緑の牧場キリスト教会 -みどりまきば-


 あなたに命をあたえておられるかみさまは、あなたにどうしても知ってほしいと願っておられることがあります。

 それは…
   あなたの父なる神さまはあなたを全く受け入れ、
   あなたを大切に思い、愛し、
   どんな時でもあなたのそばにおられる、 ということです。

      この福音を心を開いて受け入れられませんか? 
      あなたの人生はさらに自由に、さらに温かく、さらにいとおしいものとなり、
      それは周りの大切な人々にもすばらしい影響を与えることでしょう。


 その父なる神さまを礼拝するためにあなたの みどりのまきば にどうぞおいでください。
 お待ちしています。



 
   
東広島 成長の印 緑の牧場教会についてご紹介いたします
       
-初めての方はこちらをご覧下さい-
  東広島みどりのまきばキリスト教会 成長の印 イベントのご案内です。クリックしてご覧ください
  2021年 月更新
  東広島市緑の牧場キリスト教会 成長の印 最近の歩みを写真でごらんいただけます
   ここをクリックしてどうぞごらんください
  2021年 月更新
   東広島 緑の牧場キリスト教会 愛初めての方に、「どうぞ心配しないで…」
   ひとりひとりの生きがいとご成長に
        少しでも貢献できれば…と願っています。
   キリスト教について知りたい方のために
        とても良い教材とクラスを用意しています 
  ↑ お知りになりたい事柄を クリックしてください
 
 
    スマートフォン・携帯の方はこちらでごらんください・・・ http://habommm.wixsite.com/midorinomakiba 
緑の牧場キリスト教会
Higashihiroshima city midorinomakiba Church  広島県東広島市西条町田口2799
東広島教会チャペルは、東広島市 広島大学 (広大)のそばにあります 

最近の「緑の牧場だより」です。裏面に教会の集会案内やクリスマス案内を掲載しております。

下の写真をクリックされるとPDFファイルで見ることがおできになります。

 

 緑の牧場キリスト教会の 新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)についての対応

Zoom (インターネット)を通して、共に励まし合い、歩みつづけています。 Come and Join us ! 

教会のメンバーで、これからの礼拝について話し合いました。

その結果、

● 現在は、注意しながら集まることに重点を移すことになりました。

  しかしながら従来通り、集まるのが心配な方、体調がすぐれない方のために、Zoomでの礼拝も

  続けて致します。

1) 礼拝 第一礼拝  日曜日9時30分- 会堂
第二礼拝  日曜日10時30分- 会堂+多目的ホール+ Zoom
2) 分級礼拝 礼拝後  会堂+多目的ホール+Zoom
3) セルグループ 週日  家庭+教会+Zoom
4) 聖書教育誌を学び、祈る会 水曜日  19時30分- Zoom
5) 聖書を読んで祈る会 木曜日  10時- 教会+Zoom
6) 聖徒会(信徒会)  第二日曜  礼拝後
7) 学び会
8) マイルーツクラス(分かりやすいキリスト教入門) 希望日時  教会かZoom

 に
参加することができます



     
   
礼拝の中でみんなで挨拶するとこのようになります      礼拝の途中はこのようなイメージです
                                           前に透明のスクリーンを設置しています。

 Zoomでの礼拝に参加を希望される方は、まずご連絡ください。
   電話 082- 425- 5454です。
   しばらくの期間、牧師とお話する機会をください。
   その後、ID パスワード(定期的に変えてゆきます)をお伝えできると思います。

  

小グループ、祈り会、執事会
  教会にとって、小グループの深い交わり、聖書研究祈り会、
  執事会や信徒会、学びの時、などはとても大切であると思います。
  
それぞれの家々に居ながら、Zoomを通して、深い話し合い、交わりができます。

 この機会に、
  キリスト教入門クラス マイルーツクラス をオンラインで受講されませんか? 

  きっと新しい世界が開かれるのではないかと思います。
  無料ですし、途中でやめることもできます。 
  終了後に何かを強制することもございません。どうぞご安心ください。

     お互い、適切な距離、うがい、手洗い、顔洗い、に気を付けましょうね。


  私たち緑の牧場キリスト教会は…
 
 私たち緑の牧場キリスト教会は…


正直で誠実であることを求めます。
 日進月歩のキリスト教神学を初めとして、様々な学問の成果を尊重し受け入れます。
 借り物の自分で飾ることなく、正直に自分(たち)と向き合い、誠実に歩みます。

・聖書は教会というコミュニティから生まれました。
 それゆえに、聖書を個人で読むことも大切ですが、複数で読むことを大切にいたします。
 牧師や神父が話をして他の人は聞いているということではなく、
 自由な対話による聖書の解釈の深まりを求めます。
 自分の頭と心で考え、聖書から気づきを与えられたり、わからないことを話し合ったり、
 それぞれの意見を聴き合ったりすることで、さらに聖書の言葉が生きてくると信じています。
 イエス様に支えられ導かれながら丁寧に生きてゆきます。

