緑の牧場キリスト教会 -みどりまきば-



    だいじょうぶ! 神様はあなたを愛しておられます。

     だから、あなたには希望があり、生きるいのちがあります。
 

          
                                    by JesusChrist


 
   
東広島 成長の印 緑の牧場教会についてご紹介いたします
       
-初めての方はこちらをご覧下さい-
  東広島みどりのまきばキリスト教会 成長の印  イベントのご案内です。クリックしてご覧ください
  2017年12月更新
  東広島市緑の牧場キリスト教会 成長の印 最近の歩みを写真でごらんいただけます
   ここをクリックしてどうぞごらんください
  2017年12月更新
   東広島 緑の牧場キリスト教会 愛初めての方に、「どうぞ心配しないで…」
   ひとりひとりの生きがいとご成長に
        少しでも貢献できれば…と願っています。
   キリスト教について知りたい方のために
        とても良い教材とクラスを用意しています 
  ↑ お知りになりたい事柄を クリックしてください
 
 
    スマートフォン・携帯の方はこちらでごらんください・・・ http://habommm.wixsite.com/midorinomakiba 
曜日18:45~ ・曜日9時15分~・曜日10時30分~ 毎週3回礼拝をいたします。 来会をお待ちしています
緑の牧場キリスト教会
Higashihiroshima city midorinomakiba Church  広島県東広島市西条町田口2799
東広島教会チャペルは、東広島市 広島大学 (広大)のそばにあります 
 
 


   キリスト教ABC「マイルーツクラス」は新しくなりました。 ここをクリックしPDFファイルでご覧ください。


 
 
  緑の牧場中長期計画(2015年~2022年 レインボー計画 100 KB)

    をご覧になりたい方は
 クリック してください。
    < 
rainbow-plan.pdf ファイル > のダウンロードが始まります。
    そして、いっしょにすばらしい夢のある人生を歩まれませんか?
    Come and Join us !

    ***********************************
   図をご覧になりたい方はこちらの図をクリックしてください。pdfファイルで見ることができます。

    
 
 
     聖書日課 をダウンロードされる方は下の図をクリックしてください。
     ダウンロードが始まります。 エクセルファイルです。


  
 現在のものは…2017年11月5日~ のものです


  まきばのカフェ & ミニバザー のご案内

 みなさまのご協力により、第3回まきばのカフェ&ミニバザーを持つことができました。

 神様と、いろいろなご奉仕や思いで教会の働きに参加してくださった方々と、

 そして来てくださった方々に感謝をいたします。

 収益は、日本バプテスト連盟と日本国際飢餓対策機構による海外支援のために送金いたします。

 領収書をここに掲載いたします。

 ご協力どうもありがとうございました。





  緑の牧場だより 33号

下は緑の牧場だより33号です。沼野先生の紹介文を掲載しています。

写真をクリックしてくださると大きく見る事ができます

  

 
  11月23日 修養会の案内 赦しと和解 佐々木和之氏をお招きして

私どもは11月23日、大虐殺が起こってからルワンダにおいて被害者と加害者との間にたって、和解の活動をしてこられている

佐々木和之先生をお招きして修養会を持ちます。

会場は広島教会で行ないます。

下の写真をクリックしていただけると、大きな案内を見る事ができます。

 
 



   クリスマスのご案内
 緑の牧場キリスト教会では次のようにクリスマスをお祝いいたします。
 クリスマスの詳しいことについてはクリスマスのページをご覧ください。






   クリスマス賛美礼拝  12月23日(土) 14時~15時
    
        ごいっしょにクリスマスの賛美を歌いましょう。
        短いクリスマスストーリー、ティータイムもあります。

クリスマス礼拝と祝会  12月24日() 10時30分~

        聖歌隊の賛美、クリスマスメッセージ、子どもたちの紙芝居劇もあります。

 
 
 
 
  2017 年 今後の予定 どの集会にもあなたを歓迎いたします。どうぞご参加ください。
 
 
  <12月>   
 23 クリスマス賛美礼拝 14:00-15:00
24  クリスマス礼拝 
31 年末礼拝 


 
 


