大切にいたします。
 個人的な情報は公開しませんが、それ以外の教会の活動や会計などは原則公開します。
 そして、信用と相互の信頼関係を築くことを大切にいたします。

・民主主義的な教会運営を守ります。
 民主主義が形骸化する現代の流れの中で、私たちは共に話し合い、共に決めてゆくことを大切にしてゆきます。
 一人ひとりの意見や考えを尊重し合うことにより差別を無くし、多様性の中にも一致を見出し築くために努力します。
 強制することを退け、それぞれの自主的な教会形成参加を促します。

・弱い立場の人を大切にし、支え合うコミュニティを作ります。
 弱い立場の人々を大切にし、人が孤立・孤独化する中で、心と存在を支え合うコミュニティを作ります。

・暴力を無くし、安全な場所を作ります。
 バプテストは上下関係がありませんので、ハラスメントが発生しにくい集まりであると思いますが、
 それでもなお私たちは暴力を無くすように努力します。
 バプテスト連盟の中には「ハラスメント防止相談委員会」があり、利用することができます。

・個人の存在の価値を確認し合います。
 不安、価値喪失、自信喪失する中で、一人ひとりの存在の価値を認め、関係を築き、愛し合う社会を築くために努力いたします。
 「それでも人生はすばらしい。人生はうつくしい」と言っていたいと願います。


私どもバプテストは、世界のプロテスタントの代表的な教会です。
 私どもはバプテスト派の教会です。
 そして、他のキリスト教のさまざまな教派や団体とも親しく交わり協力し合っています。
 ただし、ものみの塔(エホバの証人)・末日聖徒イエスキリスト教会(モルモン教)・
 世界基督教統一神霊協会(統一教会・原理運動)・オウム真理教、とは本質的に(特に中心部分において)異なっています。
 

 2019 年 9月7日(土) 11時~14時 まきばのカフェ&コンサート
   ←クリックしてくださると、A4版のチラシ(pdfファイル)になります

 
今年も、昨年好評でした 
倉田美和さん 倉田香織さんを ゲストに親子で楽しむコンサートをもちました。
 とてもすばらしい集まりでした。
 感謝いたします。
 

 

 2019 年 9月22日(日) 10時30分~ 安里道直神学生を迎えて

 西南学院大学神学部の安里道直神学生(将来、牧師になることを目指して学んでいます)をお迎えして礼拝を持ちます。
 その後、神学部のお話を伺います。
 どうぞ礼拝にご参加ください。

   
 
 

 
 2019年 10月27日(日) 10時30分~ 特別伝道礼拝
 
 年に一度の特別伝道礼拝です。
 ゲストに朴思郁(ぱくさうく)先生 宣教研究所々長をお招きいたします。

 詳しくは、緑の牧場だよりをどうぞご覧ください。
 左(表面)、右(裏面)、それぞれにクリックしていただく とpdfで大きな画面でご覧いただくことができます。

 

 この案内がほしい方はお知らせください。
 お送りいたします。

 
 
キリスト教ABC「マイルーツクラス」

   キリスト教ABC「マイルーツクラス」は新しくなりました。 
     ここをクリックしPDFファイルでご覧ください。2018.5.17.



 緑の牧場キリスト教会 中長期計画 (レインボー計画)
 
  緑の牧場中長期計画(2015年~2022年 レインボー計画 100 KB)

    をご覧になりたい方は
 クリック してください。
    < 
rainbow-plan.pdf ファイル > のダウンロードが始まります。
    そして、いっしょにすばらしい夢のある人生を歩まれませんか?
    Come and Join us !