・情報はできる限り公開し、信用と信頼関係を築くことを大切にいたします。
 個人的な情報は公開しませんが、それ以外の教会の活動や会計などは原則公開します。
 そして、信用と相互の信頼関係を築くことを大切にいたします。

・民主主義的な教会運営を守ります。
 民主主義が形骸化する現代の流れの中で、私たちは共に話し合い、共に決めてゆくことを大切にしてゆきます。
 一人ひとりの意見や考えを尊重し合うことにより差別を無くし、多様性の中にも一致を見出し築くために努力します。
 強制することを退け、それぞれの自主的な教会形成参加を促します。

・弱い立場の人を大切にし、支え合うコミュニティを作ります。
 自らの弱さを知っている者たちとして、弱い立場の人々を大切にし、人が孤立・孤独化する中で、
 心と存在を支え合うコミュニティを作ります。

・暴力を無くし、安全な場所を作ります。
 バプテストは上下関係がありませんので、ハラスメントが発生しにくい集まりであるとは思いますが、
 それでもなお私たちは暴力を無くすために努力します。
 バプテスト連盟の中には 「ハラスメント防止相談委員会」 があり、利用することができます。

・個人の存在の価値を確認し合います。
 不安、価値喪失、自信喪失する中で、一人ひとりの存在の価値を認め、関係を築き、
 愛し合う社会を築くために努力いたします。
 「それでも人生はすばらしい。人生はうつくしい」と言っていたいと願います。


私どもバプテストは、世界のプロテスタントの代表的な教会です。
 私どもはバプテスト派の教会です。
 そして、他のキリスト教のさまざまな教派や団体とも親しく交わり協力し合っています。
 ただし、ものみの塔(エホバの証人)・末日聖徒イエスキリスト教会(モルモン教)・
 世界基督教統一神霊協会(統一教会・原理運動)・オウム真理教、とは本質的に(特に中心部分において)異なっています。
 

 
 
キリスト教ABC「マイルーツクラス」

   キリスト教ABC「マイルーツクラス」は新しくなりました。 
     ここをクリックしPDFファイルでご覧ください。



 緑の牧場キリスト教会 中長期計画 (レインボー計画)
 
  緑の牧場中長期計画(2015年~2022年 レインボー計画 100 KB)

    をご覧になりたい方は
 クリック してください。
    < 
rainbow-plan.pdf ファイル > のダウンロードが始まります。
    そして、いっしょにすばらしい夢のある人生を歩まれませんか?
    Come and Join us !

    ***********************************
   図をご覧になりたい方はこちらの図をクリックしてください。pdfファイルで見ることができます。

    
 
 聖書日課
     聖書日課 をダウンロードされる方は下の図をクリックしてください。
     ダウンロードが始まります。 


  

 現在のものは…2021年3月- のものです

  2021年 今後の予定 どの集会にもあなたを歓迎いたします。どうぞご参加ください。
 
 
 【月】   

 「境界線(バウンダリー)と傾聴の学び」をいたします 

人間関係を築く境界線(バウンダリー)と傾聴の学びをいたします。

無料ですが、教科書が必要です。 各自、ご用意ください。『境界線』地引網出版 です。参加されたい方はご連絡ください。



・・・感染防止のためしばらくお休みしていましたが、10月24日より再開することになりました。
 

 

  SATO☆まきばのばんごはん   (子ども食堂)
 
 毎月一回、SATO☆まきばのばんごはん をしています。

 今は、集まって食べることができないので、お弁当を作って配付しています。

 下の写真はクリックされると、pdfファイルで見ることができます。

 

 

   まきばのCafe
 
 居場所づくりの一つとして開いています。
 
   

 あなたも教会に来て、ゆっくりされませんか?

 

 フラワーアレンジメント のページ を更新いたしました


 上の写真をクリックしてくださいませんか?  Flower Arrangement 教室 のページに行きます。

 いろいろなところで開かれていますが、教会では、月の第三土曜日午後1時30分-しています。
 ただ、日時を変更する場合もありますので教会にお尋ねください。
 

 
 
 

 中学生、高校生のクラス   (みどりのまきば Zoom)

  今までに緑の牧場に来たことのある中学生、高校生のお友達へ 

  
今年度は、

 
 ・田中先生 安先生 Ting先生 の3名の先生方が、いっしょに歩んでくださっています。


  あなたも加わってください。またご意見をください。

  連絡を待っています。

  楽しいイベントも計画されているようですよ。




 合唱 Together 

 月に二度位の割合で練習してきました。

 しかし今は、COVID-19感染防止のため、休止しています。

 でもまた、いつか再開します。参加されたい方はまずご連絡をいただけますでしょうか?