 English Cube Christmas

 次回は…12月19日です。

 場所は・・・緑の牧場キリスト教会です。

 今回は6時半~9時まで

 ポトラックパーティ マジックショー 英語でクリスマスソング 

 クリスマスショートメッセージ in English Game などなどあります。

 参加は自由です。

 途中参加もオッケーです。


English Cube
食事、ワーシップ、アイスブレイクゲーム、
ディスカッションを通して生の英語に触れよう英語に興味がある人、外国人の友だちを作りた
い人なら誰でも参加OKです。

・日時 第1・3火曜日19~21時
・場所 緑の牧場キリスト教会
{広島県東広島市西条町田口2799)



 

  下はこのサイトの一覧です。   左の項目クリックしてくださると見ることができます。   どうぞゆっくりごらんください。



 緑の牧場キリスト教会

緑の牧場教会について 初めての方は どうぞこちらをごらん下さい

●牧師から ごあいさつ 牧師からあなたに一言ごあいさつを

●緑の牧場教会のビジョン 三つの愛 と 人生のダイヤモンド

私たちが大切にしている概念 私たちが大切にしているかんがえがあります

●バプテスト 私どもは世界中で信頼されているプロテスタントの教会です

●教会Q&A ご質問を歓迎いたします。

●地図 (map) 教会の場所(東広島にあるんですよ)

  ●カルト宗教とキリスト教 カルト宗教との違いについて 
     
●セルグループ 聖書に記されている教会をめざしています
セルグループとは? セルグループって?
セル教会ガイドプック 私どもが翻訳した本の紹介(セル教会)
トレーニングマニュアル 私どもが翻訳した本の紹介(セルリーダー)
セルグループ/私たちの場合 緑の牧場でのセルの始まり
セル感謝礼拝メッセージ セルのことが少しはご理解いただけるかもしれません
セル感謝礼拝スライド 感謝礼拝の時のスライドです
セルグループ国際大会 下の二つのサイトをごらんください
報告:酒井牧師 シンガポールセル大会の模様
報告:南原姉妹 シンガポールセル大会の模様

●私たちはこう考えます 私たちの言葉
信仰告白 私たちの信じていることは…
親と子(子育て) 親子の関係
子どもの人権について 子どもと共に
世界の飢餓について 世界に心を開きたいですね
聖書の終末観 終末(世の終わり)は恐くはありません
なぜ人を殺してはいけないのか? なぜ人を殺してはいけないのでしょうか?
敗戦60年にあたって 声明 日本バプテスト連盟 第51回定期総会

●中国四川省大地震支援報告 支援のご報告
     
  ●東日本大震災支援報告 日本バプテスト連盟の活動と支援のご報告

東広島 緑の牧場キリスト教会東広島 教会 ビジョンセルグループ緑の牧場キリスト教会 酒井牧師東広島 緑の牧場キリスト教会 私たちの考え東広島 緑の牧場キリスト教会 地図



   キリスト教について

●キリスト教ABC -インターネットで学ぶ- 聖書のメッセージがよくわかります
01 私たちの神様 4Mb pdf 神様の愛?
02 イエスキリスト 4Mb pdf イエスキリスト・十字架と復活?
03 聖霊なる神様 2Mb pdf もう一人の主、慰め主
04 人間 4Mb pdf 人間の価値と救い
05 福音と信仰 5Mb pdf 福音? 信仰?盲信ではなく…
06 教会 2.5Mb pdf 教会とは
07 聖書 2.5Mb pdf 聖書 隠れたベストセラー
08 祈り 3Mb pdf 祈りは天国の祝福を開くカギ
09 礼拝 1.8Mb pdf 礼拝の意味は
10 賜物と奉仕 2.3Mb pdf 成長のカギ
11 感謝と献金 2.1Mb pdf 感謝 ささげもの
12 伝道  2.2Mb pdf 伝道は愛・アイ・あい
13 バプテスマ 4Mb pdf 洗礼 バプテスマ
14 バプテスト 3.6Mb pdf バプテスト?
 ご質問に答えて どうぞご質問ください

