緑の牧場キリスト教会 -みどりまきば-



    神様はあなたを愛し、共にいてくださいます。

     その神様に心を開きましょう。

       そこに、あなたには希望があり、いのちがあります。
 

          
                                    by JesusChrist


 
   
東広島 成長の印 緑の牧場教会についてご紹介いたします
       
-初めての方はこちらをご覧下さい-
  東広島みどりのまきばキリスト教会 成長の印  イベントのご案内です。クリックしてご覧ください
  2018年5月更新
  東広島市緑の牧場キリスト教会 成長の印 最近の歩みを写真でごらんいただけます
   ここをクリックしてどうぞごらんください
  2018年5月更新
   東広島 緑の牧場キリスト教会 愛初めての方に、「どうぞ心配しないで…」
   ひとりひとりの生きがいとご成長に
        少しでも貢献できれば…と願っています。
   キリスト教について知りたい方のために
        とても良い教材とクラスを用意しています 
  ↑ お知りになりたい事柄を クリックしてください
 
 
    スマートフォン・携帯の方はこちらでごらんください・・・ http://habommm.wixsite.com/midorinomakiba 
曜日18:45~ ・曜日9時15分~・曜日10時30分~ 毎週3回礼拝をいたします。 来会をお待ちしています
緑の牧場キリスト教会
Higashihiroshima city midorinomakiba Church  広島県東広島市西条町田口2799
東広島教会チャペルは、東広島市 広島大学 (広大)のそばにあります 
 
5月13日(日)は野外礼拝をいたします 場所は教会です。
雨が降りましたので、教会でいたしました。
でも楽しい集まりでした。




次回はあなたもぜひ、ご参加ください。


 


   キリスト教ABC「マイルーツクラス」は新しくなりました。 
     ここをクリックしPDFファイルでご覧ください。2018.5.17.



 
 
  緑の牧場中長期計画(2015年~2022年 レインボー計画 100 KB)

    をご覧になりたい方は
 クリック してください。
    < 
rainbow-plan.pdf ファイル > のダウンロードが始まります。
    そして、いっしょにすばらしい夢のある人生を歩まれませんか?
    Come and Join us !

    ***********************************
   図をご覧になりたい方はこちらの図をクリックしてください。pdfファイルで見ることができます。

    
 
 
     聖書日課 をダウンロードされる方は下の図をクリックしてください。
     ダウンロードが始まります。 エクセルファイルです。


  
 現在のものは…2018年4月~ のものです


 
 
  2018 年 今後の予定 どの集会にもあなたを歓迎いたします。どうぞご参加ください。
 
 
【5月】
20 ペンテコステ


【6月】
10 子どもの日
17 父の日
23 命どう宝の日
24 神学校週間


【7月】
8 チャレンジ礼拝


【8月】
5 召天者記念礼拝
9 全国青年大会
17 全国壮年大会
26 交換講壇

 2018年度、一年間の予定表はこちらをクリックしてください。
 

 

 
 


 English Cube Christmas

 場所は・・・緑の牧場キリスト教会です。

■英会話クラス 原則として、
・大人の英会話教室(広島大学で英語の教鞭をとっておられた先生が指導されます)
 第2.4月曜日(6月11日、25日) 午後7時10分~8時 大人1000円 学生800円

・基礎英会話コース 中学生程度からの基礎を学びます
 第1.3火曜日(6月5日、19日) 午後7時10分~8時 大人1000円 子ども800円

・子ども英会話コース イギリスから来られた楽しく優しいピーターさんご夫妻が教えてくださいます。
 第1.3火曜日(6月5日、19日) 午後7時10分~8時 800円

■イングリッシュ・キューブ(英会話実践)  
 いつもは第3火曜日ですが、今回は特別キューブをもちます。
 (6月15日金です。) 時間は午後8時~9時(変更の可能性有) 無料
 

English Cube について
18:30-19:00 
 Peter兄蒔田姉食事
19:10-20:00
・子ども英語*基礎英語クラス
・それ以外の兄姉で希望者は夕食(大人300円学生200円)
20:00-21:00
 English Cube
英語で…賛美・証・トーキング