    ***********************************
   図をご覧になりたい方はこちらの図をクリックしてください。pdfファイルで見ることができます。

    
 
 聖書日課
     聖書日課 をダウンロードされる方は下の図をクリックしてください。
     ダウンロードが始まります。 エクセルファイルです。


  
 現在のものは…2019年5月~ のものです


  2019 年 今後の予定 どの集会にもあなたを歓迎いたします。どうぞご参加ください。
 
 
【9月】   
 7 まきばのカフェ&コンサート 
 15 生かされて感謝礼拝 
22 安里神学生を迎えて 
 【10月】  
 13 自立20周年記念礼拝 
 27 特別伝道礼拝(朴思郁先生) 
 【11月】   
 4 教会一日旅行 
 14-16 連盟総会 
 23 連合北ブロック修養会 
  【12月】  
 22 クリスマス礼拝 


 2019 年度、一年間の予定表はこちらをクリックしてください。
 
 


 English Cube & 英会話クラス
 
 場所は・・・緑の牧場キリスト教会です。

■英会話クラス

●キッズ子ども英会話コース(5歳~小学生対象) 
 
 → ピーター先生が大きな怪我をされました。
   新しく先生を探しています。そのため、しばらくキッズ子ども英会話コースはお休みさせていただきます。
   どうも申し訳ありません。
   再会の見通しができましたら、このホームページで掲示いたします。



●基礎英語コース (目安:英検5級~3級)
 海外経験豊かな藤田先生は、今さら聞けない文法や基礎英語の疑問にも
 丁寧に教えてくださいます。
 現在は、中学生と社会人が勉強中。
 原則第一&第三火曜日

■イングリッシュ・キューブ(英会話実践)  
 原則第3火曜日(お休みの時もありますので電話でご確認ください) 
 時間は午後8時~9時  無料
 英語で…賛美・証・トーキング

 英語が苦手でも、原則として英語のみ使います
 みなさん優しいのでつらい思いをされることはないと思います。
 途中参加もオッケーです。

 ただし夕食を希望される方は(大人300円学生200円、午後7時~8時)です。

English Cube
食事、ワーシップ、アイスブレイクゲーム、
ディスカッションを通して生の英語に触れよう英語に興味がある人、外国人の友だちを作りた
い人なら誰でも参加OKです。

・日時 第1・3火曜日19~21時
・場所 緑の牧場キリスト教会
{広島県東広島市西条町田口2799)



 「境界線(バウンダリー)と傾聴の学び」をいたします 

人間関係を築く境界線(バウンダリー)と傾聴の学びをいたします。

無料ですが、教科書が必要です。 各自、ご用意ください。

『境界線』地引網出版 です。



参加されたい方はご連絡ください。次回は9月29日です。
 

 フラワーアレンジメント のページ を更新いたしました


 上の写真をクリックしてくださいませんか?  Flower Arrangement 教室 のページに行きます。



 


 合唱 Together 

 月に二度位の割合で練習しています。

 次は9月14日(土)10時15分、 その次は9月28日(土)10時15分、からです。

 現在、Amazing Grace アメージンググレース の ゴスペルバージョンを練習しています。

 パート練習をしたい方は、Together の ページの一番下の方に midi で聞くことができます。



  下はこのサイトの一覧です。   左の項目クリックしてくださると見ることができます。   どうぞゆっくりごらんください。



 緑の牧場キリスト教会

緑の牧場教会について 初めての方は どうぞこちらをごらん下さい

●牧師から ごあいさつ 牧師からあなたに一言ごあいさつを

●緑の牧場教会のビジョン 三つの愛 と 人生のダイヤモンド

私たちが大切にしている概念 私たちが大切にしているかんがえがあります

●バプテスト 私どもは世界中で信頼されているプロテスタントの教会です

●教会Q&A ご質問を歓迎いたします。

●地図 (map) 教会の場所(東広島にあるんですよ)

  ●カルト宗教とキリスト教 カルト宗教との違いについて 
     
●セルグループ 聖書に記されている教会をめざしています
セルグループとは? セルグループって?
セル教会ガイドプック 私どもが翻訳した本の紹介(セル教会)
トレーニングマニュアル 私どもが翻訳した本の紹介(セルリーダー)
セルグループ/私たちの場合 緑の牧場でのセルの始まり
セル感謝礼拝メッセージ セルのことが少しはご理解いただけるかもしれません
セル感謝礼拝スライド 感謝礼拝の時のスライドです
セルグループ国際大会 下の二つのサイトをごらんください
報告:酒井牧師 シンガポールセル大会の模様
報告:南原姉妹 シンガポールセル大会の模様