          ●「キリスト教ABC」を、ヤッフーメッセンジャー あるいは スカイプで受講を希望される方、
             詳しいことをお知りになりたい方は
 までご連絡下さい。
●聖書のことば 聖書の中から少しだけご紹介…

●マンガ聖書のお話
ほうとう息子のたとえ話 神様ってどんなお方?
種は100倍に 神様の言葉が心の中に蒔かれると…
敵を愛せよ 武田くんと上杉くんの物語
ポーじいさんと小さなカタツムリ どうしておじさんは小さくなったのかなぁ?
海をわたった侍 十字架は私のために
バベルの塔 こ と ば … 
あなたこそ神の子キリストです 苦難の嵐の中にいても大丈夫だよ
最も大切なものは マルタとマリヤさん
幸せな人生? 彼の人生は祝福されていたのかな?
祈りの力 例えば、祈りの力って、
クリスマスプレゼント 本当のクリスマスプレゼントは
復活は事実なの? 復活はあったんだよ
宝物 あなたの宝物は?


●クリスチャンになるには どうしたらクリスチャンになれるの?

●7つの救い 信じると与えられる7つの救い

●クリスチャンの成長 クリスチャンは成長してゆけるので楽しいのです

●体験談 (あかし集)  信仰の言葉・体験談集
以前私はエホバの証人でした… (Kさん)
創造の神様を讃美いたします (Bさん)
主の祈りのような生活を (Bさん)
主は尽きることのない喜びと力の源 (Eさん)
愛と恵を受けて (Yさん)
分かってきました (Mさん)
Mテレサの施設を訪ねて (Cさん)
大変な時こそチャンス (Nさん)
神様が与えてくださったもの (Mさん)
主に出会って (Sさん)
性的な清さの領域においても (Cさん)
学校に行けない子どもたち 不登校(登校拒否)について 
ピュアな光 臨死体験 (Wさん)
少年少女大会に参加して (Sさん)
神様の無条件の愛とゆるし (Bさん)
ルワンダを訪ねて (Sさん)

東広島 緑の牧場キリスト教会 インターネットで学ぶ キリスト教の初歩東広島 緑の牧場キリスト教会 クリスチャンに東広島 緑の牧場キリスト教会 聖書東広島 緑の牧場キリスト教会 キリスト教の救い東広島 緑の牧場キリスト教会 体験談 あかし東広島 緑の牧場キリスト教会 質問 疑問東広島市 体験談 教会
東広島 緑の牧場キリスト教会 まんが東広島 緑の牧場キリスト教会 イースター東広島 緑の牧場キリスト教会 青年バンド




 いろいろな集まり (地域の方々を愛し、地域の方々に仕える教会として)

●ニュース イベント イベントの予定など

●集会案内 ・楽しい礼拝 ・セルグループ
・聖書研究祈りの会 ・子ども教会学校
・マイルーツ ・マイツリー
・韓国語クラス ・フラワーアレンジメント
・合唱 ・結婚カウンセリング
・親子関係講座 などのご案内
  ~あなたもぜひ参加してみてください~


●礼拝 (Service) あなたもどうぞ (英語バイリンガル、あるいは英語原稿あり)
Higashi Hiroshima Church, bilingual service
礼拝のプログラム 日曜日の礼拝の具体的な内容

       日曜日 9時15分~ 第一礼拝
       日曜日10時30分~ 第二礼拝
       土曜日夕6時45分~ 夕礼拝
…教会学校教師、静かな礼拝
…一般の方はこの礼拝にご参加ください。
…日曜日に礼拝できない方のために


●冠婚葬祭 結婚やお葬式について
結婚式を教会で挙げたい 教会の結婚式 Chapel Wedding
結婚式の進行 式の進行の模様
葬儀について 教会でのお葬式
葬儀に参列される方のためのQ&A 参列される方のために