 英語が苦手でも、原則として英語のみ使います
 みなさん優しいのでつらい思いをされることはないと思います。
 途中参加もオッケーです。


English Cube
食事、ワーシップ、アイスブレイクゲーム、
ディスカッションを通して生の英語に触れよう英語に興味がある人、外国人の友だちを作りた
い人なら誰でも参加OKです。

・日時 第1・3火曜日19~21時
・場所 緑の牧場キリスト教会
{広島県東広島市西条町田口2799)



 フラワーアレンジメント のページ を更新いたしました


 どうぞ上の写真をクリックしてください。 Flower Arrangement教室のページに行きます。



 

  下はこのサイトの一覧です。   左の項目クリックしてくださると見ることができます。   どうぞゆっくりごらんください。



 緑の牧場キリスト教会

緑の牧場教会について 初めての方は どうぞこちらをごらん下さい

●牧師から ごあいさつ 牧師からあなたに一言ごあいさつを

●緑の牧場教会のビジョン 三つの愛 と 人生のダイヤモンド

私たちが大切にしている概念 私たちが大切にしているかんがえがあります

●バプテスト 私どもは世界中で信頼されているプロテスタントの教会です

●教会Q&A ご質問を歓迎いたします。

●地図 (map) 教会の場所(東広島にあるんですよ)

  ●カルト宗教とキリスト教 カルト宗教との違いについて 
     
●セルグループ 聖書に記されている教会をめざしています
セルグループとは? セルグループって?
セル教会ガイドプック 私どもが翻訳した本の紹介(セル教会)
トレーニングマニュアル 私どもが翻訳した本の紹介(セルリーダー)
セルグループ/私たちの場合 緑の牧場でのセルの始まり
セル感謝礼拝メッセージ セルのことが少しはご理解いただけるかもしれません
セル感謝礼拝スライド 感謝礼拝の時のスライドです
セルグループ国際大会 下の二つのサイトをごらんください
報告:酒井牧師 シンガポールセル大会の模様
報告:南原姉妹 シンガポールセル大会の模様

●私たちはこう考えます 私たちの言葉
信仰告白 私たちの信じていることは…
親と子(子育て) 親子の関係
子どもの人権について 子どもと共に
世界の飢餓について 世界に心を開きたいですね
聖書の終末観 終末(世の終わり)は恐くはありません
なぜ人を殺してはいけないのか? なぜ人を殺してはいけないのでしょうか?
敗戦60年にあたって 声明 日本バプテスト連盟 第51回定期総会

●中国四川省大地震支援報告 支援のご報告
     
  ●東日本大震災支援報告 日本バプテスト連盟の活動と支援のご報告

東広島 緑の牧場キリスト教会東広島 教会 ビジョンセルグループ緑の牧場キリスト教会 酒井牧師東広島 緑の牧場キリスト教会 私たちの考え東広島 緑の牧場キリスト教会 地図



   キリスト教について

●キリスト教ABC -インターネットで学ぶ- 聖書のメッセージがよくわかります
01 私たちの神様 7Mb pdf 神様の愛?
02 イエスキリスト 6.4Mb pdf イエスキリスト・十字架と復活?
03 聖霊なる神様 5Mb pdf もう一人の主、慰め主
04 人間 11Mb pdf 人間の価値と救い
05 福音と信仰 10Mb pdf 福音? 信仰?盲信ではなく…
06 教会 2.5Mb pdf 教会とは
07 聖書 5.6Mb pdf 聖書 隠れたベストセラー
08 祈り 3Mb pdf 祈りは天国の祝福を開くカギ
09 礼拝 1.8Mb pdf 礼拝の意味は
10 賜物と奉仕 4Mb pdf 成長のカギ (内容が教会員向けです)
11 感謝と献金 4Mb pdf 感謝 ささげもの (内容が教会員向けです)
12 伝道  4Mb pdf 伝道は愛・アイ・あい (内容が教会員向けです)
13 バプテスマ 8Mb pdf 洗礼 バプテスマ
14 バプテスト 3.6Mb pdf バプテスト?
 ご質問に答えて どうぞご質問ください(現在、リンクがありません)