●私たちはこう考えます 私たちの言葉
信仰告白 私たちの信じていることは…
親と子(子育て) 親子の関係
子どもの人権について 子どもと共に
世界の飢餓について 世界に心を開きたいですね
聖書の終末観 終末(世の終わり)は恐くはありません
なぜ人を殺してはいけないのか? なぜ人を殺してはいけないのでしょうか?
敗戦60年にあたって 声明 日本バプテスト連盟 第51回定期総会
    時間の効果的な使い方  中学生・高校生 

●中国四川省大地震支援報告 支援のご報告
     
  ●東日本大震災支援報告 日本バプテスト連盟の活動と支援のご報告

東広島 緑の牧場キリスト教会東広島 教会 ビジョンセルグループ緑の牧場キリスト教会 酒井牧師東広島 緑の牧場キリスト教会 私たちの考え東広島 緑の牧場キリスト教会 地図



   キリスト教について

●キリスト教ABC -インターネットで学ぶ- 聖書のメッセージがよくわかります
01 私たちの神様 7Mb pdf 神様の愛?
02 イエスキリスト 6.4Mb pdf イエスキリスト・十字架と復活?
03 聖霊なる神様 5Mb pdf もう一人の主、慰め主
04 人間 11Mb pdf 人間の価値と救い
05 福音と信仰 10Mb pdf 福音? 信仰?盲信ではなく…
06 教会 2.5Mb pdf 教会とは
07 聖書 5.6Mb pdf 聖書 隠れたベストセラー
08 祈り 3Mb pdf 祈りは天国の祝福を開くカギ
09 礼拝 1.8Mb pdf 礼拝の意味は
10 賜物と奉仕 4Mb pdf 成長のカギ (内容が教会員向けです)
11 感謝と献金 4Mb pdf 感謝 ささげもの (内容が教会員向けです)
12 伝道  4Mb pdf 伝道は愛・アイ・あい (内容が教会員向けです)
13 バプテスマ 8Mb pdf 洗礼 バプテスマ
14 バプテスト 3.6Mb pdf バプテスト?
 ご質問に答えて どうぞご質問ください(現在、リンクがありません)

          ●「キリスト教ABC」を、ヤッフーメッセンジャー あるいは スカイプで受講を希望される方、
             詳しいことをお知りになりたい方は
 までご連絡下さい。
●聖書のことば 聖書の中から少しだけご紹介…

●マンガ聖書のお話
ほうとう息子のたとえ話 神様ってどんなお方?
種は100倍に 神様の言葉が心の中に蒔かれると…
敵を愛せよ 武田くんと上杉くんの物語
ポーじいさんと小さなカタツムリ どうしておじさんは小さくなったのかなぁ?
海をわたった侍 十字架は私のために
バベルの塔 こ と ば … 
あなたこそ神の子キリストです 苦難の嵐の中にいても大丈夫だよ
最も大切なものは マルタとマリヤさん
幸せな人生? 彼の人生は祝福されていたのかな?
祈りの力 例えば、祈りの力って、
クリスマスプレゼント 本当のクリスマスプレゼントは
復活は事実なの? 復活はあったんだよ
宝物 あなたの宝物は?


●クリスチャンになるには どうしたらクリスチャンになれるの?

●7つの救い 信じると与えられる7つの救い

●クリスチャンの成長 クリスチャンは成長してゆけるので楽しいのです

●体験談 (あかし集)  信仰の言葉・体験談集
以前私はエホバの証人でした… (Kさん)
創造の神様を讃美いたします (Bさん)
主の祈りのような生活を (Bさん)
主は尽きることのない喜びと力の源 (Eさん)
愛と恵を受けて (Yさん)
分かってきました (Mさん)
Mテレサの施設を訪ねて (Cさん)
大変な時こそチャンス (Nさん)
神様が与えてくださったもの (Mさん)
主に出会って (Sさん)
性的な清さの領域においても (Cさん)
学校に行けない子どもたち 不登校(登校拒否)について 
ピュアな光 臨死体験 (Wさん)
少年少女大会に参加して (Sさん)
神様の無条件の愛とゆるし (Bさん)
ルワンダを訪ねて (Sさん)