●合唱 Together あなたも賛美歌合唱(コーラス)の輪にどうぞ
 初心者も歓迎です。


  ●韓国語講座 (ハングルクラス) 韓国語は楽しいですよ。 (現在、初心者の方
 の募集はしておりません。ごめんなさい)
 
   
  ●フラワー アレンジメント教室 フラワーアレンジメント(お花による装飾)教室です 
     
●クリスマスとイースター
クリスマス クリスマス メッセージとごあんない
 
イースター イースター メッセージとごあんない

東広島 ニュース東広島 結婚式東広島 クワイヤ東広島 緑の牧場キリスト教会 青年会東広島 イースター




 
 教会の歴史・アルバム
  ●教会のミッションステートメント みどりのまきばのミッションステートメントを
オリジナルソングと共にYou Tube で紹介しています。
     
●あしあと (アルバム ↓) 感謝のご報告
    2017年感謝の恵み  7年計画の3年目 
    2016年感謝の恵み  7年計画の2年目 
    2015年感謝の恵み 7年計画 (みどりのまきばレインボー計画) 開始 
●教会の歴史 1991年~2010年 教会が大切にしてきた歴史

●教会の建築 奇蹟と祈りと奉仕の喜びによって建てられました

●東広島市のご紹介 東広島市を簡単にご紹介します

東広島 緑の牧場キリスト教会 感謝の報告東広島 緑の牧場キリスト教会 歴史東広島 2×4 建築高屋 子ども会 緑の牧場中四国 バプテスト大会東広島 緑の牧場キリスト教会 inde



 さらに…

●リンク リンク集です

●更新記録 更新記録です

●ゲストノート (掲示板) どうぞ自由にお書き込み下さい

●メイリングリスト 加入  メイリングリストに入りませんか?無料です

結婚・すばらしい夫婦となるためにシリーズ
(男女の考え方の違い・心のすれ違い?など№1-№55)
メンバーのみ。
公開はしていません。

  ●「みどりのまきばだより」最新号 教会発行伝道誌「みどりのまきばだより」の最新号ファイル
     
●おまけ 牧師のプログ 個人的なものです。 礼拝メッセージ・牧会理念・
ミッションステートメントなどを掲載しています。

東広島 緑の牧場キリスト教会 教会リンク東広島 緑の牧場キリスト教会 更新歴




Jesus is alive
 

東広島 教会


東広島 教会

東広島 日本バプテスト連盟 緑の牧場キリスト教会 みどりのまきばキリスト教会
Japan Baptist Convention Higashihiroshima Midorino Makiba Christ Church




私どもは、プロテスタントの教会です。

バプテストはプロテスタントの代表的な教会です。

ものみの塔(エホバの証人)・末日聖徒イエスキリスト教会(モルモン教)・
世界基督教統一神霊協会(統一教会・原理運動)とは違います。

しかしながら、これらの働きによって被害を受けておられる方で、
相談を希望される方はどうぞご連絡下さい。


 地震について、どうしたら良いか、各国の言葉で書かれています。
  外国のお友達に教えてあげてください。

  If your friend is staying in Japan. Please forward this information
  Manual: Japan earthquake how to protect yourself

   ここですJapan earthquake how to protect yourself … http://nip0.wordpress.com/

--------------------------------------------------

○下の動画は、「緑の牧場教会 の ミッション」 を歌ったものです。

 写真は少し古いものです。音声が出ます。






***** 今週の礼拝メッセージ 日本語 ******

みなさん、どうぞ礼拝においでください。
この欄は、どうしても物理的に礼拝に参加できない方のために用意されたものです。
祈りと心を教会に繋げて、いっしょに礼拝できるようになりますように。
                     
*******アウトライン****************

「わたしは、いる」            出エ3:1-14

■日本人は、神様についてマイナスのイメージを持っています。
 例:「狼(オオカミ)」「雷(カミナリ)」

■イエス様によって明らかにされた父なる神はどんな神さまなのでしょうか?
 13-14節でモーセは、神様がどのようなお方であるかを知りました。
 それが「私はヤーウェ」に表されています。