          ●「キリスト教ABC」を、ヤッフーメッセンジャー あるいは スカイプで受講を希望される方、
             詳しいことをお知りになりたい方は
 までご連絡下さい。
●聖書のことば 聖書の中から少しだけご紹介…

●マンガ聖書のお話
ほうとう息子のたとえ話 神様ってどんなお方?
種は100倍に 神様の言葉が心の中に蒔かれると…
敵を愛せよ 武田くんと上杉くんの物語
ポーじいさんと小さなカタツムリ どうしておじさんは小さくなったのかなぁ?
海をわたった侍 十字架は私のために
バベルの塔 こ と ば … 
あなたこそ神の子キリストです 苦難の嵐の中にいても大丈夫だよ
最も大切なものは マルタとマリヤさん
幸せな人生? 彼の人生は祝福されていたのかな?
祈りの力 例えば、祈りの力って、
クリスマスプレゼント 本当のクリスマスプレゼントは
復活は事実なの? 復活はあったんだよ
宝物 あなたの宝物は?


●クリスチャンになるには どうしたらクリスチャンになれるの?

●7つの救い 信じると与えられる7つの救い

●クリスチャンの成長 クリスチャンは成長してゆけるので楽しいのです

●体験談 (あかし集)  信仰の言葉・体験談集
以前私はエホバの証人でした… (Kさん)
創造の神様を讃美いたします (Bさん)
主の祈りのような生活を (Bさん)
主は尽きることのない喜びと力の源 (Eさん)
愛と恵を受けて (Yさん)
分かってきました (Mさん)
Mテレサの施設を訪ねて (Cさん)
大変な時こそチャンス (Nさん)
神様が与えてくださったもの (Mさん)
主に出会って (Sさん)
性的な清さの領域においても (Cさん)
学校に行けない子どもたち 不登校(登校拒否)について 
ピュアな光 臨死体験 (Wさん)
少年少女大会に参加して (Sさん)
神様の無条件の愛とゆるし (Bさん)
ルワンダを訪ねて (Sさん)

東広島 緑の牧場キリスト教会 インターネットで学ぶ キリスト教の初歩東広島 緑の牧場キリスト教会 クリスチャンに東広島 緑の牧場キリスト教会 聖書東広島 緑の牧場キリスト教会 キリスト教の救い東広島 緑の牧場キリスト教会 体験談 あかし東広島 緑の牧場キリスト教会 質問 疑問東広島市 体験談 教会
東広島 緑の牧場キリスト教会 まんが東広島 緑の牧場キリスト教会 イースター東広島 緑の牧場キリスト教会 青年バンド




 いろいろな集まり (地域の方々を愛し、地域の方々に仕える教会として)

●ニュース イベント イベントの予定など

●集会案内 ・楽しい礼拝 ・セルグループ
・聖書研究祈りの会 ・子ども教会学校
・マイルーツ ・マイツリー
・韓国語クラス ・フラワーアレンジメント
・合唱 ・結婚カウンセリング
・親子関係講座 などのご案内
  ~あなたもぜひ参加してみてください~


●礼拝 (Service) あなたもどうぞ (英語バイリンガル、あるいは英語原稿あり)
Higashi Hiroshima Church, bilingual service
礼拝のプログラム 日曜日の礼拝の具体的な内容

       日曜日 9時15分~ 第一礼拝
       日曜日10時30分~ 第二礼拝
       土曜日夕6時45分~ 夕礼拝
…教会学校教師、静かな礼拝
…一般の方はこの礼拝にご参加ください。
…日曜日に礼拝できない方のために


●冠婚葬祭 結婚やお葬式について
結婚式を教会で挙げたい 教会の結婚式 Chapel Wedding
結婚式の進行 式の進行の模様
葬儀について 教会でのお葬式
葬儀に参列される方のためのQ&A 参列される方のために

●合唱 Together あなたも賛美歌合唱(コーラス)の輪にどうぞ
 初心者も歓迎です。


  ●韓国語講座 (ハングルクラス) 韓国語は楽しいですよ。 (現在、初心者の方
 の募集はしておりません。ごめんなさい)
 