  


 

  下はこのサイトの一覧です。   左の項目クリックしてくださると見ることができます。   どうぞゆっくりごらんください。

 緑の牧場キリスト教会

緑の牧場教会について 初めての方は どうぞこちらをごらん下さい

●牧師から ごあいさつ 牧師からあなたに一言ごあいさつを

●緑の牧場教会のビジョン 三つの愛 と 人生のダイヤモンド

私たちが大切にしている概念 私たちが大切にしているかんがえがあります

●バプテスト 私どもは世界中で信頼されているプロテスタントの教会です

●教会Q&A ご質問を歓迎いたします。

●地図 (map) 教会の場所(東広島にあるんですよ)

  ●カルト宗教とキリスト教 カルト宗教との違いについて 
     
●セルグループ 聖書に記されている教会をめざしています
セルグループとは? セルグループって?
セル教会ガイドプック 私どもが翻訳した本の紹介(セル教会)
トレーニングマニュアル 私どもが翻訳した本の紹介(セルリーダー)
セルグループ/私たちの場合 緑の牧場でのセルの始まり
セル感謝礼拝メッセージ セルのことが少しはご理解いただけるかもしれません
セル感謝礼拝スライド 感謝礼拝の時のスライドです
セルグループ国際大会 下の二つのサイトをごらんください
報告:酒井牧師 シンガポールセル大会の模様
報告:南原姉妹 シンガポールセル大会の模様

●私たちはこう考えます 私たちの言葉
信仰告白 私たちの信じていることは…
親と子(子育て) 親子の関係
子どもの人権について 子どもと共に
世界の飢餓について 世界に心を開きたいですね
聖書の終末観 終末(世の終わり)は恐くはありません
なぜ人を殺してはいけないのか? なぜ人を殺してはいけないのでしょうか?
敗戦60年にあたって 声明 日本バプテスト連盟 第51回定期総会
    時間の効果的な使い方  中学生・高校生 

●中国四川省大地震支援報告 支援のご報告
     
  ●東日本大震災支援報告 日本バプテスト連盟の活動と支援のご報告

東広島 緑の牧場キリスト教会東広島 教会 ビジョンセルグループ緑の牧場キリスト教会 酒井牧師東広島 緑の牧場キリスト教会 私たちの考え東広島 緑の牧場キリスト教会 地図



   キリスト教について

●キリスト教ABC -インターネットで学ぶ- 聖書のメッセージがよくわかります
01 私たちの神様 7Mb pdf 神様の愛?
02 イエスキリスト 6.4Mb pdf イエスキリスト・十字架と復活?
03 聖霊なる神様 5Mb pdf もう一人の主、慰め主
04 人間 11Mb pdf 人間の価値と救い
05 福音と信仰 10Mb pdf 福音? 信仰?盲信ではなく…
06 教会 2.5Mb pdf 教会とは
07 聖書 5.6Mb pdf 聖書 隠れたベストセラー
08 祈り 3Mb pdf 祈りは天国の祝福を開くカギ
09 礼拝 1.8Mb pdf 礼拝の意味は
10 賜物と奉仕 4Mb pdf 成長のカギ (内容が教会員向けです)
11 感謝と献金 4Mb pdf 感謝 ささげもの (内容が教会員向けです)
12 伝道  4Mb pdf 伝道は愛・アイ・あい (内容が教会員向けです)
13 バプテスマ 8Mb pdf 洗礼 バプテスマ
14 バプテスト 3.6Mb pdf バプテスト?
 ご質問に答えて どうぞご質問ください(現在、リンクがありません)

          ●「キリスト教ABC」を、ヤッフーメッセンジャー あるいは スカイプで受講を希望される方、
             詳しいことをお知りになりたい方は
 までご連絡下さい。
●聖書のことば 聖書の中から少しだけご紹介…

●マンガ聖書のお話
ほうとう息子のたとえ話 神様ってどんなお方?
種は100倍に 神様の言葉が心の中に蒔かれると…
敵を愛せよ 武田くんと上杉くんの物語
ポーじいさんと小さなカタツムリ どうしておじさんは小さくなったのかなぁ?
海をわたった侍 十字架は私のために
バベルの塔 こ と ば … 
あなたこそ神の子キリストです 苦難の嵐の中にいても大丈夫だよ
最も大切なものは マルタとマリヤさん
幸せな人生? 彼の人生は祝福されていたのかな?
祈りの力 例えば、祈りの力って、
クリスマスプレゼント 本当のクリスマスプレゼントは
復活は事実なの? 復活はあったんだよ
宝物 あなたの宝物は?


●クリスチャンになるには どうしたらクリスチャンになれるの?