■ヤーウェの意味?
 「70人訳聖書」は、14節を「私は存在者」=神は不変、不動の絶対的 存在者と訳しました。けれどもイエスキリストの父なる神は、不動の神で はなく、活き活きと活発に働かれるお方です。(7-10)
 さらに、「ヤーウェ」という言葉は名詞ではなく動詞であることも、神様 が活動されるお方であることを裏付けています。

■ヤーウェの内容は、「私はあなたと共にいる」(12)というものです。
 「私たちの神様は、不動の神でも、恐怖の神でもなく、活き活きと働いて くださるお方、そして何よりも共にいてくださるお方。」それを聞いてモー セは神様に従う決心ができたのです。

■歴史の神様
 旧約聖書の中に「共にいます」という言葉は100回以上出てきます。
 でもその言葉が出てくる個所の全体の4分の3は歴史書に出てきます。
 つまり、共にいます神とは、歴史の中で人と共に歩む神様なのです。
 その歴史の中心で、み子イエスキリストをお送りくださり、その方によって私たちと共にいてくださるインマヌエルの神さまです。
 そのことを喜び合いつつクリスマスを待ち望みましょう。



***********************************************************

 20171217   「わたしはいる」            出エ3:1-14

先週は旧約聖書の詩篇から、
インマヌエルの神様(インマヌエルとは、神様は私たちと共におられるという意味です)についてごいっしょに考えました。
今日もクリスマスを前に、インマヌエルの神様について旧約聖書からごいっしょに考えて神様を礼拝したいと願っています。

日本人は、神様についてマイナスのイメージを持っていると思います。
例えば、「狼(オオカミ)」「雷(カミナリ)」と言います。
日本人は、恐ろしいもの、被害を与えるものに、「カミ」という言葉を使いました。
「上(うえ)」という字を書いて「カミ」とも読みますが、日本語学者は神様のカミと上のカミとでは発音が違うと言っています。
日本人は神様を恐ろしいもの、被害を与えるものと理解していたのだと重います。
そして、その恐ろしい神がご機嫌を損なって暴れる事がないようにとお祭をいたします。
年に一度、おみこしを担いで神様を祭り上げるのは、人々の心の現われであると思います。

■どんな神様?
それではイエスキリストによって明らかにされた聖書の神とはどんな神様なのでしょうか?
今日の個所はよく知られています。
神様がモーセに対して、ご自分を明らかにされるところです。
モーセは神さまの呼びかけに応答します。そして、神さまのお導きをいただきながらイスラエルをエジプトから救い出すようになるのです。
13節をもう一度読ませていただきます。
モーセは神に申し上げた。
「今、私はイスラエル人のところに行きます。
私が彼らに『あなたがたの父祖の神が、私をあなたがたのもとに遣わされました。』と言えば、
彼らは、『その名は何ですか。』と私に聞くでしょう。私は、何と答えたらよいのでしょうか。」
14節。
神はモーセに仰せられた。「わたしは、『わたしはある。』という者である。」

ここで、モーセはただ神さまの名前を確かめたかったのでしょうか?
また、神さまはただご自分の名前を知らせたかったのでしょうか?
モーセの状況を考えると、モーセはただ神さまの名前を確かめたかったのではないと思います。
2章12節には、モーセがエジプト人を殺した時のことが記されています。
この事についてはいろいろな意見があると思います。
モーセの正当防衛だったとか…。
モーセは同胞が痛められているのを黙って見過ごしに出来なかった正義感の強い人物だったとか…。
けれども、その事件が書かれてある個所(出エ2:12)を読みますと、そこにはこう書かれています。
「(モーセは)あたりを見回し、ほかにだれもいないのを見届けると、彼(モーセ)はそのエジプト人を打ち殺し、これを砂の中に隠した。」
このモーセの行動を読むと、モーセから正義というものを感じることはできません。
そしてこの事が原因でモーセはエジプトから荒野に逃げたのでした。