   
  ●フラワー アレンジメント教室 フラワーアレンジメント(お花による装飾)教室です 
     
●クリスマスとイースター
クリスマス クリスマス メッセージとごあんない
 
イースター イースター メッセージとごあんない

東広島 ニュース東広島 結婚式東広島 クワイヤ東広島 緑の牧場キリスト教会 青年会東広島 イースター




 
 教会の歴史・アルバム
  ●教会のミッションステートメント みどりのまきばのミッションステートメントを
オリジナルソングと共にYou Tube で紹介しています。
     
●あしあと (アルバム ↓) 感謝のご報告
    2017年感謝の恵み  7年計画の3年目 
    2016年感謝の恵み  7年計画の2年目 
    2015年感謝の恵み 7年計画 (みどりのまきばレインボー計画) 開始 
●教会の歴史 1991年~2010年 教会が大切にしてきた歴史

●教会の建築 奇蹟と祈りと奉仕の喜びによって建てられました

●東広島市のご紹介 東広島市を簡単にご紹介します

東広島 緑の牧場キリスト教会 感謝の報告東広島 緑の牧場キリスト教会 歴史東広島 2×4 建築高屋 子ども会 緑の牧場中四国 バプテスト大会東広島 緑の牧場キリスト教会 inde

 さらに…

●リンク リンク集です

●更新記録 更新記録です

●ゲストノート (掲示板) どうぞ自由にお書き込み下さい

●メイリングリスト 加入  メイリングリストに入りませんか?無料です

結婚・すばらしい夫婦となるためにシリーズ
(男女の考え方の違い・心のすれ違い?など№1-№55)
メンバーのみ。
公開はしていません。

  ●「みどりのまきばだより」最新号 教会発行伝道誌「みどりのまきばだより」の最新号ファイル
     
●おまけ 牧師のプログ 個人的なものです。 礼拝メッセージ・牧会理念・
ミッションステートメントなどを掲載しています。

東広島 緑の牧場キリスト教会 教会リンク東広島 緑の牧場キリスト教会 更新歴


Jesus is alive
 

東広島 教会


東広島 教会

東広島 日本バプテスト連盟 緑の牧場キリスト教会 みどりのまきばキリスト教会
Japan Baptist Convention Higashihiroshima Midorino Makiba Christ Church




私どもは、プロテスタントの教会です。

バプテストはプロテスタントの代表的な教会です。

ものみの塔(エホバの証人)・末日聖徒イエスキリスト教会(モルモン教)・
世界基督教統一神霊協会(統一教会・原理運動)とは違います。

しかしながら、これらの働きによって被害を受けておられる方で、
相談を希望される方はどうぞご連絡下さい。


 地震について、どうしたら良いか、各国の言葉で書かれています。
  外国のお友達に教えてあげてください。

  If your friend is staying in Japan. Please forward this information
  Manual: Japan earthquake how to protect yourself

   ここですJapan earthquake how to protect yourself … http://nip0.wordpress.com/

--------------------------------------------------

○下の動画は、「緑の牧場教会 の ミッション」 を歌ったものです。

 写真は少し古いものです。音声が出ます。






***** 今週の礼拝メッセージ 日本語 ******

みなさん、どうぞ礼拝においでください。
この欄は、どうしても物理的に礼拝に参加できない方のために用意されたものです。
祈りと心を教会に繋げて、いっしょに礼拝できるようになりますように。
                     



       「全ての人の礼拝の場」       マルコ11:15-19                

■今までの復習
おはようございます。
今年2月の教会研修会と4月の教会総会によって、今年度の礼拝の中で、礼拝、伝道、マイルーツ、を学びたいという願いがありました。
そこで今日は、「礼拝について学ぶシリーズ」第三回目になります。
少し復習しておきたいと思います。

第一回目は…「主の日の礼拝」というタイトルのメッセージで、二つのポイントがありました。
一つ目のポイントは、主日礼拝式を大切にしてゆきましょう、ということでした。
二つ目は、旧約と新約で礼拝と訳されている言葉を見ました。そして、「礼拝は礼拝式のみならず、神さまを第一にした生き方のことである」と知りました。