●7つの救い 信じると与えられる7つの救い

●クリスチャンの成長 クリスチャンは成長してゆけるので楽しいのです

●体験談 (あかし集)  信仰の言葉・体験談集
以前私はエホバの証人でした… (Kさん)
創造の神様を讃美いたします (Bさん)
主の祈りのような生活を (Bさん)
主は尽きることのない喜びと力の源 (Eさん)
愛と恵を受けて (Yさん)
分かってきました (Mさん)
Mテレサの施設を訪ねて (Cさん)
大変な時こそチャンス (Nさん)
神様が与えてくださったもの (Mさん)
主に出会って (Sさん)
性的な清さの領域においても (Cさん)
学校に行けない子どもたち 不登校(登校拒否)について 
ピュアな光 臨死体験 (Wさん)
少年少女大会に参加して (Sさん)
神様の無条件の愛とゆるし (Bさん)
ルワンダを訪ねて (Sさん)

東広島 緑の牧場キリスト教会 インターネットで学ぶ キリスト教の初歩東広島 緑の牧場キリスト教会 クリスチャンに東広島 緑の牧場キリスト教会 聖書東広島 緑の牧場キリスト教会 キリスト教の救い東広島 緑の牧場キリスト教会 体験談 あかし東広島 緑の牧場キリスト教会 質問 疑問東広島市 体験談 教会
東広島 緑の牧場キリスト教会 まんが東広島 緑の牧場キリスト教会 イースター東広島 緑の牧場キリスト教会 青年バンド




 いろいろな集まり (地域の方々を愛し、地域の方々に仕える教会として)

●ニュース イベント イベントの予定など

●集会案内 ・楽しい礼拝 ・セルグループ
・聖書研究祈りの会 ・子ども教会学校
・マイルーツ ・マイツリー
・韓国語クラス ・フラワーアレンジメント
・合唱 ・結婚カウンセリング
・親子関係講座 などのご案内
  ~あなたもぜひ参加してみてください~


●礼拝 (Service) あなたもどうぞ (英語バイリンガル、あるいは英語原稿あり)
Higashi Hiroshima Church, bilingual service
礼拝のプログラム 日曜日の礼拝の具体的な内容

       日曜日 9時15分~ 第一礼拝
       日曜日10時30分~ 第二礼拝
       土曜日夕6時45分~ 夕礼拝
…教会学校教師、静かな礼拝
…一般の方はこの礼拝にご参加ください。
…日曜日に礼拝できない方のために


●冠婚葬祭 結婚やお葬式について
結婚式を教会で挙げたい 教会の結婚式 Chapel Wedding
結婚式の進行 式の進行の模様
葬儀について 教会でのお葬式
葬儀に参列される方のためのQ&A 参列される方のために

●合唱 Together あなたも賛美歌合唱(コーラス)の輪にどうぞ
 初心者も歓迎です。


  ●韓国語講座 (ハングルクラス) 韓国語は楽しいですよ。 (現在、初心者の方
 の募集はしておりません。ごめんなさい)
 
   
  ●フラワー アレンジメント教室 フラワーアレンジメント(お花による装飾)教室です 
     
●クリスマスとイースター
クリスマス クリスマス メッセージとごあんない
 
イースター イースター メッセージとごあんない

東広島 ニュース東広島 結婚式東広島 クワイヤ東広島 緑の牧場キリスト教会 青年会東広島 イースター




 
 教会の歴史・アルバム
  ●教会のミッションステートメント みどりのまきばのミッションステートメントを
オリジナルソングと共にYou Tube で紹介しています。
     
●あしあと (アルバム ↓) 感謝のご報告
    2018年感謝の恵み  7年計画の4年目 
    2017年感謝の恵み  7年計画の3年目 
    2016年感謝の恵み  7年計画の2年目 
    2015年感謝の恵み 7年計画 (みどりのまきばレインボー計画) 開始 
    2014年感謝の恵み  いただいた夢に向かって 
    2013年感謝の恵み  教会は主のもの、それゆえみんなのもの 話し合って一歩ずつ 
    2012年感謝の恵み  地域に仕える教会として 
    2011年感謝の恵み  学びの多い一年でした 
    2010年感謝の恵み  いつも喜んでいなさい 喜びってな~に
    2009年感謝の恵み  教会の使命を意識して 
    2008年感謝の恵み  和が広がる 
    2007年感謝の恵み  ミッション旅行 野外礼拝 外国人留学生と 
    2006年感謝の恵み  対人関係を学ぶ 結婚について学ぶ 
    2005年感謝の恵み  心の病を理解する 子どもたちの合宿 
    2004年感謝の恵み  セルグループ カンファレンス バプテスト大会 
    2003年感謝の恵み  セルグループ、そしてセルグループ Happy 
    2002年感謝の恵み  セルは人を大切にする愛を育てる場 
    2001年感謝の恵みつづき  東広島市民クリスマスで合唱トゥゲザーが発表 Oh Happy Day ! 
    2001年感謝の恵み  韓国料理大好き 
    2000年感謝の恵み  納骨堂設置 若者が育っています 
    1999年感謝の恵み  シンガポール・セルグループ・チームを迎えて 
    1998年感謝の恵みクリスマス  かわいい子どもたち キャロリング 
    1998年感謝の恵み  セル教会ガイドブック 出版しました 
       