東広島 緑の牧場キリスト教会 インターネットで学ぶ キリスト教の初歩東広島 緑の牧場キリスト教会 クリスチャンに東広島 緑の牧場キリスト教会 聖書東広島 緑の牧場キリスト教会 キリスト教の救い東広島 緑の牧場キリスト教会 体験談 あかし東広島 緑の牧場キリスト教会 質問 疑問東広島市 体験談 教会
東広島 緑の牧場キリスト教会 まんが東広島 緑の牧場キリスト教会 イースター東広島 緑の牧場キリスト教会 青年バンド




 いろいろな集まり (地域の方々を愛し、地域の方々に仕える教会として)

●ニュース イベント イベントの予定など

●集会案内 ・楽しい礼拝 ・セルグループ
・聖書研究祈りの会 ・子ども教会学校
・マイルーツ ・マイツリー
・韓国語クラス ・フラワーアレンジメント
・合唱 ・結婚カウンセリング
・親子関係講座 などのご案内
  ~あなたもぜひ参加してみてください~


●礼拝 (Service) あなたもどうぞ (英語バイリンガル、あるいは英語原稿あり)
Higashi Hiroshima Church, bilingual service
礼拝のプログラム 日曜日の礼拝の具体的な内容

       日曜日 9時15分~ 第一礼拝
       日曜日10時30分~ 第二礼拝
       土曜日夕6時45分~ 夕礼拝
…教会学校教師、静かな礼拝
…一般の方はこの礼拝にご参加ください。
…日曜日に礼拝できない方のために


●冠婚葬祭 結婚やお葬式について
結婚式を教会で挙げたい 教会の結婚式 Chapel Wedding
結婚式の進行 式の進行の模様
葬儀について 教会でのお葬式
葬儀に参列される方のためのQ&A 参列される方のために

●合唱 Together あなたも賛美歌合唱(コーラス)の輪にどうぞ
 初心者も歓迎です。


  ●韓国語講座 (ハングルクラス) 韓国語は楽しいですよ。 (現在、初心者の方
 の募集はしておりません。ごめんなさい)
 
   
  ●フラワー アレンジメント教室 フラワーアレンジメント(お花による装飾)教室です 
     
●クリスマスとイースター
クリスマス クリスマス メッセージとごあんない
 
イースター イースター メッセージとごあんない

東広島 ニュース東広島 結婚式東広島 クワイヤ東広島 緑の牧場キリスト教会 青年会東広島 イースター




 
 教会の歴史・アルバム
  ●教会のミッションステートメント みどりのまきばのミッションステートメントを
オリジナルソングと共にYou Tube で紹介しています。
     
●あしあと (アルバム ↓) 感謝のご報告
    2018年感謝の恵み  7年計画の4年目 
    2017年感謝の恵み  7年計画の3年目 
    2016年感謝の恵み  7年計画の2年目 
    2015年感謝の恵み 7年計画 (みどりのまきばレインボー計画) 開始 
    2014年感謝の恵み  いただいた夢に向かって 
    2013年感謝の恵み  教会は主のもの、それゆえみんなのもの 話し合って一歩ずつ 
    2012年感謝の恵み  地域に仕える教会として 
    2011年感謝の恵み  学びの多い一年でした 
    2010年感謝の恵み  いつも喜んでいなさい 喜びってな~に
    2009年感謝の恵み  教会の使命を意識して 
    2008年感謝の恵み  和が広がる 
    2007年感謝の恵み  ミッション旅行 野外礼拝 外国人留学生と 
    2006年感謝の恵み  対人関係を学ぶ 結婚について学ぶ 
    2005年感謝の恵み  心の病を理解する 子どもたちの合宿 
    2004年感謝の恵み  セルグループ カンファレンス バプテスト大会 
    2003年感謝の恵み  セルグループ、そしてセルグループ Happy 
    2002年感謝の恵み  セルは人を大切にする愛を育てる場 
    2001年感謝の恵みつづき  東広島市民クリスマスで合唱トゥゲザーが発表 Oh Happy Day ! 
    2001年感謝の恵み  韓国料理大好き 
    2000年感謝の恵み  納骨堂設置 若者が育っています 
    1999年感謝の恵み  シンガポール・セルグループ・チームを迎えて 
    1998年感謝の恵みクリスマス  かわいい子どもたち キャロリング 
    1998年感謝の恵み  セル教会ガイドブック 出版しました 
       