第二回目は…「命を救う礼拝」というタイトルのメッセージで、この時も二つのポイントがありました。
一つ目のポイントは、「安息日と主の日の意味の違い」について知りました。
二つ目のポイントは、「主の日は休む日ではない、命を救う日である」ということを知りました。

そして今日は礼拝シリーズの第三回目「すべての人が礼拝する場所」というタイトルのメッセージです。
イエスさまが小ロバに乗ってエルサレムに入城された後、エルサレム神殿に来られました。
神殿は神様に礼拝をお献げする場所です。
その日も、人々は神様を礼拝するために神殿に来ていました。
でも、そこには、人々の礼拝を妨げる人たちもいたのです。
人々が日常に使っていた通貨を神殿のお金に両替する両替人たち。
神さまへの献げものの鳩を販売しているものたち。
16節には「また宮を通り抜けて器具を運ぶことをだれにもお許しにならなかった」とあります。
この器具とは何か?についてはいろいろな解釈があります。
例えば、未だ建設中の神殿の資材という解釈…そうするとイエス様は神殿の建設を止められたことになります。
あるいは、神殿を守る兵隊たちの武器という解釈…そうするとイエス様は神殿に武力は不必要だと、それを止められたことになります。
また、日常品という解釈…そうすると、神殿を近道に使ってはいけないと言われたことになります。
いずれにしても、両替人、鳩を売る商売人、神殿を近道に使う人、をイエス様は神殿から追い出されました。
そしてイザヤ書の言葉を引用して言われました。「わたしの家は、すべての民の祈りの家」と。
ここにイエス様の強いみ心が表されていると思います。
つまり、礼拝する場所は…神さまの家です。
そして礼拝する人々は…すべての民の祈りの家…すべての民です。
この会堂で私たちは礼拝をお献げしていますが、この場所は神様の家族です。
そしてすべての人の礼拝の場所です。

実は当時の神殿では、礼拝する場所は三つに分かれていました。
イスラエル以外の人が礼拝する場所…両替人、商売人などはここにいました。
イスラエルの女性が礼拝する場所。そしてイスラエルの男性が礼拝する場所です。

イスラエルの中から女性を排除する。
礼拝者の中から外国人を排除する。
そんなあり方に対して、イエス様は「もうそんな時代は終わったのだ!」と言われたのではないでしょうか。
神さまはすべての民の祈りを受けられるというのです。
ですから私たちは、礼拝したいと願っている人たちが礼拝できるように備えてゆく必要があります。
他方、人々から礼拝を妨げようとする要因があるのなら、それを取り除けてゆく努力も必要です。

■礼拝の姿勢は自分にかかっている
さて、礼拝についてごいっしょにもう少し深めて考えたいと思います。
私は先週、「神さまは無条件の赦しと愛ですべての人を愛してくださっています」と申しました。
だからこそ、この神様の無条件の赦しと愛と、それを完全な形で現わしてくださったイエス様を、私たちは信じて受け入れなければなりません。
神さまの赦しと愛、それを現わしてくださったイエス様を信じなければ、私たちは実際には赦しも愛も経験することなく神さまと無関係に人生を生きることになります。

私たちは神様の愛を片思いにしてはいけません。もしそんなことをすれば、私たちに待っているのは罪からうまれる様々な混乱と絶望と霊的死です。
私たちは、むしろ全身全霊でイエス様を信じ、神の子とされた祝福に生きる必要があります。

このことは、礼拝についても同様に言うことができます。
私は、「日曜日の礼拝は必ず参加しなければいけません」と言ったことはありません。
牧師たちの中には、「日曜日の礼拝は死守すべき義務である」と教会員に命じておられる方がおられます。
しかし、私は、礼拝を義務にしてしまったら、せっかくイエス様が父なる神様と私たちとの間に愛と信頼の道を開いてくださったのに、それを再び、律法主義に戻してしまうことになると考えています。
私はイエス様のお言葉を無駄にはできません。
ですから、私は日曜日の礼拝参加については、「神様とあなたの関係の中で選び取ってください」と申し上げています。
礼拝参加は義務ではない。その人の霊と誠による選び取りです。
(このように言うと、「礼拝は参加してもしなくても良い」と取る人がいます。
人間は本当に不思議です。楽な方に理解して取るのです。
私はそのように言っているのではありません。義務よりももっと高い要求をしています!)