●教会の歴史 教会が大切にしてきた歴史

●教会の建築 奇蹟と祈りと奉仕の喜びによって建てられました

●東広島市のご紹介 東広島市を簡単にご紹介します

東広島 緑の牧場キリスト教会 感謝の報告東広島 緑の牧場キリスト教会 歴史東広島 2×4 建築高屋 子ども会 緑の牧場中四国 バプテスト大会東広島 緑の牧場キリスト教会 inde

 さらに…

●リンク リンク集です
   
 
  ●お勧めの教会   
   札幌バプテスト教会 緑の牧場出身の石橋大輔牧師のいる教会です。
ぜひ、お訪ねください。
   ライフ・ツリー・クライスト・チャーチ 緑の牧場出身の酒井信牧師のいる福岡市内の教会です。
ぜひ、お訪ねください。 

●更新記録 更新記録です

●ゲストノート (掲示板) どうぞ自由にお書き込み下さい

●メイリングリスト 加入  メイリングリストに入りませんか?無料です

結婚・すばらしい夫婦となるためにシリーズ
(男女の考え方の違い・心のすれ違い?など№1-№55)
メンバーのみ。
公開はしていません。

  ●「みどりのまきばだより」最新号 教会発行伝道誌「みどりのまきばだより」の最新号ファイル
     
●おまけ 牧師のプログ 個人的なものです。 礼拝メッセージ・牧会理念・
ミッションステートメントなどを掲載しています。

東広島 緑の牧場キリスト教会 教会リンク東広島 緑の牧場キリスト教会 更新歴


Jesus is alive
 

東広島 教会


東広島 教会

東広島 日本バプテスト連盟 緑の牧場キリスト教会 みどりのまきばキリスト教会
Japan Baptist Convention Higashihiroshima Midorino Makiba Christ Church







 地震について、どうしたら良いか、各国の言葉で書かれています。
  外国のお友達に教えてあげてください。

  If your friend is staying in Japan. Please forward this information
  Manual: Japan earthquake how to protect yourself

   ここですJapan earthquake how to protect yourself … http://nip0.wordpress.com/

--------------------------------------------------

緑の牧場キリスト教会のミッションステートメント ソング

○下のYoutubeの動画は、「緑の牧場教会 の ミッションステートメント」 を歌ったものです。

 写真は少し古いものです。音声が出ます。

 クリックしたらご覧になることができます。

 どうぞご覧ください。


  https://www.youtube.com/watch?v=8sCaQQssKHk&feature=youtu.be





***** 今週の礼拝メッセージ 日本語 ******

みなさま、どうぞ教会においでくださって、ごいっしょに礼拝をおささげされませんか?
すばらしい祝福の時となると思います。

ただ、この欄は、どうしても物理的に礼拝に参加できない方のために用意されたものです。
ただ、当日になると、お話はずいぶん変わりますので、なるたけ礼拝にご参加ください。

  新型コロナウイルスが収束するまでの間、Zoomでライブ礼拝 をしています。
ただ、パスワード+入室前のチェック、という二重のセキュリティ対策をさせていただいております。
希望者は牧師にご連絡ください。しばらくの間は、牧師と話をする期間を設けさせていただきます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

聖書:マタイによる福音書6章 25節〜34節

説教題: 神の国と神の義

今日の聖書個所は、献身者として歩いていく中、いつも私に慰めを与え、励ましとなった聖書個所であります。
私は空の鳥より野の花より尊い存在であり、価値ある者であること、神様は私を愛しておられること、
そして、私に必要なものが何か知っておられるお方であり、私に本当に必要なものを最善な形で与えてくださる神様であると、
私に励ましを与えてくださった御言葉を今日、緑の牧場教会の皆さんと共に分かち合いたいと願います。

マタイによる福音書6章25節は「だから」という言葉で始まっています。
それでは、前の節を確認致しましょう。
24節を見ると、「だれも、二人の主人に仕えることはできない。
一方を憎んで他方を愛するか、一方に親しんで他方を軽んじるか、どちらかである。
あなたがたは、神と富とに仕えることはできない。」と書いてあります。
二人の主人とは神と富のことです。
つまり、神様と富を同時に仕えることが不可能であることを意味しています。
もちろん、「富」自体が悪いことではありません。
問題は富に仕えることでしょう。
富に仕えることは、思い煩いを生じることなので、あなたがたは、命と体を造ってくださった神様を信頼して、その神様に仕えなさいと言っているのです。
ということから、富に仕えることによって生じる「思い悩む」に対する強い禁止命令が語られています。
それから、命令に対する理由を教えてくださっています。
空の鳥は神様が養って下さっています。
その神様は私たちの天の父であります。
私たちは鳥よりも価値あるものなのです。
神さまは当然、空の鳥より、私たちの天の父として、すなわち私たちの保護者として、私たちを養って下さるのだとおっしゃっているのです。