●教会の歴史 教会が大切にしてきた歴史

●教会の建築 奇蹟と祈りと奉仕の喜びによって建てられました

●東広島市のご紹介 東広島市を簡単にご紹介します

東広島 緑の牧場キリスト教会 感謝の報告東広島 緑の牧場キリスト教会 歴史東広島 2×4 建築高屋 子ども会 緑の牧場中四国 バプテスト大会東広島 緑の牧場キリスト教会 inde

 さらに…

●リンク リンク集です
   
 
  ●お勧めの教会   
   札幌バプテスト教会 緑の牧場出身の石橋大輔牧師のいる教会です。
ぜひ、お訪ねください。
   ライフ・ツリー・クライスト・チャーチ 緑の牧場出身の酒井信牧師のいる福岡市内の教会です。
ぜひ、お訪ねください。 

●更新記録 更新記録です

●ゲストノート (掲示板) どうぞ自由にお書き込み下さい

●メイリングリスト 加入  メイリングリストに入りませんか?無料です

結婚・すばらしい夫婦となるためにシリーズ
(男女の考え方の違い・心のすれ違い?など№1-№55)
メンバーのみ。
公開はしていません。

  ●「みどりのまきばだより」最新号 教会発行伝道誌「みどりのまきばだより」の最新号ファイル
     
●おまけ 牧師のプログ 個人的なものです。 礼拝メッセージ・牧会理念・
ミッションステートメントなどを掲載しています。

東広島 緑の牧場キリスト教会 教会リンク東広島 緑の牧場キリスト教会 更新歴


Jesus is alive
 

東広島 教会


東広島 教会

東広島 日本バプテスト連盟 緑の牧場キリスト教会 みどりのまきばキリスト教会
Japan Baptist Convention Higashihiroshima Midorino Makiba Christ Church







 地震について、どうしたら良いか、各国の言葉で書かれています。
  外国のお友達に教えてあげてください。

  If your friend is staying in Japan. Please forward this information
  Manual: Japan earthquake how to protect yourself

   ここですJapan earthquake how to protect yourself … http://nip0.wordpress.com/

--------------------------------------------------

緑の牧場キリスト教会のミッションステートメント ソング

○下のYoutubeの動画は、「緑の牧場教会 の ミッションステートメント」 を歌ったものです。

 写真は少し古いものです。音声が出ます。

 クリックしたらご覧になることができます。

 どうぞご覧ください。


  https://www.youtube.com/watch?v=8sCaQQssKHk&feature=youtu.be





***** 今週の礼拝メッセージ 日本語 ******

みなさん、どうぞ礼拝においでください。
この欄は、どうしても物理的に礼拝に参加できない方のために用意されたものです。
祈りと心を教会に繋げて、いっしょに礼拝できるようになりますように。
                     

20190915   「主は傷んだ葦を手に握られる」        マタイ12:14-21                          

今日は生かされて感謝礼拝です。
生かされていることを感謝したいと思います。
神様に生かされている、それはどういうことでしょうか?ごいっしょに考えて神様に礼拝をおささげしたいと思います。

■葦のもつ弱さ
さて、イザヤの預言の言葉の20節にはこのように書かれています。
「彼はいたんだ葦を折ることもなく」
救い主キリストは傷んだ葦を折ることはされない優しいお方であると預言されています。
かつて、パスカルは、「人間は考える葦である」と言いました。
彼はイエスさまを信じて生きました。

葦は川のそばでまっすぐに育つ植物です。
6メートルの高さにもなるものもあるそうです。
葦はヘブル語で「クウオナー」といいますが、それは槍という意味です。
葦は、かつて槍や弓矢としても使われました。
先日、文房具屋さんに行きましたら、葦のペンがありました。太い文字を書く時に使うのだそうです。
また、葦で笛を作ります。ものさしとしても使われるそうです。

しかしながら、パスカルが言ったように、葦は弱いものの代表です。
しかもそれが傷んでいる葦であるならなおさらのことです。
人間は葦のようなものです。
肉体的にも、精神的にも、霊的にも弱いものです。
人の体はとても精巧に造られていますが、寿命があります。
季節が変わると調子も悪くなりますね。
また、精神的にも弱いものです。
とても傷つきやすい存在です。

