緑の牧場キリスト教会のビジョン
夢がなければ民は滅びる


■このページの内容

T.私たち緑の牧場教会の存在目的

  1…三つの愛
  2…人生のみちしるべ

U.私たち緑の牧場教会はどこに向かっているのか?






T.私たち緑の牧場教会の存在目的

1…三つの愛

イエス様は旧約聖書をまとめて言われました。

 ○ 「心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。」

 ○ 「あなたの隣人あなた自身のように愛せよ。」(ルカ10:25-28)。


これこそ私たちが「三つの愛」と呼んでいるものです。

私たちはこの教会が始まった時以来、この三つの愛を教会の大切な柱としてきました。

そしていつもこのようにまとめています。

よろしかったらあなたも口に出して読んでみて下さい。


 
「私たちの教会の存在理由は…? 

私たちの教会は、三つの愛を実行して実現するために存在しています。

三つの愛とは… 


0.神様の愛に応えて、

1.神を愛し、

2.自分たちを愛し、

3.人々を愛する、



です。







クリスチャンは天国へと続く道を自覚しながら人生を歩んでいるのですが、その途上で成長してゆくものです。

何が成長するのでしょうか? 

<三つの愛>が成長して行くのです。

三つの愛には四つの事柄が含まれています。

それをデザインしたものが上の動画です。

少し説明させていただきましょう。



0.神様の愛を受けて

私たちは神様の愛(アガペー:完全な愛・一方的な愛・無償の愛・相手を生かす愛・神の愛)で
 愛されなくては愛が分かりません。

なぜなら、人間のもつ愛は利己的かつ不完全なものだからです。

神様の愛は「イエスキリストの十字架と復活」という歴史的事実して現されました。

私たちはその事実において、赦され、救われて神の子とされ、神様との交わりに入れられました。

これが三つの愛の源泉です。

神様から愛されて、私たちの中に聖霊の愛が注がれます。


1.神様を愛し

その神様の愛を深く知れば知るほど、
 その愛に応えて神様に「ありがとう」と感謝したくなりますね。

神様を礼拝し、祈り、讃美したいと思うのです。
 これが「神を愛する」ということです。



2.自分を愛し


イエス様の生涯を知るにつれて、
 「自分が罪深く、神様にはふさわしくない」と思われるようになるかもしれません。
あるいは自己嫌悪に陥ることもあるかもしれません。

しかしそんな私を神様は愛し、
 御子イエス様を十字架に架けられるほど大切に思ってくださっているのです。

神様の目から自分を見た時、この私も貴重な存在であることがわかります。

だから私は自分を大切にしたいと思うのです。それが「自分を愛する」ということです。



3.隣人を愛する

神様は、私を愛してくださったように、
 私の周りの人々(隣人)をも愛してくださっています。

私は神様の愛に応えて、その人々を愛し、その人々のために祈ります。

それが「隣人を愛する」ということです。


三つの愛に生きる時、私たちはどうなるのでしょうか?