27節をお読みします。
「あなたがたのうちだれが、思い悩んだからといって、寿命をわずかでも延ばすことができようか。」
まさにそのとおりです。
人間誰もが思い悩むことによって命を少しでも延ばすことは出来ないのです。
人はひたすら創造者である神様に信頼を寄せ、与えられた時を生きるべきであるのです。
今まで頂いた愛、現在生きている恵み、そしてこれからの希望を与えてくださる神様を覚え、感謝しつついきたいと願います。
28節から30節までは野の花を通して衣服について心配しないように語られています。
自然を通して、神様は私たちに対する愛を表しています。
野の草さえ、神さまの御手をもって装われるなら、人間にはもっと深い配慮をなさるはずでしょう。
自然の美しさは本当に言い切れないほどきれいです。
特に東広島に来てもっと感じられましすが、山々の素敵な景色やきれいな色、そして野の花さえその色や形が取り取りであり、
自然を見ると神様の創造の恵みに驚きますが、まして人間に込められている愛と深い配慮は、もっと驚きほどのものではないでしょうか。

それから、私たちに「思い悩むな」と言って下さるもう一つの理由を、31節から32節にかけて説明しています。
「31:だから、『何を食べようか』『何を飲もうか』『何を着ようか』と言って、思い悩むな。
32:それはみな、異邦人が切に求めているものだ。
あなたがたの天の父は、これらのものがみなあなたがたに必要なことをご存じである。」
私たちの父である神様は、私たちに必要なこのをご存じです。
神様は、もうすでに知っておられるお方なのです。
もしかしたら、自分に必要なものを本人よりも、もっとよく知っておられるのかもしれません。
夕食の準備をしている私のところに子供たちが来て「お母さん、お腹すいたよ。
お菓子でもちょうだい!」という時があります。
子どもたちは、今自分の欲求のためにお腹を満たしてくれる何物でも欲しいと言っています。
しかし、私は子供たちが今お菓子を食べたら夕食を食べられなくなることを知ってるので、お菓子は許しません。
母としてこの子たちの保護者として、子どもたちに必要なものが、ただお腹を満たしてくれる何かではなく、
体のための栄養が取れる夕食であることを知っているから、子どもたちを我慢させるのは当たり前のことだと思います。
この子たちが欲しがってるものだけではなく、この子たちに本当に必要なものを与えようとするのが保護者としての役割であると思います。
私たちの父なる神様は私たちがほしいと思っている以上に、私たちに本当に必要なことが何なのか知っておられます。
私たちのニーズを満たしてくださるお方なのです。
だから、何を食べようか、何を飲もうか、何を着ようか、思い悩むなと言っているのでしょう。

32節の異邦人とは、天の父である神様を知らない者で、異邦人は自分に必要なものを自分で備えなければならないと考えて、
一生懸命に生活のために物質を追求するのです。
しかし、私たちは違います。
神様が私たちの父であると、信じているものです。
私たちのニーズを知って備えてくださる神様に信頼できればどんなに幸いでしょうか。
それでは、私たちに本当に必要なものは何でしょうか。
聖書で言っている食べ物、飲み物、着る物 、すなわち衣食住に関する物質的なものは、世を生きていく中で、なくてはならない物であります。
これらのものは、当然私たちに必要なものであります。
しかしそれだけではなく、イエス様が私たちに教えたい、私たちに本当に必要なものとは何でしょうか。

今日の聖書33節の御言葉を通して教えてくださっています。
「33: 何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。
そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。
」神様はすでに私たちに必要なものを与えてくださっているのかもしれません。
それは、神の国と神の義なのです。
大切なのはすでに与えてくださった神の国と神の義を私たちは求めることであり、そうすれば、他は加えて与えられるのです。
だから、明日のことまで思い悩む必要はなく、私たちの父なる神への信頼を持って日々新しい力を頂くことが大事です。
その時、私たちは思い悩みから解放されるのです。
だから、「思い悩むな」と命令してくださっているのです。
それでは、神の国と神の義を求めるということは一体何でしょうか。
まず、神の国とは、神さまのみ旨に従って、私たちに与えられたすべてのことが自分のものではなく、
神さまから委ねられているのだと告白することであると思います。
たとえ私が、子どもたちに対して、自分が産んだから、自分が保護者だからといって、子どもたちをコントロールしがちなのですが、
しかしこの子たちは、一人一人が神さまの子どもであること、親子としての出会いを与えてくださったことを、いつも忘れないようにしています。
あるいは神学生として、私の人生の主人が私ではないことを告白することではないか思いました。
すなわち、日常の生活の中でいつも主のみ旨を求めること、神さまの主権を認めることです。
私は神さまに祈りながら、私に任せられたことに対してベストを尽くすこと、その結果は神様に委ねることです。
その時、思い悩みから解放ができると思います。

それから、神の義は、聖書からその意味を探してみたいと思います。
ローマの信徒への手紙3章21節22節をお読みいたします。
「ところが今や、律法とは関係なく、しかも律法と預言者によって立証されて、神の義が示されました。
すなわち、イエス・キリストを信じることにより、信じる者すべてに与えられる神の義です。
そこには何の差別もありません。」
ここでは、イエス・キリストを信じる者すべてに神の義を与えられるのだと語っています。
つまり神ご自分が正しい方であることは言うまでもないですが、イエス・キリストを信じる者を義とされるのだと、信仰による義を言っているのです。
私たちはイエス・キリストを信じることを求めることなのです。
神の義とは、イエス・キリストによって示されたと聖書は語っています。