また霊的には、罪の故に目が見えないというような存在です。
旧約聖書には、「主は、イスラエルを打って、水に揺らぐ葦のようにし (1列王14:15)」と書かれています。
ここではユダヤ民族が葦に譬えられています。
ユダヤ民族も弱い民族でした。
ユダヤとは流浪の民という意味です。
ユダヤ人は苦難の歴史を持っています。
周りの大国によって苦しみを味わい続けてきました。そして流浪の民でもありました。
まさに、傷んだ葦です。

■葦のもつ強さ
しかしながら葦は弱いだけではありません。
まっすぐに立ち、不思議な強さを持っています。
中が空洞になっていて、風が吹くと横になびくのですが、しかしまた元に戻る強さがあります。
イエス様はバプテスマのヨハネについて群集に尋ねられました。「あなたがたは、何を見に荒野に出ていったのですか。風に揺れる葦ですか。」(マタイ11:7)
バプテスマのヨハネはとても弱いものでしたが、しかし、まっすぐ正しいことを伝え、容易に風潮に流されない強さを持っていました。

私たち、イエス様によって生かされている者もまた、葦のようです。
一見すると弱そうですが、不思議な強さを持っているのです。
パウロは2コリント4章8-10節で言いました。
「8 私たちは、四方八方から苦しめられますが、窮することはありません。途方にくれていますが、行きづまることはありません。
9 迫害されていますが、見捨てられることはありません。倒されますが、滅びません。
10 いつでもイエスの死をこの身に帯びていますが、それは、イエスのいのちが私たちの身において明らかに示されるためです。」
力強さを感じますね。
また2コリント6章8-10節でこのように言っています。
「また、ほめられたり、そしられたり、悪評を受けたり、好評を博したりすることによって、自分を神のしもべとして推薦しているのです。私たちは人をだます者のように見えても、真実であり、
9 人に知られないようでも、よく知られ、死にそうでも、見よ、生きており、罰せられているようであっても、殺されず、
10 悲しんでいるようでも、いつも喜んでおり、貧しいようでも、多くの人を富ませ、何も持たないようでも、すべてのものを持っています。」
このような不思議な強さはどこから来るのでしょうか?


■イエス様の手に握られていた葦
葦について聖書を調べていたらある個所に目が止まりました。
マタイ福音書27章29節です。
そこにはこのように記されています。
「29 それから、いばらで冠を編み、頭にかぶらせ、右手に葦を持たせた。そして、彼らはイエスの前にひざまずいて、からかって言った。「ユダヤ人の王さま。ばんざい。」」
ここには、十字架にかけられる直前の救い主イエス様の姿が描かれています。
ローマの兵隊達は、イエス様に緋色の上着を着せて、こっけいな王様としてあざわらいました。
また「ユダヤの王さまばんざい」と言って、イエス様の頭に茨の冠をかぶせました。
イエス様の頭や額からは血が流れ落ちました。
そして、王の持つ杖の代わりに、右手に葦を持たせたのです。
イエス様の姿を想像できますか?
イエス様は葦を持たれました。
イエス様の手の中に握られた葦は、私たちです。
私たちは肉体的にも、精神的にも、霊的にも弱いものです。
しかし王の右手に握られた杖は、王の力の印です。
弱い私たちでも、イエス様の右手にしっかりと握られた時、不思議な強さを与えられるのです。
「私たちは、四方八方から苦しめられますが、窮することはありません。途方にくれていますが、行きづまることはありません。」そのような強さが与えられています。
みなさん。弱くても、傷ついていても、心配いりません。イエス様の手に握られているのです。
能力がなくても心配いりません。イエス様が用いてくださるからです。

■希望に生きる
イエス様はあなたもわたしもしっかりとその手の中に守っていてくださいます。
だからこそ、私たちはいろいろなものを手放していきようと思います。
自分自身のことを振り返ると、若い時は何かを手に入れることを願いました。
例えば、オートバイ、楽器、など。
でも年齢を重ねた今は、手放していくことを願っています。
目に見えないことを残し、目に見える物は手放していきたいと考えます。