そのモーセに神様が出会われたのです。
「あなたの名前は何ですか?」「私の名前はヤーウェです。」というような簡単な名前の確認ということではないでしょう。
「神さまは、殺人を犯した私を赦してくださっているだろうか?それとも裁かれるおつもりなのだろうか?」
「エジプトに帰れといわれる。しかもイスラエル人を導いてゆけと言われる。それは私にとっては命がけのことだ。」
モーセは非常に緊張していたと思います。
ですから、モーセが聞きたかったのは、「この私に語りかけられる、あなたは一体どのようなお方なのでしょうか?それを聞くまでは答えることはできません。」ということだったと思います。
そのモーセの訴えに対して、神さまは「私はヤーウェ」と答えられたのでした。


■ヤーウェ の意味するものは
ではヤーウェとはどういう意味なのでしょうか?
紀元前3世紀から紀元前1世紀までの間に、ヘブル語を読めない離散したユダヤ人のために、
ギリシア語に翻訳された旧約聖書というものがありました。
それは「70人訳聖書(セプチュアギンタ)」と呼ばれています。
その聖書訳では、14節の「私はある」という言葉は、「私は存在者」と訳されています。
「私は存在者」という言葉からは、神は不変(変わらない)、不動(動かない)の絶対的存在者という印象を受けます。
これはギリシア思想の影響があると思います。

けれどもイエスキリストの父なる神、聖書の神さまは、不動の神ではありません。
神さまは、活き活きとされて活発に働かれるお方です。
7節~10節の中には、神さまはどんなに活動されているか、と感動させる言葉がたくさん出てきています。挙げてみましょう。
「主は仰せられた」「わたしは、エジプトにいるわたしの民の悩みを確かに見た」
「彼らの叫びを聞いた」「わたしは彼らの痛みを知っている」「わたしが下って来たのは」
「彼らをエジプトの手から救い出し」「その地から彼らを上らせるためだ」「今こそ、イスラエル人の叫びはわたしに届いた」
「わたしはまた、そのしいたげを見た」「わたしはあなたをパロのもとに遣わそう」
父なる神は、活き活きと活動されるお方です。

また、「ヤーウェ」という言葉が名詞ではなく動詞であることも、神様が活動されるお方であることを裏付けています。

さて、ヤーウェという言葉は二通りの訳し方が出来ます。
一つは、「私は実在する」という訳です。
もう一つは、「私はいる」という訳です。
しかしいずれにしてもそれらが示していることは、12節にある「私はあなたと共にいる」というものです。
私たちの神様というお方は、不動の神でもありませんし、恐怖の神でもありません。
活き活きと働いてくださるお方、そして何よりも共にいてくださるお方なのです。
もう一度繰り返させていただきます。
「私たちの神様というお方は、不動の神でも、恐怖の神でもなく、活き活きと働いてくださるお方、
そして何よりも共にいてくださるお方なのです。」それを聞いてモーセは神様に従う決心ができたのです。
ヤーウェと言う言葉には、その意味が含まれていたのです。

■歴史の中に共にいてくださる神様
旧約聖書の中に「共にいます」という言葉は100回以上出てきます。
でもその言葉が、旧約聖書の全体に満遍なくちりばめられているかというとそうではありません。
「共にいます」という言葉が出てくる個所の全体の4分の3は、ヨシュア記、士師記、ルツ記などの歴史書に出てくるのです。
つまり、共にいます神とは、歴史の中で人と共に歩む神様なのです。
それゆえ、聖書の民は、人間の歴史を神さまの導きの歴史としてとらえました。
そして、神様と共に歩むものであると理解したのです。
私たちもそのように理解しています。
聖書の神さまは、じっと止まって存在する神様ではありません。
活き活きと活動されて、共に歩まれる神様です。
そしてその歴史の中心と言えるところで、み子イエスキリストをお送りくださり、その方によって私たちと共にいてくださる神様なのです。
インマヌエルの神さまなのです。
主は私たちと共にいてくださいます。
そのことを喜び合いましょう。
そして、周りのいろいろな人たちのことを祈りとりなしながら、クリスマスを待ち望みましょう。
お祈りさせていただきます。