もちろん病気であったり、どうしても礼拝に出ることができない状況というものもあるでしょう。
しかし、神様の完全な赦しと愛に答えて神さまを礼拝する、ということが礼拝を捧げる基本姿勢です。
礼拝をお献げするのは義務感からではない。人の意見や命令からでもない。状況によるのでもない。・・・それは生ぬるいと思います・・・神様との関係で、真剣に礼拝を選び取る。これが礼拝です。
献金も同じです。
周りの誰もあなたに献金しなさいと命じません。
だからこそ、自分が神様との関係の中で、真剣に、教会を担うという覚悟をもって献金をお献げするのです。

バプテストが生まれたのは、1609年です。
イギリスにジョン・スマイスという人がいました。
ケンブリッジ大学神学部を卒業し、イギリス国教会の司祭になりました。
当時のイギリスは教会と国家が一体化していました。
公に認められた聖書はラテン語でしたので、聖書は司祭だけのものでした。
みんなで賛美歌を歌うこともありませんでした。
会衆は、独唱者か聖歌隊が賛美をするのを聴くだけでした。
さらに人々の日常生活では「共通祈祷書」というものが使われました。
共通祈祷書に背いて自分の言葉でお祈りをした者は、「国の秩序と平安を妨げる者」として罰が科せられました。
一回目は罰金、二回目は監禁、三回目は財産没収、終身刑となりました。

それでも人々の間には、神さまを求める思いが増していったのです。
そして、当時少しずつ訳された英語版聖書を読む人たちがいました。
彼らは、聖書を読んで、話し合いました。そして、神様のみ心を慕い求めました。
彼らとジョン・スマイスは、命を懸けて、神様のみ心に従おうと自ら決心したのです。
自ら聖書を読み、自分たちで話し合い、人々のいるところで神様のことを分かち合いました。
その中からバプテストが生まれました。
迫害が厳しくなり、彼らはついにはイギリスにおられなくなり、オランダに移住し、アムステルダムでバプテスト教会を立ち上げました。
彼らの中には迫害を受ける覚悟でイギリスに帰って伝道した人たち、ピューリタンとしてアメリカに渡った人たちもいました。

神さまとの関係の中で、自らの道を選ぶ。真剣に、礼拝することを選び取る。
私たちも引き継いでゆきたい信仰の姿勢です。
お祈りいたします。



20180527   “Worship Service-A Place for Everyone”      Mark11:15-19                
■Review
Good morning.
In a church members’ meeting in February, there was a request that we should learn about worshipping God, spreading the gospel, and the contents of My Roots classes.
Today is the third time I will give a message based on this request.
But before we start, let’s review a little.

The first message in this series was about worshipping God on Sundays.
One of the things I talked about was to value the worship services on Sundays.
Then we took a look at some words in the Old Testament and the New Testament. Here we learned that to value the worship services is a way of life to value God.

In the second message of this series, I talked about worship services that saves us.
We learned the difference between The Sabbath and Sundays, when we hold worship services.
Also, we learned that Sundays are not meant to be a day for us to take a rest, but instead, it is a day that saves us.

And today, I will be giving the third message in this series. The title is “A Place Where Everyone Worships God.”
One day, Jesus came to the Temple in Jerusalem.
The Temple was a place to hold worship services for God.
People were there to worship God that day, too.
However, there were those prevented people from worshipping God.
Some people were exchanging currency that people used in their daily lives into a currency to used at the Temple, and others were selling doves to sacrifice to God.
Mark 11:16 says, “He stopped everyone from using the Temple as a marketplace (or to carry the merchandise).”
There are many interpretations on what “merchandise” means here.
For example, some people believe it refers to things to build the Temple which was, at that time, still under construction. If this is the case, it means that Jesus stopped them from building the Temple.
Other people believe it refers to weapons of soldiers that protected the Temple.
Or some people think it is thing that they used in their daily lives. If this is the case, it means that Temple was not to be used as some kind of a shortcut.
In either case, it is a fact that money exchangers, people who sold doves for sacrifice, and the people who used the Temple as a shortcut were driven out by Jesus.
And He used the words from the Book of Isaiah and said, “My Temple will be called a house of prayer for all nations.”
I feel that this shows Jesus’ strong will.
This means that the place we worship God is a house of God.