12月に入り、待降節の2週目を向かいました。
イエス・キリストのご降誕を待ち望み、救いの喜びを共に祝う楽しい時であると思います。
毎年12月になると、クリスマスということで、様々なイベントが行われたり、お店ばかりか、
個人的なお家もイルミネーションできらきらときれいに飾っているし、サンタクロース、プレゼント、大きなツリー、とこからか聞こえてくるキャロルソングなど、
全世界がクリスマスの本当の主人公であるイエスさまが存在しないクリスマスを待ち望み、楽しんで過ごしているのではないか、思いました。
神さまは私たちを愛してくださって、この世に救い主としてイエスキリストを送ってくださいました。
そのイエスさまを信じることによって私たちは義とされ、そして、永遠の命が与えられました。
アドベントと呼ばれる待降節(たいこうせつ)を私たちは、神さまの愛とイエスさまによる救いに心から感謝を持って過ごしていきたいと願います。
自分の人生を導いてくださる神様を信頼して、与えられた人生を神様に従って歩んで来て、献身者として用いられるために神学を学んでいます。
そしてそのような歩みの中で、様々な恵みの出会いが与えられ、支えられ、生きています。
神様から召命を頂いて、献身者として過ごしていくことは、大変な時もあり、今自分が正しい道を歩いているのか問われる日々であります。
そして、何を食べるか何を着るかなどの思い悩みの中でもあります。
しかし、何よりも、まず神の国と神の義を求めることの訓練と練習の繰り替えを学んでいます。
そうすれば、これらのものはみな加えて与えられると約束してくださったからです。
私にとって神の国と神の義を求めることは、私が私の人生の主人ではないこと、子どもたちの主人でもないこと、
そのような祈りと告白が、自分にとっての神の国を求めることであり、2000年前、
私のためにこの世に来られたイエス様を信じることが神の義を求めることではないかと思います。
私たちは空の鳥より野の花より尊い存在であり、価値ある者であります。
天の父なる神様は私たち一人一人を愛しておられます。
そして、私たちに必要なものが何か知っておられるお方なのです。
私たちに本当に必要なものを最善な形で与えてくださる父なる神様なのです。