ヤンシーという方が、「誰も書かなかったイエス」という本にこんなことを書いておられました。
長いですが、引用させていただきます。
***
私の妻のジャネットは、合衆国で最も貧しいコミュニティーであると思われるシカゴ公営住
宅団地の近くで高齢者介助の仕事をしていた。
担当したお年寄りは白人と黒人が半々だった。
皆、厳しい時代、二つの世界大戦、大恐慌、社会の大変動、を生きてきた人々であり、皆、
七十代か八十代で、死を意識しながら生きていた。
しかしジャネットは、死に向かう態度が白人と黒人で大きく違うことに気がついた。
もちろん例外はあったが、一般的な傾向はこうだった。
白人の多くは恐れや心配をますます強くしていった。
彼らは自分たちの生活や家族、衰えていく健康について不満を漏らした。
黒人はそれとは対照的に、辛い思いや絶望を味わうだけの、より明白な理由があっても、ユーモアを失わず、意気軒昂(いきけんこう)としていた。
この展望の違いはどこから来ているのだろう。
ジャネットは、答は希望だと結論した。
黒人の根底にある、天国を信じる気持ちから直接来ている希望である。
もしも現代の天国のイメージを知りたかったら、黒人の葬式に幾つか出席してみればよい。
黒人説教者は雄弁さを特徴とするが、彼らの言葉は非常に穏やかで美しい生活を描き出すので、誰もがそこに行きたくてうずうずし出す。
会葬者たちは当然のことながら深い悲しみを感じているのだが、そのふさわしい場所において悲しんでいる。
つまり終局が既に決定されている戦いでの一時的敗北、中断としての悲しみである。
***

私たちは弱くて、傷んで、悲しみます。
挫折することもあります。
でも、鞭打たれて悲しみの中におられるイエス様が、あなたをしっかりと守ってくださっています。
そして、希望が私たちの心の中に力を与えます。
生かされていることに平安を覚え、感謝しながら、ともに歩んでまいりましょう。
お祈りをいたします。





Mattew 12:14-21                          
Today is “We really appreciate that God makes us alive – service.”
I would like for us to think about “we are alive” and worship God today.
Now, ver.20, the prediction word of Isaiah says;
" He will not break off a bent reed."
It is predicted that the Savior the Christ is so gentle that He does not break off a bent reed.
As you know, a Christian named Pascal said, "Man is a reed which can consider."

Reed is a plant that grows up straightly near a river.
Some kinds of reeds become also 6m high.
Reed is “quauner” in Hebrew, it means spear.
Reeds were used as spears or arrows.
When I went to a stationery store in the other day, I saw pens made from reed to write thick characters.
Moreover, whistles are made from reed. And reed is used also as a ruler.
However, as Pascal said, reed is a representation of weak things.
It is still truer if the reed is bruised.
Man is like a reed.
Man is weak in physical, in mental, and in spirit.
Although human's body is made very elaborately, it has a life span.
When a season changes, the body becomes in poor condition.
Moreover, it is mentally weak.
We are the existences that is very easy to get damaged.

Moreover, we are the existences not to see spiritual things enough on account of sin.
And it is written in the Old Testament, " The Lord will punish Israel, and she will shake like a reed shaking in a stream”
Here, the Judea race is compared to a reed.
The Judea race was also a weak race.
“Judea” means “the people of vagrancy”.
Jewish has the history of distress.
They has experienced pain by the surrounding major nations. And they were also the people of vagrancy.
The Judea is just bruised reed.

Merit the reed has
However, reed has merits.
It stands straightly and has wonderful strength.
Its inside is the cave, and although reed flutters when a wind blows, it has strength to return again.
Jesus asked to the crowd about John the baptism. " What did you go out into the wilderness to see? A reed shaken by the wind?”

Although John the baptism was weak, he told the truth straightly and had the strength not easily passed by the trend.
We those who are lived by Jesus are also like reeds.
Although we are likely to be weak, we have wonderful strength.