Wait for the Lord eagerly. Psalm 130

■Bottomless pit
The person who wrote Ps130 said, "Out of the depths I have cried to You, O Lord" (1).
The depths imply a bottomless pit.
Is there anyone who has seen a bottomless pit?
I have not yet seen it.
But as a young boy, I found out that there was something called a bottomless pit on a children’s television program.
I thought that it was a fearful thing in the world.
My solution was " never approach any pits."
Of course, the writer of this psalm did not mention an actual bottomless pit here.
What is the "bottomless pit" that the writer refereed to?
It is the reality of this world and the human beings.
The more they struggle, the more they fall into the trail of darkness.
It is the world of death. The world without support. A world departed from God.
As the bottomless pit is this world, we cannot help to but approach.
We also hear fearful words, such as terrorism, war, bacteriological weapon, nuclear weapon, starvation, and depression, this year.
It is just a bottomless pit.

■Things the journalist did.
What did the writer do in the reality of the bottomless pit?
He did two things.
One is written in ver 1: " Out of the depths I have cried to You, O Lord"
He was praying to God the Lord in his quest for salvation.
Another is written in ver. 5, 6.
" I wait for the Lord, my soul waits, And in His word I do hope. My soul waits for the Lord More than those who watch for the morning-Yes, more than those who watch for the morning."
He is waiting for the Lord.
Speaking about “waiting for the Lord”, we are now in the season of Advent.
"Advent" in Latin means " to come."
We are passing through the period of waiting for Christmas while considering the meaning that Jesus Christ came to the world.
What world become of the world, if Jesus Christ did not come into this world?
In a bottomless pit, people cannot save themselves.
If people try to save themselves and struggle, they will sink more deeply.
They need the help from outside.
People are not saved except that God comes and pulls up them.
Therefore, he prayed. And he waited for the Lord’s help.
But sometimes men give up.
They stop asking for the help.
They think that “we may already become what."

■He was able to continue waiting.
Then, why could the writer continue waiting?
Of course, we know that God replied to the prayer of the writer.
Jesus Christ came to us human beings.
He became the savior of all people.
Why could the writer continue waiting without giving up?
In fact, there is a keyword in this Psalm.
It is the word " with ".
In this psalm the word “with” is written three times.

In the original text, in ver 4 it is written, “Forgiveness is with You”.
The ver. 7 is written, "Love is with the Lord"
The ver.7 is written, “Rich redeem is with the Lord. "
There is forgiveness with the Lord. Love is with the Lord. Rich redeem is with the Lord.
The word "with" is the word "Im” in Hebrew.
It is “Im” of “Immanuel”
One thing at the time of Jesus' birth is written in Mt 1:23.
It is written there, “Behold, the virgin shall be with child, and bear a Son, and they shall call His name Immanuel," which is translated, "God with us."
At the time of His birth Jesus was called Immanuel. It means that God is with us.
So the writer felt a foreboding of Christmas.
That is, he believed that God came to be with us human beings.
He believed that God is with the people to save them.

Our reality was no longer a bottomless pit now when Christmas has happened.
Because God is with us for our salvation.
Therefore, Christmas is a joyful day.
It is the day when we have been pulled from the bottomless pit.
I want us to get through this time with appreciation to God and with considering the meaning of Christmas.
Let us pray.








日本バプテスト連盟 東広島 緑の牧場キリスト教会 (みどりのまきばきりすときょうかい)

日曜礼拝メッセージ
Japan Baptist Convention  Higashi-Hiroshima city Green Pasture International Christian Church
http://midori.church.jp



ご覧くださりありがとうございます。

あなたが教会に求めておられることは何ですか?

何か相談したいことがおありですか?

よろしかったら電話かメイルを下さいませんか?


東広島 緑の牧場キリスト教会 コンタクト⇒右のカットをクリックしてください 
 このアドレスは1回/週位しかチェックしませんので、お急ぎの方は電話をお願いいたします。

  082-425-5454