Bible passage: Matthew 6:25-34

Title: God’s kingdom and God’s righteousness
Today’s scripture is one that has always given me comfort and encouragement as I have walked as a devotee.
Today, I would like to share with the members of Midori no Makiba Church the scripture that have encouraged me:
that I am more precious and valuable than the birds of the air or the wild flowers; that God loves me;
that He is the one who knows what I need; and one who gives me what I really need in the best way.
Matthew 6:25 begins with the word, “That is why”.
Let’s look at the previous verse.
Th verse 24 says, “No one can serve two masters.
For you will hate one and love the other; you will be devoted to one and despise the other.
You cannot serve God and be enslaved to money.
” The two masters are God and money.
This means that it is impossible to serve God and money at the same time.
Of course, money itself is not a bad thing.
The problem is serving money.
To serve money is to be worried, so Jesus says that you should serve God by trusting in Him who created life and body.
This is a strong negative order against “worrying” that comes from serving money.
Then he gives us the reason for it.
The birds of the air are fed by God.
He is our Heavenly Father.
We are more valuable than the birds.
God says that He will naturally feed us more than the birds of the air, because He is our Heavenly Father, that is to say, our guardian.
Let’s look at verse 27.
“Can all your worries add a single moment to your life?
” That’s exactly true.
No human being can extend his or her life even a little bit by worrying.
We should just put our trust in God, the creator, and live the time we are given.
I want to live my life remembering and thanking God for the love
I have received, the blessings I am living with, and the hope He gives me for the future.
Verses 28 to 30 tell us not to worry about our clothes through the wild flowers.
Through nature, God expresses His love for us.
If even the wild flowers are dressed with God’s hand, then He must have a deeper concern for human beings.
The beauty of nature is truly beyond words.
Especially when I come to Higashi-Hiroshima, I feel it more.
I have seen the beautiful scenery of the mountains, the beautiful colors, and even the wild flowers, with all their colors and shapes.
When I look at nature, I am amazed at the graces of God’s creation,
but isn’t it even more amazing to see the love and care that is put into human beings?
Then, in verses 31-32, he explains another reason why he tells us not to worry.
“31 So don’t worry about these things, saying, ‘What will we eat?
What will we drink?
What will we wear?
’ 32 These things dominate the thoughts of unbelievers, but your heavenly Father already knows all your needs.
” Our heavenly Father knows what we need.
He is the one who already knows.
Probably He knows what we need even better than we do.
There are times when I am preparing dinner and my children come to me and say, “Mom, I’m hungry.
Please give me some sweets!”, They say that they want something to fill their stomachs for their needs right now.
But I don’t allow them to eat sweets because I know that if they eat sweets now, they won’t be able to eat dinner.
As a mother and a guardian of these children, I know that what they need is a nutritious dinner for their bodies,
not just something to fill their stomachs, so it is natural for me to hold back.
I think it is my role as a guardian to try to give these children what they really need, not just what they want.
Our Father God knows what we really need more than what we think we want.
He is the one who meets our needs.
The unbelievers in verse 32 are those who don’t know God, our heavenly Father,
and they think they have to provide for their own needs, so they try their best to pursue material things for their lives.
But we are different.
We are the ones who believe that God is our Father.
How blessed we would be if we could trust Him to know our needs and provide for us.
So what do we really need?
The material things mentioned in the Bible, such as food, drink, clothing, and shelter, are the things that we need to live in the world.
These things are naturally necessary for us.
But what is it that Jesus wants to teach us that we really need?
He tells us through the words of verse 33.
“Seek the Kingdom of God above all else, and live righteously, and he will give you everything you need.
” Perhaps God has already given us what we need.
Maybe God has already given us what we need, which is His kingdom and His righteousness.
The important thing is that we seek His kingdom and His righteousness, which He has already given us, and the other needs will be added to you.
So it is not necessary to worry about tomorrow, but it is important to receive new strength every day with trust in God our Father.
When we do that, we will be free from worry.
That is why He commands us, “Do not worry.
”So what does it mean to seek God’s kingdom and His righteousness?
First of all, I believe that the God’s kingdom is to confess that everything that is given to us is not our own,
but is entrusted to us by God, according to His will.
Even though I tend to control my children because I gave birth to them and because I am their guardian,
I always try to remember that each one of these children is God’s child and
that He gave us the opportunity to meet as parents and children.
Or as a seminary student, I thought it would be to confess that I am not the master of my life.
That is, to always seek the God’s will in my daily life and to acknowledge God’s sovereignty.
I should pray to God and do my best in what He entrusts to me, and leave the results to Him.
At that time, I believe I can be freed from my worries.
As for God’s righteousness, I would like to look for its meaning in the Bible.
Let me read Romans 3:21-22.
“But now God has shown us a way to be made right with him without keeping the requirements of the law,
as was promised in the writings of Moses and the prophets long ago.
We are made right with God by placing our faith in Jesus Christ.
And this is true for everyone who believes, no matter who we are.
” He is saying that God’s righteousness is given to all who believe in Jesus Christ.
In other words, God Himself is righteous, of course,
but He also says that He justifies those who believe in Jesus Christ, that is to say, righteousness by faith.
We are to seek to believe in Jesus Christ.
The Bible says that God’s righteousness is demonstrated by Jesus Christ.
December has arrived and we are now in the second week of the Advent season.
It is a joyful time to look forward to the birth of Jesus Christ and celebrate the joy of salvation together.
Every year in December, Christmas is celebrated with a variety of events.
Stores and even private homes are beautifully decorated with lights.
Santa Claus, presents, big trees, carol songs coming from everywhere.
..
I thought that the whole world is looking forward to and enjoying Christmas without Jesus, the real hero of Christmas.
God loves us so much that He sent Jesus Christ as our Savior into the world.
By believing in Him, we have been justified and given eternal life.
During the Advent season, we hope to spend our time with gratitude for God’s love and salvation through Jesus.
I have been trusting God to guide our lives and following Him in the lives I have been given.
Now I am studying theology so that I can be used as a devotee.
In the midst of these walks, I have been given various encounters of grace, and I am being supported and am living.
Sometimes it is difficult being called by God and spending time as a devotee.
Every day I am questioned if I am walking on the right path.
I am also in the midst of worrying about what to eat and what to wear.
But I am repeatedly learning the discipline and practice of seeking God’s Kingdom and His righteousness first and foremost
because He has promised that all these things will be added to me.
Seeking God’s kingdom for me is praying and confessing
that I am not the master of my life or my children, and seeking God’s righteousness for me is believing in Jesus
who came into the world for me 2000 years ago.
We are more precious and valuable than the birds of the air and wild flowers.
Our Heavenly Father loves each and every one of us.
He knows what we need.
He is the Father who gives us what we really need in the best possible way.






日本バプテスト連盟 東広島 緑の牧場キリスト教会 (みどりのまきばきりすときょうかい)

日曜礼拝メッセージ
Japan Baptist Convention  Higashi-Hiroshima city Green Pasture International Christian Church
http://midori.church.jp



ご覧くださりありがとうございます。

あなたが教会に求めておられることは何ですか?

何か相談したいことがおありですか?

よろしかったら電話かメイルを下さいませんか?


東広島 緑の牧場キリスト教会 コンタクト⇒右のカットをクリックしてください 
 このアドレスは1回/週位しかチェックしませんので、お急ぎの方は電話をお願いいたします。

  082-425-5454