Paul said in 2 Cor 4:8-10;
“4:8 We are hard pressed on every side, yet not crushed; we are perplexed, but not in despair;
9 persecuted, but not forsaken; struck down, but not destroyed-
10 always carrying about in the body the dying of the Lord Jesus, that the life of Jesus also may be manifested in our body.
We can feel powerful.
And it is said in 2 Cor 6:8-10;
"8 by honor and dishonor, by evil report and good report; as deceivers, and yet true;
9 as unknown, and yet well known; as dying, and behold we live; as chastened, and yet not killed;
10 as sorrowful, yet always rejoicing; as poor, yet making many rich; as having nothing, and yet possessing all things.
Where does such wonderful strength comes from?

a reed grasped by Jesus' hand
When consulting the Bible about a reed, my eye stopped at a certain part.
It was Mat 27:29.
It is described:
" 29 When they had twisted a crown of thorns, they put it on His head, and a reed in His right hand. And they bowed the knee before Him and mocked Him, saying, "Hail, King of the Jews!"
Here, the figure of the Savior Jesus just before crucified is shown.
The soldiers of Rome dressed Jesus with the coat of read, and laughed at Him as a humorous king.
Moreover, calling "Hail. The king of Judea", they put the thorny crown on Jesus' head.
Blood flowed down from Jesus' head and frame.
And they made Jesus take a reed in His right hand instead of the cane a king has.
Can you image the figure of Jesus?
Jesus took a reed in His hand.
The reed grasped in Jesus' hand is each of us.
We are weak in physical, in mental, and in spiritual.
However, the cane grasped in the right hand of the king is the mark of a king's power.
Even if we are weak, but when we are grasped in the right hand of Jesus firmly, we can give a wonderful strength.
" We are hard pressed on every side, yet not crushed; we are perplexed, but not in despair "
Such strength is given.
Even if we are weak, even if we has got damaged, we do not need anxious. For we are grasped in Jesus’ hand.
And Jesus uses the reed as the king's cane.

■ Live in hope
Jesus keeps you and me firmly in His hand.
That is why we want to let go of various things.
Looking back at myself, when I was young I wanted to get something.
For example, motorcycles and musical instruments, etc.
But now that I'm older, I hope to let something go.
I want to leave invisible things and let visible things go.

Philip Yancey wrote a book called "The Jesus I Never Knew.”
I will quote and introduce sentences to you.
***
My wife Janet was working for the elderly in the vicinity of the houseing bomplex near a Chicago public residence that seems to be the poorest community in the United States.
The elderly she took care in were half of them were white and other half were black.
They had lived through tough times, two world wars, the Great Depression, and the great social change. And their age were seventies or eighties. They were conscious of death.
However, Janet noticed that the attitude toward death was very different between whites and blacks.
Of course there were exceptions, but the general trend was this.
Many of the whites became increasingly fearful and worried.
They complained about their lives, their families, and declining health.
Blacks, in contrast, did not lose humor, even if there was a more obvious reason to experience pain and despair.
Where does this difference in perspective come from?
Janet concluded that the answer was hope.
It is hope that comes directly from the feelings of believing in heaven, which is the foundation of black people.
If you want to know the image of heaven today, you can attend several black funerals.
Black preachers are characterized by eloquence, but their words portray a very calm and beautiful life, so everyone wants to go there and tingle.
The mourners naturally feel deep sorrow, but they are sad at the right place.
In other words, it is a sorrow as a temporary defeat or interruption in a battle that has already been finalized.

We are weak, hurt and sad.
Sometimes you get frustrated.
However, Jesus who is whipped and in sadness protects you well.
And hope empowers our hearts.
Let's walk together with peace and appreciation for being alive.
Let us pray.


日本バプテスト連盟 東広島 緑の牧場キリスト教会 (みどりのまきばきりすときょうかい)

日曜礼拝メッセージ
Japan Baptist Convention  Higashi-Hiroshima city Green Pasture International Christian Church
http://midori.church.jp



ご覧くださりありがとうございます。

あなたが教会に求めておられることは何ですか?

何か相談したいことがおありですか?

よろしかったら電話かメイルを下さいませんか?


東広島 緑の牧場キリスト教会 コンタクト⇒右のカットをクリックしてください 
 このアドレスは1回/週位しかチェックしませんので、お急ぎの方は電話をお願いいたします。

  082-425-5454