ルカ10:25には、イエス様が三つの愛を語られた時の状況が詳しく書かれています。

その時、律法学者はイエス様にこう尋ねたのです。

「先生。何をしたら永遠の命を自分のものとして受けることができるでしょうか?」

それに対してイエス様は三つの愛をお答えになったのです。

ですから、三つの愛は永遠の命に深く関わるものです。

三つの愛が成長するにつれて、

人は人生の深い喜びを実感するようになるのです。



しかしここで問題が生じます。

・神様の愛に満たされて、

 ・神様を愛し

 ・自分を愛し

 ・人々を愛すること

 がすばらしいことだとわかっても、

 具体的にどうしたら良いかがわからないのです。

三つの愛をどのようにして育て、実行して行ったらよいのでしょうか? ⇒ 下の 2に進む







2…人生のみちしるべ

 * Push Start * が出たらクリックしてください。 説明をしながら歩き始めます。 


三つの愛をどのようにして育て、実行して行ったら良いのか

そのことを分かりやすくするために「人生のみちしるべという図」を作りました。

これはクリスチャンの成長のための地図です。

旅をする時、目的地を知らないと人は希望も勇気も持てません。

また、地図が無いと道に迷うのです。

人生のみちしるべはクリスチャンの成長のための地図です。

それぞれの歩みの地図ですから、どうぞストレスを感じないでください。

山に登る時には、途中立ち寄る場所があるのです。

そして山頂に近づくにつれて景色も良くなってきます。

神様との関係が親しくなり、三つの愛に生きてゆくにつれて、途中立ち寄る場所があるのです。

その地図が、「人生のみちしるべ」です。

さてそれでは、三つの愛の成長について「人生のみちしるべ」を使ってご一緒に考えたいと思います。



@みちしるべ 


まず@みちしるべを目指します。

その目的は、三つの愛の「神様の愛を知ること」と「それに答えて神様を愛するようになること」です。

そのために「マイルーツ・クラス」をお勧めしています。

基本的にマイルーツは、セルグループの働きの中でされてゆくものです。

もちろん「マイルーツ」をしなければ次に行けないというのではありません。

でもマイルーツはとても良い手段です。

マイルーツは、私たちが作ったこの教会の財産です。

■神様の愛の根拠は、「三位一体」です。

三位一体の神様の中に完全な愛があります。

その完全な愛によってあなたが愛され救われたという事実の根拠は、
 イエス様の十字架と復活にあります。

ですから、マイルーツは、三位一体とイエス様による救いという福音が貫いています。

マイルーツの前半は聖書からの教えです。
 神様・イエスキリスト・聖霊・人間・信仰・神の国・希望・聖書について学びます。

マイルーツの後半はクリスチャンライフについてです。
 神様の愛に応えるという部分です。
そこでは、祈り、礼拝、奉仕、感謝、伝道、私たちの教会について学びます。

■マイルーツは、福音を知ることに重点があります。

もちろん信仰には体験が必要です。

しかし、神様の愛と救いの根拠、イエス様の十字架と復活の意味を理解していないと
 感情に左右される信仰生活を送ってしまいやすいのです。

「昨日は神様は私を祝福してくださっていたが、今日は神様は私を嫌っておられる。」と
 いうように間違った信仰生活を送ってしまいます。

また、救いの確信を失ってしまいやすいのです。十字架の福音から離れてしまうのです。

私は、教会に来られた方にはなるべく早くマイルーツを受けられるようにと勧めています。

自分が何をしているのかわからずに教会に来続けるのは難しいことです。

また年月が経ってしまうと、キリスト教の基本について、他の人に聞くことが難しくなってきます。

福音とは何か? 神様の愛と救いはどういうものか? 

それをはっきり知っていただきたいと思っています。





Aみちしるべ

さて次にAみちしるべを目指します。

自分を愛することを学びます。

このために用意されているテキストはマイツリーです。

これも私たちこの教会作り上げたものです。

これも基本的には、セルグループの中で学ばれるものです。


■マイツリーは、イエス様を信じた方々の成長のためにあります。

マイツリークラスは、7週間で終了します。

なぜ7週間か? 7週間続けるとそれはその人の習慣になるからです。

マイツリーをすると、聖書を読んで祈る習慣がつきます。


■マイツリーの目的の一つは、「神様の子どもである」というセルフイメージを持つことです。

クリスチャンでありながらこのことを信じていない方がたくさんおられることは残念に思います。

自分は落伍者であるとか、自分は神様から愛されていないと思っているクリスチャンもいるのです。

その意識は、その人の霊的成長を止めてしまいます。

「私はイエス様によって神様の子どもである」、

「私は神様によって特別に造られた特別な存在である」、

「神様の愛が十分に与えられている」、

というセルフイメージをクリスチャンは持つ必要がありますね。

■マイツリーの2つ目の目的は、「正しい価値観」です。

私たちは、テレビや本や周りの人々を通していろいろな価値観を自然に植えつけられています。

しかし、それらの価値観の中には間違ったものがとても多いのです。

ですから、マイルーツでは、何が本当に価値ある生き方なのかを考えます。

■マイツリーの三つ目の目的は、「心の傷や罪の解決」です。

クリスチャンになっても心の傷は存在します。

しかしその傷が癒され、愛によって覆われることを願っています。

また、なぜクリスチャンになっても罪を犯すのか、それについてどうしたら良いのかを扱います。

もちろんマイツリーをしなくても、クリスチャンは次に行くことが出来ます。でも、

マイツリーはとても良い道具です。どうぞ用いてください。





Bみちしるべ

教会の兄弟姉妹方を具体的に愛することが目的です。

この時、まだマイルーツやマイツリーを受けていない人々にそれらの指導をしてもらいます。

指導する人のことを「ジャーニーガイド(道案内人)」と呼びます。

道案内人は、相手の方のために祈ります。

愛します。心を痛めたり、喜んだり、イエス様に委ねることを学ぶのです。

マイツリーを終了した人が、道案内人になります。

なぜでしょうか?

それは、自分を愛することを知った人が人を愛することができるからです。

マイルーツやマイツリーを終了した人はジャーニーガイドにならなければなりません。

これは聖書が言っていることです。

パウロはテモテにそのように訓練しています。

具体的に愛するということを学びます。

人のために祈ることを学びます。

そしてイエス様をそばに感じるのです。 



Cその後

世界の人々を愛するという段階です。

この段階まできたあなたは、神様から愛されていることを知りました。

神様を愛することを知りました。

自分を愛することを知りました。

教会の人々を愛することを知りました。

そして、世界の人々を愛するために神様が用いてくださるのです。

賜物が用いられます。

例えば、セルリーダーやインターンとして用いられるでしょう。

伝道隊のメンバーとして派遣されても大丈夫です。 










U.私たち緑の牧場教会はどこに向かっているのか?

さて、この三つの愛が実現していったらどうなるでしょうか? 


まず、自分自身が変わります

次に、その家庭が変わります

そして、地域が変わります。

みなさんは、自分が変わることを願っておられますか?

家庭が主の愛によって満たされて行くことを願っていますか?

地域がイエス様の愛によって変わって行くのを見たいと願っていますか?

ぜひ、
@のみちしるべを目指してください。

@みちしるべの人はAのみちしるべを目指し、

Aみちしるべの人はBのみちしるべを目指してください。



出発して、1年間で、Bみちしるべまで行くことが可能です

その後は、神様の愛をますます受けて、三つの愛に行き、

あなたなりのあり方で神様から大きく祝福され用いられて欲しいと願っています。

あなたは特別な存在なのですから。

あなたは祝福の基なのですから。             



  「マイルーツを受けてクリスチャンになりたい」

  そう願われている方、事情が許せば、ヤッフーメッセージャー あるいは スカイプ などで、

  お話をすることが可能である場合があります。

  (その場合も、マイクとカメラが必要になります)

  希望される場合はメールをください。

    クリックしていただくとメールを送ることができます。


緑の牧場キリスト教会のミッションステートメントを

オリジナルソング付きで、You Tube で見ることができます。


http://www.youtube.com/watch?v=8sCaQQssKHk

です。

よかったらご覧下さい。







ホームページの最初にもどる・・・