The place we are right now is a house of God, too, and this is a place for everyone to worship God.

Back in those days, the Temple was divided into three sections.
It was divided like this: a place for all the non-Israelites, including money exchangers and sellers, a place for women, and a place for men.した。

I feel like Jesus wanted to stop everyone from eliminating women and foreigners from Israel.
God accepts all of our prayers.
So we should make this place comfortable so that people who want to worship God can come and worship.
If there are anything that has a potential of preventing people from worshipping God, we need to do something about it.

■It Is All Up To You
Let’s think about worship services more deeply.
Last week, I said, “God loves everyone unconditionally.”
This is why we need to believe in Jesus and accept Him. He showed us complete forgiveness and love.
If we don’t accept God’s love and Jesus who showed God’s love to us, we will have to live without experiencing forgiveness and love and live without any connection with God.

We must not let God love us and not love Him back. This will cause confusion, despair, and spiritual death.
We have to believe in Jesus with all of our body and soul and live as a person who is blessed by God.

We can say the same thing about worship services.
I have never said, “You must come to church and worship God every Sunday.”
Some pastors order their church members to come to church every week saying it is mandatory.
However, if coming to church becomes mandatory, it will be the same when following the law was everything, despite the fact that Jesus opened the door to God with love and trust.
We shouldn’t reject what Jesus said.
This is why I say, “You choose whether to come or not based on what your relationship with God is like.”
Coming to church to worship God is not mandatory. It’s a decision you make spiritually.
Of course, there are situations where you just cannot come because you are ill.
However, in order to respond to God’s forgiveness and love, worshipping God is one of the basic things you should do.
Attending worship services is not mandatory. You don’t come to church to worship God because someone told you to. Whether you come or not shouldn’t vary inside you. YOU make the decision sincerely. This is what worshipping God is like.
Offerings is the same, too.
No one demands you to offer money to church.
That’s why YOU need to make the decision to take part in running the church or not.

It was in 1609 when a Baptist church was established.
There was a man called John Smyth in England.
He graduated from Kenbridge University and became a priest at England’s National Church.
At that time, church and government had strong bonds.
The Bible that was officially used was in Latin, so only the priest had access to what the Bible says.
People didn’t sing hymns together.
All they could do was to listen to the choir or a singer singing the hymns.
Moreover, “Common Prayer Book” was made and was used.
People who prayed using words that weren’t in this book was punished as someone who prevents order and peace in the country.
The first time, they had to pay a fine, the second time, they were put in jail, and the third time, their properties would be taken away and would be imprisoned for life.

Despite this, there were more and more people who seek for God.
There were more and more people who started reading the English translated Bible.
They would study the Bible and discuss it. And they would seek for God’s will.
These people and John Smyth decided to follow God’s will with all their life.
They read the Bible, had discussions, and shared about God in front of people.
That was where Baptist church was established.
As prosecution got harsher, they could no longer be where they were. So they moved to Netherlands and established a Baptist church in Amsterdam.
Some of them went back to England to spread the gospel knowing they might be prosecuted, and others went to America as Puritans.

Let’s choose what you want between you and God. I hope you choose to worship Him.



日本バプテスト連盟 東広島 緑の牧場キリスト教会 (みどりのまきばきりすときょうかい)

日曜礼拝メッセージ
Japan Baptist Convention  Higashi-Hiroshima city Green Pasture International Christian Church
http://midori.church.jp



ご覧くださりありがとうございます。

あなたが教会に求めておられることは何ですか?

何か相談したいことがおありですか?

よろしかったら電話かメイルを下さいませんか?


東広島 緑の牧場キリスト教会 コンタクト⇒右のカットをクリックしてください 
 このアドレスは1回/週位しかチェックしませんので、お急ぎの方は電話をお願いいたします。

  082-425-5454 



together の方々へ 右の Let it be を右クリックし、ダウンロードしてください。  Let It be